Schmitt Flycasting Movie   SH 711-3      


 
 Fly Casting Report
 

 ピックアップレイダウン、、、、リールを付けたテンカラに他ならない。
 フライキャスティングの究極はロッドの曲がりを抑えて、ガイドの中を
 抵抗なくフライラインが走ることで加速され。タイトなループで
 ハイスピードで飛ぶのである。

 ダブルホールがいつまでたっても出来ない人や釣りの途中で後ろの地面や草などにフライを引っ掛ける人が多くみられる。
 これも、SiCガイドやトルザイトなどのように音もなくラインが走ればたとえ手首を開くようなキャスティングをしても
 少なくても水平を保つ角度でバックラインは伸びていく。だからダブルホールは教わらなくても瞬時に出来てしまう。
 そして後方に強く引かれることを自覚することで、前方へのシュートタイミングも 正確に捉えられるのである。

 -------------------------------------------------------------------------------------
 フライキャスティングは、Schmittフライロッドなら数分でダブルホールが出来る。
  こちらで習わなくても、動画を参考にロッドを 10時―2時の 前後移動をすることで
  フライラインを持つ手が、とてもとても強く引かれます。この、強く引かれることこそが
  オールSiCガイドSchmittの凄さで独習でも 10分もあれば素晴らしい
  ダブルホールが出来るようになります。ダブルホールが出来れば
  ループもタイトになりますので、フルラインは当然ながらシューティングヘッドでは
  30m前後がすぐに飛ばせます。 

  キャスティング レッスン 最新動画

  すべてが すぐに出来る フライキャスティング 



  簡単習得 キャスティング 4
 簡単習得 キャスティング 5
 簡単習得 キャスティング 6


  画像をクリックで動画が見れます
 画像をクリックで動画が見れます。
      最新動画--


  簡単習得 キャスティング 1
 簡単習得 キャスティング 2
 簡単習得 キャスティング 3




 画像をクリックで動画が見れます。

 
---------------------------------------------------------------------------
   これが Schmitt の フライキャスティング レッスン......... 
 僅かな時間で    ゼロから遠投まで 完全ビギナー短時間でここまで
 Women Fly Casting  練習光景   876 
  876 ダブルホールから  シュート  876 ダブルホール〜
  876     907     ダブルホール〜シュート まで  ゼロスタート 20分で 完成形
 瞬間習得 Wホール〜シュート  投 30m 練習  906 Wホール〜シュート
 ゼロスタート 10数分間  876  Wホール〜          スペイキャスト レッスン

 

ダブルホールはフライキャスティングの絶対条件です。

 ダブルホールが出来なければ、「テンカラ」です。
 ごく近くしか狙わない、飛ばさないというならダブルホールを
 必要としないテンカラロッドで間に合います。
 
 ダブルホールが出来なければフライロッドである意味はありません。

 風に強いキャスティングも、 タイトで美しいループも
 30m、40m以上先に飛ばせる シュートも
 全てが ダブルホールというテクニックがあってこそのものです。

 フライロッドを手にした以上は、まずはその使い方の基礎である
 ダブルホールをマスターしてこそ、様々なキャスティングの
 楽しさや釣りの楽しさが生まれます。 

 いまや、全くの初心者でも、開始数分という僅かな時間で
 ダブルホールが出来るほどロッドもラインも進化しています。
 そして、こちらに掲載の動画にあるように、誰でもすぐに
 きれいなループで遠くにシュートまで出来るようになってます。

 近くしか投げないからいい! とか
 釣れればキャスティングなんかどうでもいい...........なんて
 いうのはやめて...............

 せっかく始めた フライフィッシング ................
                   大事なキャスティングですから究めてみましょう?
 限りなく広がる楽しさも知らないままに遊ぶのは
 とてももったいないことです。

 最近、続けざまにダブルホールが出来ない人。
 遠くに投げれない人が、よく来られますが
 やはり、フライフィッシングをやる以上は
 誰もがきれいに投げれたいのだと思います。
 
 ダブルホールが出来れば25m〜30mはいつでも飛ばせます。
 こんな簡単なことは最初にクリアしておかなければなりません。
 それでこそフライフィッシングが楽しく出来るようになります。

----------------------------------------------------

 最近はフライフィッシングをやりたいという若い方が多く来る。
 まったく初めての方も、ルアーからの転向者も
 さらにルアーと並行してやりたいという方もいる。

 フライは難しいということで敬遠していたが、当方の動画を
 見ていたら、初心者がほんの10分ほどでキャスティングが
 出来るようになるのを見てやりたいと思ったそうである。
 さらにいくつかの動画で遠くにタイトなループで投げてる
 シーンを見ると、やはり自分もそのようにして見たいという
 気持ちがこみ上げるという。
 とにかく、新人が多く来てくれるのはうれしいことで
 さらなるキャスティングの進化の担い手になって欲しいと思う。


 
----------------------------------------------------













    

▼  2020 後半から モデルチェンジになった
   新型オール SiC 高性能ロッド Schmitt
   完全な初心者が、ダブルホールを瞬間習得
   そして、遠投のシュートまで.........

 ダブルホールは初心者のフライキャスティングの出発点です。

 最新鋭のガイドと最高性能のロッドでゼロスタートでも

 僅か数分でダブルホール習得から30mも先へと

 飛ばせるシュートまでを覚えてしまうのです。 

 全ての真実はこちらの動画にあります。

 超初心者の10分間、フライキャスティングは
 ここから始まる!

★ 画像をクリックすると動画が見られます

--------------------------------------------------
  ダブルホールからシュートまで


-----------------------------------------------
 Women Fly Casting


------------------------------------------

  小学6年生 初めてのキャスティング