How To Fly Fishing 実釣河川情報 (関東起点になります。)      
l

長年にわたって釣ってきた河川を特別公開!  渓流釣りの参考に、、、、、

フライフィッシングには色々な想い出が付きまとう。時に景色に感激し、うまいものに舌鼓をし、また、釣れない川に
落胆することもある。しかし川には様々な顔がある。そしてその川の釣れる旬がある。自身が歩いてきた川の幾つかを
記すことで釣れない人や行き先がわからない方々の指標 になり何がしかの参考になっていただければ光栄です。
川はすでに日本中、何かにつけ公開されてるものです。ましてキャッチ&リリースに時代の今日、隠すべきものでは
ないものだと思います。譲り合ってFFが出来て、このような情報も初心者や、川に迷っている人達へのFFの
道しるべになればとてもいいことだと考えます。但し、私自身が自分の足で歩いてきた川のなかでも、厳しい山岳渓流や
林道が荒れていると思われるところ、あるいは谷あいが深く川の帰路に困難を極める川などは出来る限り省略して手軽に
FFを楽しめるところを順次記していく所存です。 また、工事や、自然 災害などで、記載の川と様相や、釣れ具合など
変わる場合もあると思いますのでご了承のうえ、ご覧ください。それから昨今の市町村合併によって旧地名などで
記されているところもあることもご推察ください。また、何分あちこち回って記憶に間違いなどあるかも知れません。
ただただ、記憶の断片を頼りに書いてますので違ったところはご一報くださると感謝いたします。さらに昨今
市町村合併で 地域の呼び名が変更になってるところも多くありますのでご了承ください。

 主な対象魚 (イワナ) (ヤマメ) (アマゴ)  (ニジマス)
 釣れた時期、あるいは釣り対象の時期をなどの詳細は記入していませんので地域、地形、里、山岳など見極めてお出かけ下さい。 

この実釣情報で、気になる場所、行きたいところのさらに詳しい情報をお望みの方には知ってる範囲で出来る限りお答えいたします。
但し、1地域の河川についてのみで、あらかじめ行きたい地域や興味のある河川をお聞き下さい。
 尚、その際は必ずメールでお願いします。

長野県 千曲川(信濃川)水系

 中津川
 黒滝沢
 魚野川 ( 長野県)  
 下流は新潟県になるが、屋敷温泉から上が釣りやすい。川を戻るか1日仕事で栃川出合いまで釣るかで一区切りである。
 帰りは高い場所のうねった道を戻ることになる。栃川だけでも楽しめるが橋の上は禁漁区間があった 。栃川合流から和山温泉間も
 良い釣りが出来る。和山部落の神社の辺りから、川沿いの道で元に戻れるが地元の人に聞いた方がいいだろう。対象魚は
 イワナだがたまに釣り大会後なのか虹鱒が釣れる。自己最高は52cmのイワナだった。FFは雪しろの治まる6月からになる。
 和山から切明の間もいい。黒滝沢は下流は谷が結構深い。林道を行くと車止めに なる左が本流、釣りあがれば川を戻る
 以外にないが、苔むした石、源流に向かって上りながら釣る野趣豊かな場所だ。林道右下の川クルミ沢も岩魚はいるが谷は
 深く降り上がりする場所を探すのが難しい。中津川の最源流の魚野川上流は切り明温泉横の林道突き当りから湖畔寮を
 目指して 渋沢ダムから上が一般的な釣り場である。群馬の野反湖から下ったことがあったが、その後釣り人が遭難したことが
 あり今では渋沢ダム以外からしか入らない事にしている。途中の佐武流も魚はいるがいずれにしても中津川源流域のこの水系は
 完全装備、(テント要)で臨むところであり、しっかりした知識と技術、精神力、あるいは山岳のベテランと 行くべきところで
 この記述を見て安易に行っても責任は負えないし、これ以上記述する事は割愛する。雑魚川 雑魚川 下流は中津川の切明で分流する。
 外の川源助沢、万水川と支流があるが殆どの支流は禁漁であるので気をつけたい。場所的には永年禁漁の
 環境庁指定産卵保護区の泉沢の流れ込む辺りの本流。サラサラ沢出会い辺りからや万水川出合いの本流。
 さらに上の大沢から中沢出合いのホテルが並ぶ辺りの上流部も魚はいる。尺も出るが 23cm前後が多い。


