Schmitt Flyfishing  Movie   F2    



   Schmitt フライロッドが凄いのは、ガイドだけではありません! 


 ショップやフライロッドの展示会場などでいろいろなメーカーのフライロッドに触れる機会や
 試し振りが出来ることがあるとよくわかることですが、例え¥120.000 前後の
 シングルハンドのブランドロッドや¥160.000クラスのダブルハンドロッドでも
 一様にブルブル感やもったりとした持ち重り感などがあるのです。それは安価な
 ¥10.000 前後のロッドと全く変わらないものです。わかりやすく言えば高価なものも
 安価なものも見分けがつかないということで手に伝わるアクションや飛びなども変わらず
 金額の差は何なんだろうと思うはずです。
-------------------------------------------------------------------------------

 しかしながら、鮎釣り竿や渓流竿、投げ釣りのロッドなどを見ると明らかに価格による
 ロッドの差はあります。¥10.000 の渓流竿はやはり重いものです。持った感じも
 一般的なフライロッドのようにじブルブル感やもったりとした持ち重り感があります。
 但し、同じ長さの高級なロッドはとても軽く、シャキッとしたアクションを持っています。
 鮎竿も投げ釣りの竿も同じで価格の差はブランクの軽さや操作性、そして遠投性などに
 はっきりと表れていますが残念なことに、今のフライロッドの世界では
 色々な外国のメーカーのフライロッドを振ってみても価格の差を感じさせる魅力を
 持ったものはありませんでした。

-------------------------------------------------------------------------------
 今になってみれば、なぜ日本製のカーボンでSchmittを作って良かったかということが
 わかる大きな理由が判明しました。フライロッドの後発である当方はロッドの良し悪しや
 アクションより先にまず軽さを追求しました。安い材料より高級な材料は当然軽い!
 その製作に¥200.000 以上する鮎竿の製作技術や材料の導入などがあり
 シャキッとした感じで、とても軽くて最高級の渓流竿を持ってるような感じを与えてくれる
 ロッドが出来ました。

 しかしながら、当時に諸外国のロッドの素晴らしさを超えることはとても難しく
 アメリカや北欧のブランドロッドが、韓国や中国、台湾などに製作をゆだねる
 ことがなかったその頃は(20年近く前は)フェンウィックのアイアンフェザーや
 セージのU、V、オービスHLSやGルーミスのIMXなどいかにも軽くて
 ブルブルすることもない 高級なカーボンを使用してることがよくわかり
 きれいなループで遠投が容易なロッドがいっぱいあり、自分のロッド作りを忘れて
 そちらのロッドを買いあさってキャスティングに明け暮れていました。
 もちろんそのことで大きく感化されそれらのロッドを追い越すべく軽さや操作性
 飛距離など常に念頭にSchmittを進化させて頑張ってきました。

 ところが、それらのロッドは殆どが極東に生産を移してしまい、すべてが
 度のロッドか見分けのつかない、スリップオーバーフェルールの
 4ピースになってしまいました。ダブルハンドは4ピースでも
 1本が長いのでメーカーや仕上げによって多少の特色を出したロッドを
 製作することも可能ですが、シングルハンドでは9フィートのロッドで
 1本が70cm、フェルールの被さる部分を引くとわずかに65cmです。
 ここまで細かく分断されて円錐状に巻いたブランクを順番に上のほうが
 太いブランクに差し込んでいくのですから、沢山のロッドを調べたところ
 同じ長さで同じ番手の¥2.500のロッドも¥120.000のロッドも
 同じテーパー形状で¥2.500の#3番目に¥120.000円の
 バット部分を差し込むとぴったり合いました。その後もこのようなロッドは
 何本もありました。この要因は、長さが決まって番手が決まると
 僅か、各パーツを70pの中で仕上げていかなければならないという
 範囲の狭さにあります。細くしてしまったら番手が変わってしまう。
 つまり円錐状に巻いて、その上に1本被せる、さらにまた1本とやるには
 同じ、テーパーになってしまうのは当然であり、それが、どのロッドも
 見た目が同じ、アクションも同じという今の現状になってしまったのです。

 その証拠に、現在で回っている4ピースのフライロッドは数千円のものも
 10万円のものも、重さやアクション、もった間隔はもちろん
 ラインを載せて振っても全く同じ感じで違いを見つけるのが難しい
 ものになりました。テーパー、太さ、各パーツの僅かな長さで
 重ねて作ったものに差を見つけることが出来ないのは当然で
 どれも同じアクション、同じキャスティング感覚のものばかりに
 なってしまいました。

 シングルハンドのロッドも当然ながら、11フィートクラスの
 スィッチロッドなどは、どこのロッドも同じファーストアクションのロッドに
 なってしまいました。作成時のキャパシティの足りなさがどれも同じ
 ロッドを創り出しているのです。
 太いバット部分に、さらに太い#番目を被せて、さらにその#3番目の
 先端より太い#2番目のつなぎ目を被せ、そしてその#2番目の先端に
 それより太いトップのつなぎ目を被せていくのですから
 テーパーデザインはファーストになるのは当たり前で、それらの4ピースロッドでは
 もはや、パラボリックなロッドやスローテーパーのロッドは消えてしまいました。
 その確たる証拠にカーボンロッドの4ピースでは#1番とか#2番など
 いう低番手のロッドがカタログから消えてしまったことです。

