Schmitt DH1404-8XX  オール  FUJI 最高級SiCガイド仕様     


 
 新製品 Schmittぶっ飛びライン! すべてのロツドを網羅する豊富なラインアップ!

 高性能! とにかく飛びます!簡単に誰でも遠投が出来てしまいます!
--------------------------------------------------------------------------

   お手持ちの一般のフライロッドでも、現在使用のフライラインよりは
  とてもよく飛びます。その飛距離は一般的なフライラインの30%増しと
  お考え下さい。くせは付かず、かなりの逆風でもラインターンもします。
  滑らかにキャスティングが出来て、バランスの良いテーパーは
  タイトなループを作り出し、いつでも思い通りのところに狙えます。

 高性能!飛びます! スペイキャストで苦労してる方。色々なスペイキャスト用の
 フライラインを勝手も満足のいく結果が出ないなど、、そんな方の悩みを解消する
 スカジット系、シューティングスペイラインです。ジャストフィットのスペイティップも
 付属していますので、これで誰でも容易にスペイキャストが出来てしまいます!
--------------------------------------------------------------------------
 ▼ スカジットボディ(スペイヘッド )  プラス スペイティップ (フローティングティップ)

    誰でも 簡単に飛ばせます!しかも、美しく飛びます。

 ★ 飛距離抜群! 限りなく水平に真っ直ぐ飛ばせます!

 ▼ スペイヘッド後端から ヘナヘナト落ちるようなみっともない
   飛び方はいたしませんから、ご安心ください!
   前方に眼の高さでにライナーで遠くに飛んでいきます。


 風に強い! 重いフライも飛ばしやすい! ショート、コンパクトで高浮力の
 スカジットボディに、取り外し可能なスペイティップ(フローティング)をセット

 ロッドの番手とロッドの長さに合わせたベストマッチの重さと長さを揃えました!
 だから最初からとても投げやすく、スペイキャストが簡単にでいてしまいます。
 
 水面より10cmほど高い岸辺や管理エリアの足元、あるいは湖で膝上まで立ちこんだ
 状態に於いて、どのロッドでも最高の性能を発揮できるように、長さやラインの
 操作性などが計算されつくしたラインです。

 スペイティップも、しっかりとテーパーを持ったもので、スカジットボディの長さや
 重さに合わせて、こちらのスペイティップも、重さ、太さが変えてあり、とても高性能です。
 また、滑らかなキャスティング性能は、ボディとヘッドがループ トゥ ループで
 接続されていることは一切感じられないスムーズさで、スカンディナビアンヘッドと
 錯覚してしまいます。

 このラインはスカジットボディとエリアや湖で汎用性の高い、フローティングの
 スペイティップが付属していますが、シンキングティップを付けたい方は
 市販の3,7mから4,5mくらいの長さで4g〜5g前後のものをご利用ください。
 また、14フィートクラスのポリリーダーなら、スペイティップとして使用しても
 満足な性能が得られます。

  誰でも簡単に遠くに飛ばせる、とても投げやすいラインです。

   ラインのくせが一切つかないのでまっすぐに飛距離が伸びます。

   細身のスペイティップで抜群のラインターンと静かな着水が得られます

   ボディはメンテナンスフリーでありながら高浮力で
   つねに静かなスペイキャストが出来ます。  

   スペイキャスト の 飛距離は抜群で、キャスティングも簡単なラインです。 

 
  疑問に感じるスペイキャストの飛び方! 

 シューティングスペイキャストで、8割以上の方がフライライン(スカジットボディ
 あるいはスカンジナビアン)ヘッドの後端(自分側)からヘナヘナ落ちていきます。
 本来、飛ぶというのはライナーで勢いよく飛ぶかあるいは、多少の放物線を
 描いたとしてもポイントへは先にフライ、又はライン先端が着水するのが
 当然であり、ラインの後ろ側が着いてから、尺取り虫のような軌跡を残して
 あとから先端が落ちていくようなキャスティングではフライが着水直後に
 魚が出てきた場合にはラインがたるみ過ぎていてアタリが取れるわけがありません。
 公開されてる映像にこのようなものがあります。 評価は避けますが
 私は、こちらの  投げ方というか、ラインが水平に伸びて飛んでいく様子に
 感動して、今はこのように飛ぶことを常に目指して 
 フライライン や フライロッド の性能やアクションから研究しています。
 特にライン関しては aサーモンライン や スカンジロングなどは誰が投げても
 何度試しても、後端からヘナヘナと落ちる感じがいつもあり。綺麗にライナーで
 遠投することなど出来ません。これは腕の所為なのかわかりませんが

 Schmitt フライライン スカジット plus  では、誰が投げても直線(水平)に
 ほど近い姿勢(飛形)で スペイキャストからラインは飛んでいきます。

---------------------------------------------------------------------------


 ▼ どの飛形が良いかは、一目瞭然でヘッド部分の後ろ側から落ちるのは明らかに
   ラインの問題である。もし、30m以下の距離なら先端までパワーが伝わるはずであり
   それを阻害して、後端からヘナヘナとなるのはラインの問題が大きいはずである。

  動画で見た尺取り虫のようなフニッシュです。ここまでのものは特異な例です。



 どこのラインか、ロッドはわかりませんが、僅か 30m ほどのポイントでも
 ラインが水面に着くときはラインの後端から落ちて、残りが
 ヘタヘタ という感じで、フニッシュします。