 志久見川
 小箕作川
 大免沢
 大巻川
 小池川 志久見川
 小箕作川
 大免沢
 大巻川
 小池川上流で北野川と釜川に分かれる。北野川は更に天代川と分流する。どちらもいいが極野集落付近で尺が出た。
 天代は上流は細流であり夏は減水するみたいである。北野本流は上流部まで林道が延びていて、魚影も濃い。
 釜川よりはいいと感じた。かって、5月の初旬に極野付近の川沿いでは熊にあったことがある。気を付けたい。
 栄村付近では千曲川本流に、両岸から小箕作川、大免沢川、小池川など小渓が入り込むがいずれの河川にも
 魚は生息してる。他にも小河川はあるので自ら捜すのも
 楽しいだろう。

 野々海川
 寒 川
 飯山市の北部、野沢温泉近くで千曲川右岸から流れ込む小河川。寒川にもヤマメはいたし岩魚もいた。
 野々海川はいいサイズの岩魚が釣れるがエンテイの連続で結構大変である。

 斑尾川
 ウサギ追いしかの山、小鮒釣りしかの川、唱歌ふるさとの歌詞この川らしい。作詞者の高野辰之記念館など
 訪ねながら 感慨に浸って釣るのもいいだろう。小渓だが放流もある。中流部、穴田集落付近から釣れたが
 釣りよりつい旅情に浸ってしまう。

  馬曲川
 木島平村 飯山市の東部の木島平村で信濃川に流れ込むさほど大きくない渓流である。
 馬曲温泉入り口から上流が釣り場である。林道も延びてはいるが高い堰堤もあるので
 留意したい。魚は場所により、かなり濃く思えた。 型は25cm前後であるが人もいなくてのどかである。
 下流部の民家のあるところではヤマメが釣れた。

 樽 川
 山ノ内町 春先は、湯田中温泉街付近から釣れる。ヤマメは良型だがなんだか思いこみだろうが(温泉育ち)の
 ブョッとした感じがする。夏は釣り大会が長期にわたってある。角間、本沢は岩魚。

 鳥居川
 滝沢川
 信濃町 鳥居川は戸隠山に源を発し豊野町で千曲川に合流する流程の長い川である。牟礼〜第一発電所までの
 中下流とその上の戸隠村までの上流域に釣り場は分かれる。
 下流部は虹鱒の放流もあるみたいだ。 上流は岩魚になる。滝沢川やその支流の前川などでの良型が出た。

 宇原川
 米子川
 松 川
 宇原川は須坂市内に流れる鮎川の上流にあり、岩魚が釣れる。隣の米子川も岩魚が釣れる。
 松川も上流の鎌田川などでヤマメが釣れる。いずれも志賀高原西麓を須坂や
 小布施方面に流れる川だが夏もやや涼しく 支流も含めてじっくりさぐってみるのも楽しい。

 大門川
 鹿曲川
 芦田川
 武石川
 長門町大門 依田川の支流である。上流の東沢が良かった。合流部もまあまあである。上流は白樺湖に向かう
 手前の釣堀辺りまで魚は釣れる。大茂沢や本沢も釣れる。依田川は松沢合流付近から男女倉の観音橋辺りまでいい。
 支流、追川も仙ノウ沢もいい。山一つ南の鹿曲川、八丁地川も双方の合流部辺りから釣れる。春日温泉下で
 40cm前後の イワナがDLYで13匹も釣れた事があったがいったいなんだったのだろうと今でも思う。
 放流もそこそこあるみたいで春先は餌釣りの人が右往左往している。芦田川は細流だが上流部に岩魚。
 細小路川も魚がいる。武石川は昔の面影はない気がする。巣栗の集落付近はかっては渓と景に惚れ込み
 通った場所だった。その他の余里川小沢根、茂沢と細流が並行するがイワナ、ヤマメが生息する。

 神 川
 洗馬川
 傍陽川
 青木村 上流は菅平高原からと群馬県境の鳥居峠から流れる渋沢に分かれる。下流は鹿熊川合流付近の
 取水口までであり取水口の下はやった事がない。支流の傍陽川は昔から上流に岩魚がいた。
 釣りは入軽井沢の橋を渡った上からがいいだろう。時折ニジマスも混じる。洗馬川は半田入谷川合流より
 上流になるが初夏になれば葦に覆われてしまう。

 浦野川
 沓掛川
 千曲川の支流ので、青木村の滝山を水源とする奈良本川と、青木峠あたりを水源とする田沢川が、青木の集落で
 合流して浦野川になります。下流は流れが止まっているところも 多く、川も汚れていて気落ちするが産川合流でも
 釣った事があるので放流は確実にあるみたいだ。沓掛川は沓掛温泉より上流で釣りになる。