 技術と手間とコストはかかるが、2ピースでスピゴットフェルールなどを
 使用したロッドなら8フィートでバット径、6mm、トップ径。1,5mmの
 ものをデザインすることが出来ます。つなぎ目のふくらみのない
 まるで、ワンピースのようなデザインとアクション。
 曲りもパラボリックで釣りも楽しいなど、、、、
 遠投を重視した、しっかりとしたバット部分ながら
 シュートの際には粘りのあるバットに曲がりが与えられパワーを
 一気に放出!ブレないティップアクションがラインを遠くに運ぶ。
 ロッドの長さ、すべてを生かしたロッドは今の4ピースの
 外被せロッドにはできないことです。
 それがよくわかるのは、ご自分の4ピースのロッドのバット部分の
 セクションを曲げてみようとすれば気づくと思います。
 この、とてつもなく硬いパーツは何のためにあるかと思うはずです。

 さらに。昨今のブランドロッドは価格はシングルハンドが ¥100.000 以上で
 ロッドを見ると4ピースのオーバーフェルールの作りがどのメーカーも同じで
 これってブランド名は違うけど同じところで作ってるでしょうというのがわかるものばかりで
 すでにブランドロッドから得るものもなく拍子抜けしてしまった感じです。

 フライリールは以前から、外観を少し変えても中身のドラグなどは明らかに作られた
 場所が同じだとわかるものが多くあり、現在はそれが当たり前の状態になってますが
 今ではフライロッドも全く同じようになってきた。それらの現状から
 パラボリックなロッドや細身のライトロッドの
 (カタログスペックの#2番とうたいながら、実際は硬い#3や#4並みの偽物)
 本当の#2番ロッドや#1番ロッドなどは、今後、出てくることはないだろう。
 パラボリックでしなやかなアクションのシングルハンドはもちろんのこと
 ダブルハンドロッドでも、現在のような安くて原始的な
 スリップオーバーフェルールの4ピースロッドを売ってる限り
 今後、間違いなく出現することはないだろう。
 安易なフェルールというだけあって、¥120,000のロッドも
 きれいな新品を手にして接続した瞬間から、ダメージが発生する。
 殆どの、これらの高価なロッドも、数千円の安価なものも
 各パーツすべてが塗装された先端に次のパーツを直に被せるいう原始的な
 方法で作られているものばかりであり、新品といえども最初の抜き差しで
 すでに傷はついてしまうのである。当然、使うたびに塗装にスジが入り
 剥離したり、割れたりするようになる。
 これらの対策として、もう少し技術を高めた方法で塗装面を研磨して
 つなぎ目の傷が目立たないような、一見スピゴットフェルールのような
 処置をして出来る限り、段差の少ない処置をしている親切なものもあるが
 ¥150.000 以上しても塗装面むき出しの先端に被せる方式のロッドでは
 悲しいかな!その傷を防ぐ対策はない。つなぐたびに傷が増えていく!
 でも、ある意味で使用頻度がよくわかり素晴らしいのかもしれない。

 高価なブランドロッドでもバットガイド等がFUJI-SiCではない
 カーボロイクラスの安物を装着してるものが殆どでトップがクロームのワイヤーガイド
 その他がSiCではないストリッピングガイドを1個、又は、2個
 そして残りが、こちらでも数がまとまれば仕入れ価格で1個.60円ほどの
 スネークガイドを8個から9個を使用、しかしトータル価格でもSiCガイドの
 トップガイド T−KGTT8−1.8:2.300円、1本分の
 半分にも満たない安価なもので作られています。
 100.000円を超えてこれかと思うのはガイドばかりでなく
 リールシートも即座に韓国や中国の:1.000円前後の売値の
 製品とわかるものばかりで、どこにお金を使ってるのだと思うばかりの
 ものが多くなりました。でも、ケースはそこそこ立派です。
 おそらくはこれらのロッドをもっているときの一番の至福の時間は
 このロッドケースを携えて池の周りを歩いてる時ではないでしょうか。
 しかしながら、ケースもメーカーは違えど同じところからでて
 いる場合もありますので逆に、どこかのロッドと同じだということが
 ばれることもあるので気にはなるところです。⇒⇒
 
 ブランド名は違っても韓国や中国の同じとところで作られてると
 一番よくわかるのはメーカー違いでも同じ長さの同じ番手のロッドでは
 ガイドやガイド位置が全く一緒だったりしているものがあります。
 それどころかテーパーデザインが同じために同番手の同じ長さのものならば
 バットはAメーカー、#2番目にBメーカーのブランクを差し替えてつなごうと
 するとピタリと接続されるものもあります。
 比較してください。某有名メーカーブランドの9フィート#6番の2機種。⇒⇒

 何故そのようなロッドばかりになったのかと言うと昔のように本当にキャスティングが
 出来るカリスマのようなアドバイザーも少なくなりイギリスやアメリカなども本国での
 ロッド生産から韓国などに移行した時から始まった一つの特徴によるものです。

