キャスティング練習 キャスティングスクール @  古いのは割愛してここ1,2年のものの1部を掲載          


 シングルハンドロッド

  シュートでもすぐにフルラインが出せるとても使いやすいロッドです。
  Schmitt の 最高の人気のロッドで、その理由は、ナローループが
  すぐに出きて、フォルスキャストがし易いことだと思います。
  さらに、8フィート7インチという独特な長さと#6番というラインウェイトの
  絶妙なマッチングが多くの支持を得て、一人で複数本持つ方が何人も
  いるのだと思います。もちろん、フルラインというキャスティングの
  基準もすぐにクリア出来て、さらに夢は広がります。少し遠くの
  ドライフライの釣りや湖での遠投、管理アリアのスピーディーな操作に
  よる数釣りなどには最適なロッドです。

---------------------------------------------------------------------------------

 今、お使いのフライロッドは大丈夫ですか? ぜひ調べてください。

 下の写真は¥100.000円もする外国の有名ブランドのものです。


 赤矢印、青矢印のスレッドの損傷の原因はスネークガイドの両足がロッドが曲がる際に
 同時に追従できないので内側からスレッドを押し上げ浮きを作るからである。
 ワンフットならそのような干渉は絶対にないのでスレッドの浮きもなく安心である。

 緑、白の矢印は左が O社、右が S社 の最高級ロッドですが、僅か、1年足らずの使用で
 ガイドの根元に溝が出来ています。フライロッドのフライラインはこのようなところを
 往復してるのですから、まさにライン抵抗は大きく、飛ばない、ダブルホールが覚えれない
 などの要因になってるのは当然です。この溝は爪を入れるとわかりますが、凄いですよ!
 飛ばないからと言って、もし、新品のラインに入れ替えて一振りすれば、そのラインは
 あっという間にコーティングが剥がれます。

  
 スネークガイドのロッドはキャスティングの時にフライラインはガイドの根元やロッド本体を
 擦(こす)って行き来しています。だから、ラインが異様に音を立てるのです。
 右上の写真のようにラインはガイドの根元で往復するのですから初心者が
 すぐにダブルホールが出来ないのもうなずけます。もちろん、飛距離も苦労してる
 人が多いのも、このことが大きい要因です。
 
 それよりも何よりも、高いお金を出してせっかく買ったフライロッドが、フライラインが擦れるだけで
 こんな風になってしまうのは悲しくないでしょうか?恒久的に使えると思って買って
 シンキングラインやシューティングシステムの使用では、わずか半年余りでこのように
 ガイドがみじめな状態になってしまうだなんて知ってましたか?
 ユーザーがいつまでも安心して使えて、ダブルホールがすぐに正確に出来て
 簡単にフるラインも出せる。ライン抵抗、摩耗の少ないガイド、軽くて高性能のSiCや
 トルザイトガイドをけちらずに装備するべき時代だと思います。

 そうすれば、ビギナーも最初から、きれいなダブルホールが出来てタイトなループで
 フライラインを飛ばせることがすぐに出来ます。それでこそ停滞気味のフライキャスティングの
 技術や飛距離などの世界にも、大きな進化をもたらすことでしょう。

 もっとも、ブランクも高性能でオールSiCガイドのロッドを持ってしまうと、そのあまりの凄さに
 フライキャスティングの概念も変わりますが、一言でいうとすべてが従来の2倍の高次元の
 世界だとわかります。飛距離! ループの狭さ、ラインスピード、ロッドティップから
 出してフォルスキャストできるラインの長さなど。。。。。。。。

---------------------------------------------------------------------------------

 高性能 オール SiC ガイド
---------------------------------------------------------------------------------

 Schmit フライロッド の #6番ロッドから #8番では....

 初めてフライロッドを振る人でも約3分でダブルホールが開始します。
 ダブルホールが始まると、フォルスキャストがWFラインのヘッドの
 部分の10mほどをロッドティップから出して振ることがすぐに出来ます。
 そうすれば、ダブルホールをしている手を、一度バックに引かれるままに
 コルクグリップの上の方まで戻します。その時点でラインは強く後方に
 伸びていきますので、あとはラインが伸びきったのを視認しなくても
 SchmittのオールSiCガイドロッドではロッドを持つ手に
 しっかりと感じますのでラインを持つ手を引きながら
 ロッドを前方に反すようにシュートしてください。
 何度か練習しているうちにすぐにフルラインは出るようになります。

 フライキャスティングのキャリアが少しある方はスネークガイドのロッドとは違う
 正確なダブルホールが出来るので、ラインパワーやラインスピードも上がり
 シューティングシステムではすぐに40mの世界を体感できます。


 Schmitt  876

    振り始めるとすぐにバックで強くラインが引かれるのを感じます。
    だから、ダブルホールがその時点から自然に出来てしまいます。
    8フィート7インチという、#6番ラインと良くマッチしたロッドの長さで
    ブレのないタイトなループと勢いのあるフォルスキャストが
    とても容易に完成します。シュートでは、8フィート7インチという
    不用意に曲がりすぎないロッドの絶妙な長さがフルラインを
    簡単に飛ばしてくれます。

 外観 
              



 ▼ Schmitt 876 での 初心者のキャスティングレッスンの動画です。

 ★ 876  キャスティング動画 初心者レッスン   


 
 参考

 ★ 876  動画

 
 画像をクリックして YOUTUBE でご覧ください。

 
 画像をクリックして YOUTUBE でご覧ください。

 
 画像をクリックして YOUTUBE でご覧ください。