 内村川 長野県小県郡
 丸子町西内 下流は御代田町の横根から面替、露切峡を経て広戸の発電所の吐出しまでが一区切りである。
 この発電所下のプールはフライマンが良く居る。上流は茂沢の合流前後の本流がいい。更に上流は中軽井沢の
 バイパスから長倉神社辺りまでが釣りやすい。橋ゲタ周りで40cm位のヤマメが釣れた覚えがある。
 更に奥は星野温泉前後になるが イワナが混じる。支流の発地川も春先には良型が出る穴場的存在である。
 夏でもぼさが気にならないなら良型が狙える。

 湯川  長野県北佐久郡
 下流は御代田町の横根から面替、露切峡を経て広戸の発電所の吐出しまでが一区切りである。この発電所下の
 プールはフライマンが良く居る。上流は茂沢の合流前後の本流がいい。更に上流は中軽井沢のバイパスから
 長倉神社辺りまでが釣りやすい。橋ゲタ周りで40cm位のヤマメが釣れた覚えがある。更に奥は星野温泉前後に
 なるがイワナが混じる。支流の発地川も春先には良型が出る穴場的存在である。
 夏でもぼさが気にならないなら良型が狙える

 雨川  長野県南佐久郡臼田町田口地区
 函館に五稜郭という西洋のお城があるがこの場所にも龍岡城と言う名である。その城の上流辺りから
 ヤマメが釣れる。時期により数、型が揃う。ダム上にもイワナ交じりで魚はいる。

 抜井川  長野県南佐久郡佐久町大日向
 過去、ホームグランドにしていたところである。釣行はゆうに200回は超える。一般的には大日向から上流である。
 ヤマメ、イワナ、そしてアマゴが混じる。石は角張っていて川の中に魚の住む(エゴ)が形成される。
 場所により魚影も濃く良方も出る。夏の夕マズメには25cm以上がいくつも釣れるチャンスが高い。
 ダム下の下流の川底はすべるので 気をつけたい。ダム上流は清冽な流れと樹木に覆われた場所が多い。
 夏季、魚は歩くだけで瀬を逃げて行く。.

 相木川
 この川は北相木、南相木の合流からどちらも釣れる。流程は長くそれなりに遊べる。支流も手前から親沢栗生川と
 良い川がある。 合流下の相木川本流では40cmのイワナが釣れた。マズメのウェットも可能な場所である。北相木は
 山口から白岩あたり。南相木は役場付近から奥三川辺りが釣りやすい。どちらの川も上流に小さな湖を擁している。

 大石川 石堂川
 高石川
 本間川
 杣添川
 大月川
 高石川は下流部も上流も釣りやすい。たまに良型が出る。上流はイワナも混じる。本間川は小型のヤマメが多い。
 付近の湯川は下流は濁り水で魚はいないが支流の牛首川には イワナが生息する。杣添川は下流部は平坦で
 小型だが魚影も濃く練習向きであるが奥は深い。大月川も本間川クラスの小河川である。この4河川すべてに
 共通する事だが これらが 合流する本流(千曲川)辺りでは良く大型が釣れる。アマゴ43cm
 岩魚50cm(本間合流下エンテイ)などの記録が出た場所でもある。小渓だが市野沢川の線路沿いのボサで
 尺やまめが何匹も出たことがあった。上流には岩魚がほそぼそと生息してる。大石川は春に放流がある。
 支流、石堂川も合流から釣れる。


 千曲川
 川上村 千曲川のヤマメは下流は臼田町辺りから釣れるがFF雑誌でよく紹介される場所は川上中学校から居倉
 秋山あたりだと思われる。源流部の西沢では40cmの黄金に輝くくかのごときイワナが釣れた。
 金峰山川はポピュラーになってしまったが 川端下から上流。小川、黒沢川も釣れる。一般的な千曲川は
 放流河川の釣りの代表的存在に なってしまった村内を流れる。


 長野県 千曲川支流 犀川水系 

  楠 川
 信濃川の支流犀川、さらにその支流裾花川のまた支流の川だが流程も川幅もある戸隠高原近くに水源を
 持つ川である。渦熊川合流下の広瀬の集落辺りはヤマメ。上流に行くくに従いイワナが多くなる。
 奈良尾沢合流までは開けていて釣りやすい。 型もまあまあである。

 裾花川
 本流は濁りがなければ鬼無里村内から釣りになる。東京からダム下までも大型が出る。支流、天神川は
 石もなく道沿いで 一見いなさそうに見えるが、場所にっては良型のイワナが出る。小川は合流からでも
 いいが左から入る冷沢(2つある)の出合いで 良型が出た。しかしその後釣り仲間が熊に合ったところでもある。