 かってはハーディーのロッドやウインストンなどにみられる精密でロッド自体の継ぎ目を
 感じさせずにきれいな曲がりを目指してきたスピゴットフェルールの採用。あるいは
 オーバーフェルールでも今のロッドのように、下のブランクを上のブランクに
 ただ差し込んでいくだけの安易な作りではなく、ワンピースに見えるような
 テーパーデザインできれいに仕上がっていました。
 当然、その頃のロッドはキャスティング性能もとてもよく、安易に4ピースに走らず
 キャスティングを重視した2ピースのシングルハンドが主流でした。

 しかし、韓国などに移ったロッドの製造により、どこのメーカーも円錐状のブランクに
 差し込んでいくオーバーフェルールの作りで4ピースのロッドばかりになりました。
 4ピースは輸送費も安く、2ピースなどの長尺ものの高い送料の問題をクリアできるので
 そのようになっていくのもわかりますが、どこのロッドも同じオーバーフェルールの
 同じ作りで外観も一緒ならアクションも変わらない感じです。
 その製品にいろいろな能書きを付けて説明しても、重さは安いのも高いのも変わらず
 ブルブル感ももったりとした感じも一緒です。

 最近の中国製等で作られているものはブランド名が違っても
 検証の結果、中身もケースも同じでした。 




  上の図の 1.2.3 の通り、ロッドの素材が二重に重なるので、ロッドの曲がりが阻害され
 タイトなル-プは作ることが難しくループにも 3か所のウェーブが必ず出来てしまう。
 ブルブル感はこの曲がりの不自然さが原因でキャスティング中のロッドの止まりも悪い。
 それでも2ピースなら、その弊害も少し少なくなるので 4ピースロッドよりはましである。



 最大の欠陥はロッドの各セクションで4ピースのバット部分の先の部分より
 差し込まれる(被さる)#3番目、そして3番目に被さる#2番目、2番目に被さる
 トップ部分の根元の方が太いのだから驚きだ。2重になったつなぎ目の下の部分は
 それぞれ、重なった部分より弱いのは明らかで、それがブルブル感を与える要因になる。
 もし、つなぎ目が全くないワンピースだったり、あるいは2ピースでインロー継ぎなら
 バットからトップまでテーパーラインは真っ直ぐでスムーズに曲り、スムーズに遠くに
 飛ばすことが出来る。つなぎ目が少ないほどきれいなループが出来て遠くに飛ばせるのは
 立証されてるが、つなぎ目がスムーズでウィークポイントのないものであることが
 大雪である。ダブルハンドロッドの長いものは、短いシングルハンドよりつなぎ目の感覚が
 長くなるので、シングルハンドほど顕著に症状は出ないが、今のロッドのふくらみを持った
 接続方法だとバットからトップに至るテーパーはファーストな感じでしか作ることが出来ず
 アクションは、短いロッドは皆同じ、ファーストアクション、長いロッドでも
 ミディアムファースト止まりである。それはSchmitt 802 のような
 バット径が5.8mm、トップ径 1,6mというスローテーパーが、オーバーフェルールの
 4ピースでは絶対に実現することが出来ないからだ。
 ということは、きれいなパラボリックに曲がるロッドもない。誰でもわかることだと思うが
 トップからバットまでの3か所で 5、 6cmずつ ガッチリと2重の厚さになって
 重なった部分が間借りを邪魔してるのだから当然であり、ブレのないきれいな
 ナローループなんてものも出来るわけがない。

-------------------------------------------------------------

 これらのブランドロッドは一様にロッドを持った時にシャキとした感じはありません。
 その証拠にセットのフライロッドや数千円の安価なロッドとこれらのブランド品の
 80.000円 〜120.000円もするロッドを目をつむって振ってみると何が違うのか
 本当にわかる人はいないでしょう!
 シャキッとした軽快感は全くなく一様にブルブルっとした感じともったりとした重さが
 伝わると思います。この様なことは今のフライロッドの世界で本当にあることですが
 これは子供用の釣り竿の万能竿や安価な投げ竿を使ってみるとわかりますが
 その安価な竿と高価なロッドの違いがすでに手に持っただけではわからないと
 いうのが今のフライロッドの世界です。

 しかしながら、前述のとおりブランドロッドが極東に製作が移行する前の
 ロッドは素晴らしくGールーミスやハーディー、ウインストンなども高性能で
 軽いツーピースが主流で接続のフェルールもロッドの曲がりを考慮した精度も高く
 高価で手間の掛かる スピゴットフェルールなどを採用していました。
 これらのロッドに出会ってからSchmittを製作するに至り日本のロッドメーカーに
 通う日々の中で、1万円と5万円の渓流竿、3万円と20万円の鮎竿などのはっきりとした
 軽さの違い、手に伝わる精度の違いを明らかに感じさせる材料の凄さを知ることで
 フライロッドにそれらの高級カーボンを使用しました。結果、当時は超遠投ロッドという
 触れ込みの、IMX 908 と同等の遠投性能を手に入れました。

 但し重さは同じながらもこちらのブランクは厚いので強度もある仕上がりになりました。
 もちろん、その時のSchmittの接続方式は スピゴットフェルールでフライロッドが
 ワンピースのように感じられるように接続用の素材にも曲がりや弾力を考慮してあります。
 スピゴットフェルールは細身のテーパーデザインが出来るという大きなメリットがあり
 ブランクを厚くすることで風抵抗の少ない細さでロッドを作ることもできます。
 また、曲がりもきれいでスローな仕上がりのロッドも作ることが出来ます。
 今では、少なくなったコストが高くて手間のかかるスピゴットフェルールや
 細身に作られたオーバーフェルールなどのロッドはやはりキャスティング性能の
 高いもので大切にしていきたいものです。何もかも安易な作りで子供が買える
 安価なフライロッドも100.000円のフライロッドも同じ作りというのは悲しすぎます。

