キャスティング練習 キャスティングスクール @  古いのは割愛してここ1,2年のものの1部を掲載          


 お知らせ

 2017年 3月より、昨今のカーボン素材の進化 に伴い、Schmittフライロッドはさらなる
 軽量化と誰でも簡単に遠くに飛ばせる、飛距離の性能と軽快な操作性を併せ持つロッドに
 変わりました。すでにモデルチェンジ済みの機種については、以下の通りです。

 また、Schmittは今後すべてのロッドにおいて、仕上げやデザインの統一化を
 図りますので、その新型が完成次第、随時、ホームページの写真や情報を
 変えていきます。シングルハンドの分類は The Oikawa シリーズと
 711−3 それと 904〜908、91−8/9 まで、すべて統一します。

 統一されるものは、リールシート、コルクハンドル、ロッドネームの書体、様式
 フライガイド、スレッドカラー、ラッピングデザインなどです。

 ロッドの性質、個々の長さや番手によりアクション、特性は従来の通りです。


 シングルハンド          2017 3月 〜  7月に完成したモデル

 Schmitt The Oikawa  662  762  802

 Schmitt 711−3

 Schmitt 8116

 Schmitt 91−8/9

----------------------------------------------------

 現在 完成したばかりの新型モデル    2017 8月

 Schmitt 876   907   908    、、、905 Distance


 残りの新型モデル 
 
 Schmitt 904   905        2017 8月 20日終了

 約半年かけた、Schmitt 全機種の高性能化、及び、デザイン統一が実現されました。


====================================================

 ダブルハンド   2017 1月 〜  7月にすでに全機種、新材料を用いてモデルチェンジ
                         及び、マイナーチェンジ済みです。

 Schmitt  Switch 4/5  5/6 

 Schmitt  DH1204−6XX

 Schmitt  DH1304−7XX

 Schmitt  DH1404−8XX

 Schmitt  DH1504−10XX

 Schmitt  DH1363−6 Spey Master  

 Schmitt  DH1804−6 Spey Master 新機種(最新カーボン 、最新技術導入、超軽量)