 土尻川 
 金熊川
 金熊(かなくま)川も土尻も聖沢川も放流に頼った河川なので早期以外は期待できない。長野オリンピックの
 ための道造りで土尻川は完全に変わってしまった。聖沢川は小さな流れだが魚はいた。ほかに小川川など
 あるが今は記憶がない。農具川 長野県大町市 仁科三湖の一つ木崎湖から流れ出ている川で大町の街外れを
 南下している。殆どが護岸帯でさほど川もきれいではない。しかし、何度も尺ヤマメが釣れた。WETでやると
 大型に合える。 但し場所により尺級のウグイに悩まされるがこれもWETの練習と思えば楽しい限りである。

 鹿島川
 大冷川
 大川沢
 北アルプスの槍ヶ岳のすぐ真下で釣る感がある。爺ヶ岳スキー場より上の矢沢から上流に行かなければ夏季は
 水量が乏しい。 サンアルピナスキー場の方に抜ける道のところで黒沢と言う小さな川が合流する辺りが釣り
 やすかった。 上流は大川沢、大冷川と名前を変える合流付近。これより上流、どちらも岩魚がいるが
 上流部は殆ど登山者の域である。

 高瀬川
 篭 川
 篭川は大町アルペンライン(黒部ルート)の道沿いにあり入渓はしやすい。しかし、雪しろは6月まである。
 水も冷たいが岩魚は釣れる。高瀬は高瀬ダムより下流は葛温泉より上の本流とわずかな支流だけである。
 高瀬ダムより上は一般車は入れない。タクシーは入れる。晴嵐荘に泊まるなどして、ゆっくり攻める以外にない川でもある。

 乳 川
 中房川
 烏 川
 四賀村
 長野県松本市 犀川の支流、穂高川。三河川ともその支流になるが中房川は厳しい場所が多いのでベテラン向き。
 乳川は下流域でもヤマメが出る。上流は二股以遠のどちらも岩魚が釣れる。川の水はきれいだが、その名の通り
 少し白っぽくないでもない。烏川は上の須砂渡ダムは禁漁だった筈だがその上の小さなダムではシンキングで
 遠投し 40cmクラスの岩魚が釣れた。魚が泳いでるのも確認できて管理釣り場のようだ。
 常念岳登山道に沿って本沢はある。

 保福寺川
 女鳥羽川
 薄 川
 長野県松本市 保福寺峠に向かっていくと川が離れる辺りで護岸を降り釣りあがるといつも釣れた。下流もヤマメがいる。
 最近何故か上流で25cmのブルックトラウトが釣れた。理由はわからない。女鳥羽川は上流は禁漁区であるが
 R254沿いでかなり下流から良型が釣れる。葦が多いのそれなりの技術と根性が必要である。左岸から
 美鈴湖の水が流れ込む場所より上流は水もきれいだが下流は釣趣に欠ける気がしないでもない。薄川は上流部に
 扉温泉がある。下流の松本北高校辺りは映画「白線流し」の舞台にもなった。もちろん放流はあるみたいなので
 春先はこのような護岸帯の流れでもヤマメは釣れる。


 鎖 川
 小曾部川
 朝日村 鎖川は下流部の中沢橋、その上の朝日橋付近でもヤマメ主体で釣れる。大石原から奥で川は三つに
 分かれる。 支流に禁漁が設定される場所もあるので注意したい。付近は公園化していて塩尻や松本市民の憩いの
 場のようだ。 水は冷たく岩魚が主体の川になる。小曾部川は農道沿いの里川だがヤマメはいる。上流には岩魚もいた。

 島々谷川
 黒 川
 奈 川
 安曇町 島々谷林道は一般車両の通行が禁止されているので、徒歩のみので行く。上流には険しい場所もある。
 下流部の本流筋は矢嵩沢(やたけさわ)”を左岸に見て釣りあがると小嵩沢辺りくらいまで遊ぶといいだろう。
 奈川は奈川渡ダムには大型のレインボーやブラウンまでいるらしいが残念ながら竿を出した事はない。奈川本流は
 境川合流やキャンプ場付近と流程も長い。魚もそこそここに居る。しかし、支流黒川の方がいつも良く釣れた。
 夏季は国道が上高地の車で渋滞になる。

 奈良井川
 橋戸沢
 黒 川
 楢川村 R19号(木曽街道)沿いに鳥居トンネルを越える手前までが奈良井川であり越えると木曽川である。
 分水嶺を日本海に向かい梓川と合流し、犀川となりやがて信濃川のなる。江戸の面影を濃く残す中仙道奈良井宿は有名だ。
 釣りは国道筋なので自身の判断であちらこちらと竿をだすしかない。普通は贄川から上流だと思う。権兵衛峠に抜ける
 都合沢も小型だが岩魚は濃い。橋戸沢は林道が伸びてるが細流である。奈良井ダム上の黒川は平坦で釣り易い場所も多い。