  ハウス オブハーディー     ウインストン      スコット

 世界で初めてスピゴットフェルールを採用したハーディー、そして緻密な設計で作られたウインストン。
 スピゴットフェルールが売りのスコットなど、、精度の高いロッドがフライのキャスティングを牽引していた。
 今、これらのロッドも、ブランク屋ロッドの生産を教区等にゆだねて生産コストと手間と高度な技術を
 必要とするスピゴットフェルールの採用を殆どやめている。また、ブランクは韓国や中国での
 外注品ながら最終組み立てを自国の寺社などですることで、メイドイン USA などとして
 プライドを何とか維持してるのと、それによって高価格な値段設定もしている。

 現在アスキスの¥100.000クラスのロッドがなスピゴットフェルールのロッドとして
 存在してるようです。オーバーフエルーtル特有の先調子のアクションではなく、荷重が多くかかると
 ロッド全体の曲がりを得られるものです。高性能の2ピースロッドやスピゴットフェルールのロッドが
 メーカーのコスト追求の結果、スピゴットフェルール誕生前の原始的なオーバーフェルールを
 再び採用(おそらくは極東はこの方法でしかOEMを受け付けない所為かもしれない)している中で)
 やはり高性能のロッドを堅持したいという気持ちからかこのロッドにはスピゴットフェルールが
 採用されているおかげで、安価なものから、バカ高いものまで同番手、同じ長さでは太さも同じ
 テーパーデザインもガイド位置も同じ、使用してるガイドなども、ほぼ同じなどと
 いうことのない仕上がりになっていることは一目瞭然である。
 
 
 かつては、超精密な接続方式でパラボリックアクションやファーストアクションのロッドを自在に制作して
 世に送り出していた、イングランドの歴史、最高級のフライロッドのパイオニアと言っても過言ではない
 ハウス オブ ハーディーやUSAのクラフトマンシップに裏打ちされた作品を世に送り出していた
 ウインストンロッドなど信頼のおけるフライロッドも衰退の1歩をたどるのだろうか!
 最近はこれらのロッドも自国で作られたブランクを使用していないのか、オーバーフェルールの4ピースが
 発売されている。ウインストンを見る限り仕上げはそのまま自国でブランクだけが、他メーカーに右にならえと
 いう感じだろうか? かっての、バットからティップまで滑らかなテーパーデザインでつなぎ目から発生する
 弊害を出来る限り抑えた、つまりウィークポイントが少ないロッドこそが使う人に快適なキャスティングは
 もちろん、釣りにおいてのランディングでも信頼のあるフィーリングを提供してくれる。そんなロッドを
 作りたいなどという基本的な姿勢はすでに過去のものになって行くのだろうか? 

-------------------------------------------------------------------------------

 ← グリップ側  つなぎ目の細い方がバット部分       太い方が#3番目(トップ測)


 上の写真を見ての通り手元になるバット側の先端が6mm強である。そこまで絞られた細さの先端側に被さる
 右側の上から#3番目のパーツは9mm弱である。この、接続部分が太くなる、硬くなる、重くなると
 いった製作上の矛盾であり、ウィークポイントになるものが3か所もあるのだからロッドの持ち重りや
 ブルブル感は当然発生する。さらにパーツ全体が綺麗に曲がってラインを操ることが出来ないので
 テーリングも発生しやすくし、Schmittのようにラインのヘッド部分の長いもの(16mから20m)などの
 ものなどをフォルスキャストすることなど不可能である。当然飛距離も落ちる!そのような
 オーバーフェルールのロッドはアクションがアバウトなのでシューティングヘッドではそれなりに飛ぶが
 きれいなループでフォルスキャストを必要とするWFなどのフルラインのキャスティングでは遠投が
 とても難しい。
------------------------------------------------------------------------------
 
 下の写真のロッドを見て何か気づくことがありますか?
 写真のロッドは、すべてライトロッドで同じ長さの#3番、4番です。
 現在販売されているもの価格は、¥2.500円〜¥3.800
 そして、¥13.000、¥100.000。¥120.000円のものです。
 ご覧のとおりで4ピースのオーバーフェルールのロッドは、どれも同じように
 しか見えません。実はつないで振ってみると、どのロッドが高価なものなのかは
 ほとんどわからないばかりではなく、違うメーカー同士のロッドを交互に
 違えてつないでみるとつなぎ目が実にぴったり合うのです。
 それは、番手と長さが同じなら、決められたテーパーデザインになり
 それ以外に作る方法が無いことを表しています。
 だから、この素材は凄いとか、最新のものだとかの能書きがあっても
 伝わる重さ、感覚はどれも同じで¥100.000円の差額を
 説明できるものはないでしょう。リールシートも昔のようにベリンジャーなどの
 高級品はなく、韓国や中国製であることは直ぐにわかります。
 さすがに¥120.000円クラスではリールシートにオリジナリティーを
 持たせてるものもあります。¥30.000円クラスでは、メーカーが違えども
 同じ縫製の同じタグの付いたロッドケースのものもあります。
 しかしながら、使用しているガイドやラッピング、そしてブランクの
 被さる部分の厚さや形状などを見ると本当に同じ作りなので
 逆に驚きます。この画像だけでは、どのロッドが(最安¥2.500)安いのか
 果たしてどれが(最高¥114.000)高いのかわからないくらいです。
 その、大きな原因はテーパーデザインが一緒なのですべて同じ印象にしか
 見えないからでしょう。次の項で述べるように試し振りの機会がありましたが
 一番良く飛んで振りやすかったのは:¥13.000のロッドでした。

