Schmitt Flycasting Movie   SH 711-3      



 フライフィッシング  よもやま話

 かつてアングリングやフィッシング誌などでも少し釣りの話を書いたのと
 その後にブログで披露したことがあった、フライフィッシングの釣りの
 中で起きた実際の出来事や、その釣りの旅で起きたことなどを
 掲載していた時期がありました。しかしながら掲載や執筆を
 やめてからというもの、再三のリクエストが今でも多くあり
 改めて応えるべく少しずつ汎する所存です。
 面白おかしく書いてるように感じられる箇所もあるとは思いますが
 事実ですので、ご想像を張りめぐらせながらお読みくだされば光栄です
 


 
 カネボウ ノンフライ ラーメン

 フライを始めた頃にそれより以前からやっていた、テンカラの釣りで取材の話が持ち上がった。
 しかしながら、ただ、テンカラでは時代に合った進展もない。そんな時ひらめいたのが
 フライライン(ランニングライン)を使用して、毛バリも、ミッジやパラシュートなどのドライフライを
 使用してのロッドだけはリールのないテンカラ。フライはテンカラ針のようなウェット系の
 ソフトハックルなどのものは一切使わず、ランニングラインの先はブレイテッドリーダーと接続して
 その先にティペットを使用。ドライフライには浮力材をたっぷりつけての全くあたrしい
 釣りのスタイルだった。