 ▼ 一般的に、よく見かける、スペイキャストの形。フニッシュのアンダーハンドとかいう
   近距離スタイルの手首の閉じ方や、ロッドティップを下げる行為やくせが身に付いて
   しまってる人は、どうしても遠くに投げようとしてもライン後ろ側から着水する場合が多い。
   あるいは、遠くに飛ばない場合は先にライン先端から水に突っ込んでいくような
   感じのキャスティングも見られる。

   湖で見ても 、たまに動画で見てもこんな感じのばっかしです。


 Schmitt フライライン スカジット PLUS のキャスティング

 ▼ ラインがターンしていく間でも、ライン後端は水に着かずにそれなりの高さを保ちながら
   ループがほどけていく。フニッシュではループがターンして伸びきり、殆ど伸びきったラインが
   水平に近い状態で水面に着地するキャスティング。傍目で見ていても力を感じます。

 GOOD


 Schmitt フライライン スカジット PLUS のキャスティング

 ▼ 使用する、ロッドやライン、最終的に狙う距離にもよるが、20mから30m以内なら
   シングルハンドのオーバーヘッドキャストのシュートのようにナローループで飛んで
   いってラインがターンして着水! とてもかっこいい、芸術点が高いと思う!
   スペイキャストの形が、ああだこうだと論じてること自体がむなしく馬鹿みたいだと
   思い知らされるはずである。周りの視線も熱いだけでなく、釣りをしたことのない
   人からも拍手喝采、驚かれるはずである。

 GOOD


---------------------------------------------------
スカジット PLUS キャスティング動画

 Schmitt フライライン スカジット PLUS ALL(6〜10)
 
画像をクリックして YOUTUBE でご覧ください。
-----------------------------
 Schmitt フライライン スカジット PLUS 6/7  8/9
 
画像をクリックして YOUTUBE でご覧ください。
-----------------------------

 Schmitt フライライン スカジット PLUS 6/7
 
画像をクリックして YOUTUBE でご覧ください。

-----------------------------------------------------------------------------------------

 
Schmittフライライン Skagit PLUS  

  Schmitt フライライン Skagit PLUS  (スカジット プラス)  

  プラスとはスカンジボディにジャストマッチのスカジットヘッドが付属してるという意味です。

   ダブルハンドロッド 専用
   シューティングスペイ & オーバーヘッドキャスト スカジットライン
  ▼ 4/5 〜 12 F  8 機種

  スカジットボディ と 各ラインに合わせた最高性能のスペイテップがセット!

  
  カラー スカジットボディ ライトオレンジ      スペイティップ ダークオレンジ

 ループ トゥ ループ で接続、 接続部はご覧のとおり
 ボディとスペイティップの段差がなくスムーズな飛びと綺麗なラインターンが得られる!

 スカジットボディの長さ、重さ別にベストマッチの高性能スペイティップが組み合わさった
 とても飛ばしやすいシューティングシステムラインです。フローティングをメインに使う方は
 スカンディナビアンラインとしてそのまま快適に使えます。河川やソルトなどで尖端を沈めて
 使用する方は、14フィートのポリリーダーのインターミディトや各シンキングリーダーでも
 快適なキャスティングが出来ます。市販のスカジットヘッド、スペイティップは
 長さ3,7mから、4,5mで4g〜5g前後であれば快適な飛びが得られます。

------------------------------------------------------------------------------------

   ラインの種類は下記の通りです。 

 無駄のない、25グレイン(1.6g)刻みのラインアップ、満足の1本が必ずあります!

Schmittフライライン Skagit PLUS  

 スカジットボディ & スペイティップ セット (スカジット プラス)

 (スペイティップは長さはすべて4,2mです。) (内)g表示は端数切り上げ、切り捨ての表示になります。

       スカジットボディ       スペイティップ    TOTAL 重量  全長

 4/5  375gr(24g)6.8m   約55gr(3.5g)   430gr(27g)11.0m

 5/6  400gr(25g)7.0m   約60gr(4.0g)   460gr(29g)11.2m

 6/7  425gr(27g)7.2m   約65gr(4.2g)   480gr(31g)11.4m

 7/8  450gr(29g)7.3m   約70gr(4.5g)   520gr(33g)11.5m

 8/9  475gr(30g)7.5m   約75gr(4.8g)   550gr(35g)11.7m

 9/10 500gr(32g)7.6m   約80gr(5.0g)   580gr(37g)11.8m

 10/11525gr(34g)7.8m   約90gr(5.2g)   610gr(39g) 12.0m

       ▼ グレイン換算は、おおよそのものです。小数点以下の記載はしませんのでご理解ください。
-----------------------------------------------------------------------------------------------
                                   価格 ¥6.480 円 (税別)

 このラインのお問い合わせ申し込みはこちらを  クリック     通信販売の詳しいご案内は   通信販売

 7@ff-maestro.com  メールが届かない、不調などの場合はこちらの schmitt@jcom.home.ne.jp 

 注 メールが立ち上がらないときは、アドレスを直接入力するか、次の  7@ff-maestro.com  (メールアドレス)を
   コピー&ペーストしてご自身のメールの新規作成で立ち上げて利用ください。


 柔らかめのロッド、軽めのラインが好みの方などは、硬めのロッドの方、重めのラインが好みの方などは
 例えば #6番ロッド使用で 5/6 というラインの場合は、軽めのラインの選択になります。
 6/7 というラインを選択した場合は、#7番ロッドにも使えるラインという意味で少し重めのラインを
 選択したことになります。いずれにしても、トータルで、2g〜3gの差しかありませんのでどちらを
 選択しても快適に使えます。