 下の写真。¥2.500円から¥120.000までの #3番、#4番と#6番のロッド。
 グリップの形、リールシートの品質、デザイン、雰囲気。そしてフライガイドの使い方
 形状、品質など、あまりにも似ていて¥100.000円以上の差を見出すことが
 出来ないはずである。ラインを通して振ってしまうとさらにわからなくなるはずだ。
 現在は、殆どがこのように同じデザインにしか見えないロッドばかりになってしまった。


 ¥8.000 のロッド

  ¥13.000

 ¥12.000


 ¥120.000

 ¥8.000

   ¥2.500



 ¥9.000


 ¥98.000

 ¥120.000

 どのロッドも同じテーパーデザイン、低番手も高番手も同じような原始的な継ぎ。

 ¥3.000クラスと¥100.000円以上のものの違いは外観ではわからない。
 振ってみるとますますわからなくなるので振らない方がいいかもしれない・

  ¥45.000



 ¥98.000

        
    ¥12.000
 

 ¥26.000

 ¥8.500

 上の写真のロッドのように4本のパーツが個々に先の方で細くなって、そこに太い部品が被さる。
 そして次の細い部分に、また太い部部が被さる。これらの4ピースのロッドではご覧のとおり
 ¥2,500円のものも¥120.000のものも同じロッドに見えてしまう!
 
 ロッドの各パーツの下の部分の太いところがバット側の細い部分い被さる。しかも塗装の上に
 直に被せるタイプが多く、例え¥120.000円のロッドでも最初に接続した時点で
 塗装に傷がつくのは防げない。

 しかしながら、オーバーフェルールの4ピースのロッドで一番の特徴はテーパーが制限されて
 しまうため実はこの方法で作られて販売されているロッドのすべてがファーストアクション
 もしくはミディアムファーストアクションです。細身のしなやかなロッドは作れないので
 今や皆無です。中でもスィッチロッド等は11フィート前後で作られるために、どれも同じくらいの
 バット部分の太さでロッドテーパーはほとんど同じ、実際にラインを付けてみると
 なんでこんなに同じなのとなるはずです。
--------------------------------------------------------------------------------

 そして、これらのロッドが、同じ作りの4ピースで作製されたことである弊害が出ます。

  きれいなループを作ってキャスティングをしようとしてもフェルールの重なる部分が
 ロッドの円滑な曲がりを邪魔して、つなぎ目の等間隔どおりにラインに小さなウェーブが3つ出来る。

 どれもバットが硬くなるのでロッド全体に曲がらずファーストテーパーなのでWFラインなどは
 ロッドのトルクがラインに綺麗に伝わらずに遠投やナローループが出来にくい。
 HITや魚の合わせの時の吸収率も少なくなり、合わせ切れが多い。細いテイペットも
 使うことが難しく、2ピースロッドやスピゴットフェルールのロッドに比較してワンランク太い
 テイペットが必要になる。

 すでに気付いている方もいるだろうが、この方法(極東で作られるロッドの主体な接続方法)の
 4ピースのフェルールのロッドになってから、細身のロッドやパラボリック、あるいはスローテーパーの
 ロッドの作製が出来なくなった所為なのか、以前は日本の釣りを意識して、競ってリリースしてきた
 #1番ロッド(例えばセージワン)やその他の超ライトロッドや#2番ロッドなどの繊細な日本の
 渓流の釣りに合わせたフライロッドが消えてしまったことである。仮に今の作り方でリリースしてきても
 #2番と言っても実際は#3番、4番になることは明らかでバットを細くできない現状では
 日本の小型魚をシビアに攻めて、かつ繊細に釣るためのロッドは出現することもないだろう。

 また、低番手に限らず、#4番、5番クラスのロッドでウエットで使うためのしなやかなロッドの
 出現もありえない状態で、4ピースのオーバーフェルールのロッドの現状は
 アバウトなシューティング系のラインを原始的な円錐状の筒をつないだロッドの
 アバウトなアクションできれいなループも作らず放り投げることだけのものになった。

 釣り味、繊細なコントロール、シビアな釣りの仕掛け、システムなどは求めたところで
 応えてはくれない大雑把なものになっていることは事実である。パラボリックな曲がり
 パラボリックアクションというような釣りの楽しみに通じるフライロッドの伝統は
 消えつつある。消えないのは、伝統にかこつけた安価な針金のスネークガイドの使用である。

---------------------------------------------------------------------------
 
 下の写真も上の続きで、¥2.500から¥120.000までの #3番、#4番の
 ライトロッド。グリップの形、リールシートの品質、デザイン、雰囲気。そして
 フライガイドの使い方、形状、品質など、あまりにも似ていて¥100.000円以上の
 差を見出すことが出来ないはずである。ラインを通して振ってしまうとさらにわからなく
 なるはずだ。




上のロッドは写真で見ての通り、ロッドをつないでグリップを握れば、ラインを持つ片方の手が届く範囲に
 つなぎ目がある。それも手元の1番目のパーツより、先の方に太くて厚いのが、6pから7cmも被さって
 接続するのだから、ロッドのバット部分にはスムーズな曲がりなど出来るわけがない。つなぎ目、つなぎ目で
 二重になってロッドの2倍の厚い部分を作り、そこだけ2倍の重さも発生させる。
 当然スムーズなアクションは期待でないし、数千円のロッドも10万円以上のロッドも上の写真のように同じように見える。
 実は、同じように見えるだけでなく、各パーツの長さが制約を受けて作らなければならない限り、同じ長さの
 同じ番手である限り、自在性に欠けてテーパーデザインやアクションまで同じにあってしまう。
 試しに、どこかで同じ長さ「、同じ番手の数千円のロッドと10万円クラスのロッドを振り比べればその違いは
 殆ど見出すことが出来ないであろう。 ブランドが極東のそれらのブランクを使って安易に商売してるのは
 ロッドだけで無かった、有名ブランドのフライリールの4,5万円クラスが実は最近、多く売られている
 数千円クラスのリールと同じベースであるものが多くあった。僅かにデザインを変えているが、その高級(価格が)
 フライリールに数千円の同じ外径のスプールをセットすると見ごとに合うものが、出てくるわ、出てくるわの
 状態である。別に驚きもしないが見え見えであるので、ブランドのフライロッドがリールに限らず同じように
 安価なブランクを使用してできていても、当然、ロッドと同じようにフライリールもバランスをとっているのだろうと
 思うだけのことである。何故か、海外ブランドのフライロッドを作っていない純然たるフライリールのメーカーには
 当然、韓国や中国のリールと類似するものは無い。

 フライロッドだけでない衰退の現状!

 下の写真は、数千円で購入できるフライリール。シャフトの根本の円盤が特徴的で
 とても良く出来た、ワンウェイクラッチ式のロールベアリングのドラグがシンプルで
 壊れにくい。様々な出所で、外観も変えながら販売されているが
 5万円クラスの1流メーカーにも外観は少し違うが同じドラグ方式のものが多くある。
 また、日本のメーカーにも全く同じドラグ方式のものがあり、同サイズのものには
 他社のスプールを入れ替えてみると殆どジャストフィットでそのまま使える。

 それらのリールは下の写真のようにシャフトの根元に円盤状の土台があるので
 高級(価格が)リールをお持ちの方は見比べてみるといい。

 後ほど、それらのリールの写真を載せる予定だが同じ番手(同径)では下の写真の他社のスプールが
 見事にフィットしたので替スプールとして使うこともできる。




 上の写真のリールはブランド品として売られていて高いものでは¥50.000以上する。 

 
 フライロッドだけでない衰退の現状! (お客様が教えてくれました!)

 下の写真は、ブランド品(左)と、ノーネームの¥5.000前後で発売されている製品(右 ブラックの物)

 左は足が6本に対して、右は5本になっている。スプールの足などヒネリを加えたりと
 外観はわずかに変えているが、スプールやドラグユニット等、他は全く一緒である。



 
 ドラグシステム(黒いリールはドラムがが赤の塗装) クリックピン、芯、スプ?ルの大きさ
 切削デザインなどすべて同じである。




 実は、その¥50.000以上するフライリールに下の写真の¥7.000円前後で売られているノーネームの
 スプールをセットしたら完全にぴったりでドラグも同じ方式で快適に使える。

 最近の韓国や中国のフライリールの特徴であるワンウェイクラッチのロールベアリング方式のものは
 簡素ながら優れものである。自身で所有のブランドフライリールが下の写真のような
 ワンウェイクラッチが組み込まれているものだったら、これらのリールは様々なデザインで
 たくさん売られているのでベースはブランド品。替えスプールとして¥3.000円ほどで買える
 こちらの選択もあり。本当にジャストフィットします。



 
 デザインや販売会社が違っても同じ番手や径ではスプールがピタリと合うものが多くあるので
 オリジナルのコーディネートが出来る。高い値段で買ったブランド品にも同じ方式なら
 ピタリと合うものがあるので替スプールとして購入するととても安い!


 話は、それたが安いフライリールを僅かにデザイン変更して販売してる最近のロッドメーカーが
 フライリールをそのような形で市場に出してるのだから、フライロッドをやらないという
 選択は一切ないだろうと思う。
 フライリールを唯一無二のものを手に入れるにはフライロッドを販売していない(手がけていない)
 ガルバンなどが安心だろう。


 左の写真はメーカー違いの9フィートの
 同じ番手のロッドのバット部分に接続される
 #3番目の被さる側を撮ったもの。
 ブランクの厚さも軽くするために
 出来る限り薄くしているのが見える。

 しかし、ここで決定的なのはこれらの
 接続方法で4ピースというロッドを作ると
 長さと、番手が決まればどのロッドでも
 同じテーパー形状になるのは必然で
 それを逸脱すれば番手そのものが変わってしまう。
 だから、同じになってしあうのである。

 左の写真の中の左側のロッドは前述の
 4ピースの8フィート6インチの6番の某一流ブランドの
 #2番(4ピースのトップの次の部分)

 右側のブランクの肉厚の厚いものがSchmitt876の
 ツーピースのトップ側で、比較してる右のロッドと
 ほぼ、同じフライロッドの長さの真ん中部分になる。
 肉厚のあるブランクは当然折れる心配が少ない。
 ロッドのパワーもあり、遠投性能は格段に違う!

 しかも、同じ番手でもロッドの接続方法が違うので
 テーパーの制限を受けずに細身にすることもできる。
 ロッドが細くなった分、ブランクの厚さを上げることで
 番手の調整も自在である。


 下の写真  つなぎ目の左側が バット部分。 右側がトップ側。接続部分で先のほうが太くなるという不思議。
 
 上のロッドのように4本のパーツが個々に先の方で細くなって、そこに太い部品が被さる。そして次の細い
 部分に、また太い部部が被さる。当然、この方法では被さった部分が、2倍の重さと硬さを発生させる。
 ロッド自体の各パーツ、4本にかなり角度のあるテーパーを作ることでしか、継ぎに被せる部分との
 結合を作れない方式ではロッドはファーストテーパーになる。バットを細く足してしまえば被さる部分の
 上部側の太さに負けて破損するかもしれない。つまりこの方式では、どの番手のロッドでもバットに
 しっかりとした硬さと太さを持たせなくてはいけない。だから長さと番手が一緒なら価格にかかわらず
 ブランド品も安価なものも同じような作りで、外観のテーパーやガイドの位置やクロームのトップガイドの
 大きさ、ストリッピングガイドのメーカーや材質なども¥100.000円前後の1部のロッドを除き
 SiCではない安価なハードリングやカーボロイなどもあります。最もさすがに¥3.500円のロッドには
 FUJIのSICガイドは使、使ってはいないですが、50.000円近いロッドでも
 ¥3.500円のロッドと同じガイドで構成されているものもありました。あとは、外観ではガイドの
 スレッドの丸みを帯びた塗装などが、どのメーカーのロッドも同じように見えてしまいます。

 従ってこれらのロッドはスピゴットフェルールに比べて、飛距離、コントロール性
 テーリング、ロングラインのキャスティング性能などが落ちます。

 設計上片方を太くしなければならず竿の継ぎ目に段差が出来てが綺麗に見えない
 
 段差の硬い部分がキャスティングに干渉して、きれいイなループを作ろうとしても
 ループ先端の下のラインにロッドの継ぎ目と等間隔の長さでループに波が3つ出来る(4ピースロッド)

 スピゴットフェルのロッドと比較したときの一番の違いは見た目と重さ!これはかなり違う!
 フェライトフェルールは凄まじくダサいと言ってる人が多くいる。
 
 以下は、フライのブログで記載されていた意見から抜粋。

 ロッドの上と下に段差が出来てしまうのだからそれも仕方ないんやけど正直これは気になりまくるレベル。
 やっぱりコストを下げればこうなるのは仕方ないんや。 

 スピゴットフェルのロッドと比較したときの一番の違いは見た目と重さ!これはかなり違う!
 (オーバーフェルール)フェライトフェルールは凄まじくダサいと言ってる人が多くいる。

 下の写真、Schmitt 876 のテーパーデザイン!
 スピゴットフェルールはスマートでなだらかにテーパーを作れる。
 あるいは、オーバーフェルール(フエラィトフェルール)でも、2ピースならテーパーもなだらかなので
 接続部分の受ける方を研磨して細く作り、被さる方も合わせて細くすることで、ふくらみを出来る限り
 目立たないようにすることでスピゴットフェルーに準じたワンピースに近いアクションを手に入れることが出来る。
 また、直接塗装面にロッドを被せてつなぐこともないので、接続による傷や塗装の欠け、ダメージ等は発生しない。

 さらにスピゴットフェルールのフライロッドは、前述のオーバーフェルールのようなクリスマスツリーのように
 先の方で段々に積み重なってるような構造ではないので、思いっきりバット部分を補足することが出来る。
 例えば、#8番ロッドをオーバーフェルーの#4番ロッド並みに細く作っても、その分をブランクの厚さで
 調整することで自在にアクションを創り出すことが出来る。もう、オーバーフェルールのロッドの
 カタログスペックにはなくなってしまった、スローテーパーのスローアクション、パラボリックアクションなどは
 健在である。他社ではシマノのアスキスの¥100.000前後のロッドが、スピゴットフェルールの
 ロッドを現在リリースしている。 しかしながら、¥100.000円である。キャスティング性能を高めて
 フェルーのコストと技術を駆使してしなやかなアクションのロッドを作ってることは協賛したいが
 安価な針金スネークガイドというのは如何だろうか?1時期販売していたオールSiCガイドの
 SDシリーズとGルーミスのコラボのアスキスをオールSiCにしてしまえば
 最低¥150.000円前後の売価になるだろうと思うが、せっかくスピゴットフェルーで
 ロッドを作ってるのだからやってもいいと思う。但し、SDのような、とても小さいガイド径の
 SiCは使用しないようにしたい。ループ トウ ループの ラインは全くもってくぐらなかった。



 ごく最近、シングルハンドの2本のブランドロッドを振る機会がありました。
 どちらも120.000円ほどです。でも、トップガイドは云十円で仕入れることが出来る
 ワイヤーガイドです。バットガイドもアルミナかカーボロイの200円以下で入手できるものが
 付いていて残りはご存知の針金のスネークでした。
 どうして、120.000円なのかわかりませんが、きっとすごく飛ぶのかと思って
 みんなで試し振りと相成りました。ラインがWFだったのと強い追い風のため
 バックキャストは引かれないのでダブルホールはなかなか上手くはいきません。
 キャスティングの上手な常連、8人でそれらの9フィート#6番を振ってみましたが
 残念なことに28mほどだったフルラインが出せた人は2人だけでした。
 本来は皆さんは32m以上のフルラインも簡単に投げる人ばかりです。
 これらのオーバーフェルールのロッドの特徴としてベンディングカーブがスムーズでなく
 ラインの負荷が手元に伝わってくる間につなぎ目の堅い部分で分断されるために
 ロングラインが載せにくく、出し過ぎると即座にテーリングが発生することです。
 また、シュートしたヘッド部分のラインも着水時にはラインの後端の方から
 ヘナヘナと落ちてしまうことです。もちろん、そのようにアクションが分断されて
 ロッドも震えがちで、フォルスキャストの前後でティップがピタリと止まることがないので
 Schmittのようにロッドティップからラインを20m以上出してフォルスキャストを
 するということは不可能です。ロッドの性能を簡単に見るには如何にロングラインで
 タイトなループで振れるかです。20m以上出してキャスティングしてもテーリングもなく
 タイトなループを往復させることが出来るとなると、当然ながら遠投も出来ます。

 かってのブランドロッドは、ほとんど同じような作りで、同じところで作られたものを
 こぞって販売していますが、昔のようにスティーブレジェフのようなカリスマのいない
 今では、安く極東で作られたものを如何に高く売るかだけになっていますが
 シングルハンド 120.000円 ダブルハンド160.000円なんてなってくると
 驚きです。しかも前述のようにセットのロッドなど比較しても違いのないような
 感覚しかないもので、際立って飛ぶこともないとなったら、高い価格で買ったという
 自己満足を抱く人がタ-ゲットかも知れない。例えその人がキャスティングが下手でも
 高いロッドを持ってるのだというのがプライドであり、随一の心の支えであり、砦(とりで)
 みたいなものかも知れない。誰にも眼に付かないところで振っていればそれで問題ないが
 エリアのようなところでは、たとえ安いロッドでも、それを持った人が横に来て
 華麗なキャスティングをされたら、ずるずると崩れていくのも砦(とりで)である。

 キャスティングには難しい用語も説明も能書きも無用である。全くの素人が見て
 美しい、華麗、凄いと思い、さらには見てる人に自分もやってみたいと思わせるように
 投げれている人こそが本物である。言い訳も理屈もいらない、そんな感銘を人に与える
 キャスティングが出来るロッドこそ本物でもある。 

-------------------------------------------------------------------------------

 今、フライをやってる方で餌釣りや鮎釣りをやったことのない人は機会があれば
 釣具の量販店やフィッシングショーなどで、安い渓流竿や鮎竿をもって見てください。
 その後に、10万円クラスの渓流竿や30万円以上の鮎竿を持って見てください。
 一般のフライロッドでは感じられなかった価格の差をしっかりと現したそれらのロッドに
 感動を覚えられるはずです。軽さだけではなく、何とも言えぬ高級感が伝わってきます。
 まさに、フライロッドも安いのも高いのも持った感じで重さの差もなくブルブルした感じも
 ほとんど変わらず価格の差は何が違うんだろうとわからぬままに高いから大丈夫だと
 買ってしまうのは無駄なような気がします。但し。日本の渓流竿や鮎さをなどは
 高いだけのことは確実にあります。まず軽さが違います。安価なものが200gなら
 同じ長さで140gほどのものがリリースされています。
 実はSchmittも鮎竿などに使用する最高級の国産カーボンを使用していますので
 外国のブランドロッドとは全く違います。もった感じのスクッとした軽快性。シャキッとした
 アクション。持ち重りの感じられない軽さ、フォルスキャストでブレずにきれいに
 曲がって暴れないブランク、、、、、などなど。高級カーボンの良さが随所に表れています。

 Schmittフライロッドは搭載されている高性能 SiC ガイドの素晴らしさを
 完全に引き出すために設計された専用ブランクで精度の高いものです。
 前述の極東生産の外被せフェルールの外国ロッドのようにアバウトな
 アクションではありませんので振り方によっては悪い部分がキャスティングに
 顕著に表れます。 外国などのブランドロッドの場合はブルブル感や
 持ち重り感が誰が振ってもラインをある程度の距離に運んでくれますが
 そのブルブル感のあるアクションが邪魔してタイトなループやライナーで
 シュートを飛ばすことは難しいはずです。Schmittではキャスティングの
 良し悪しがすぐにループに現れるためにどのようにすればよいのかも
 ロッドが教えてくれますので、すぐにとても上手になることが出来ます。
 もちろん、オールSiCガイドなのでダブルホールに関しては持った途端から
 出来てしまいますのでキャスティングの上達が無限で楽しいものになります。



-------------------------------------------------------------------------------