 群馬県 利根川水系 支流

 片品川 中流
 片品村御座入 小川との合流のダム下にあたる場所で御座入(みざのり)橋の上下、下は尾瀬フィッシングライブ辺りから
 上はクリーンセンター辺りまでたっぷりある。毎年、雪しろの増水時に大型のドライフライ(#10〜#8)で荒瀬の中のわずかな
 ヨレを見つけては良型をHITさせている。25cm以上が3回の釣行で40匹と好調だった日もあった。但し、そのころは流れが
 強いので留意して入川していただきたい。 流れも落ち着いてしまったり、減水になると魚は数は望めない。ウグイも
 多くなり型もいまいちだが夕方のWETでは大物が出る場合がある。支流、大立沢は下流でヤマメ、上流は岩魚。
 小立沢も同じようにいるが遊びで入るくらいだ。

 群馬県 利根川水系
 片品川 上流
 片品村戸倉 戸倉ダムから大清水までは魚も出るが人もよく入る。大清水からはゲートをくぐりすぐに道が二手に分かれる。
 左が一ノ瀬で支流は細流が多いが柳沢は下流からよく釣れた。右の中の岐沢は大清水から釣りあがる方法と
 靭(うつぼ)の滝の上から入るのが一般的みたいである。 更に上に進むとスーパー林道が少し大きな橋を渡る。
 眼下が東岐沢で北岐沢に橋の下流で合流する。どちらの川も片品川のほとんど源流部である。ヤマメは根羽沢出合いから
 うつぼ滝間で良型が出る。滝上は殆どイワナである。最近は35cm位は良いほうである。支流根羽沢はゲートから入ると
 林道を1km行くかいかないうちに林の中に右に行く細道があり吊り橋がある。そこから入ると鉱泉跡の流れと思わしき
 白根沢がすぐ右に確認できる。更に釣りあがると終点近い林道の辺りで右から大薙沢が入る。ヤマメも時折混じり遡行も楽な
 川だが大薙沢小規模なゴルジュ上には8m程の滝がある。FLYではこの辺りまでで充分である。
 いずれも、大清水から少し離れた山の中なので熊も出るだろうし無理は避けたい。


 片品川 下流
 利根川合流から昭和村の下久屋のダム下までが釣り場である。春先は国際マス釣り場横あたりの本流が放流も多く
 狙い目。夏季WETでは合流部はもちろんの事 昭和中学あたりの両岸と昭和村の役場横の橋下辺りでは
 35cm級が釣れる。尺上の記録は夕方1日で8匹があった。

 東小川 (大滝川)
 春は片品川の合流からでヤマメ、夏季は取水されるのでとうもろこし街道を過ぎた辺りの右のドライブイン上の
 取水口より上流。 仁下又沢合流までは水量がある。カラクラ館(旅館)を右に見て更に上流は、白根魚苑下より下の
 堰堤までが釣り場。 増水するとニジマスが逃げるのか、テリトリーを持った25CM前後のが良く釣れる。
 多いときは50匹ものマスがRODをしぼる。 それはそれで楽しい。あとはたまに小型のヤマメ、25CM前後の
 イワナ。但し、ブルックも混じるので背びれの独特の縞を魚に確認した時はブルックトラウトである。尺も出る。
 入渓は道路沿いなので楽である。釣行二回で80匹ほどのニジマス。16匹のイワナなんてこともあった。


 笠科川
 大赤沢合流より上流の方が釣りやすいし魚もいるように思う。津奈木沢合流より上にもイワナはいるが夏季尾瀬の
 マイカーが混む辺りだし、マイカー規制がかかるところでもある。坤六峠までずーつと道沿いにある川なので入渓も
 しやすく移動も楽な川であるが人もいる。


 車 沢
 下流は取水されていて殆ど水はないが春先にはヤマメが出るときもある。川から離れた林道を行くと砕石場の下の
 橋を先ずわたる。此処から下流はなんとなく途中で右の林を下りる道が見えて確認出来る。いずれにしても上流に
 大エンテイがありそこで一区切りである。岩も大きく苔むしてまさに山岳渓流の様相だが林道は奥まで伸びる。
 その上の橋で川と林道は離れるのでそこから入るとすぐにオオシホ沢が右から入る。その先の川は水も少なくチャラ瀬が
 続くが深みを見つければ必ず良型のネィティブなイワナに出会える。帰りはそま道と林道跡を右岸に頼りながら
 帰路につける。しかし、熊も出没しそうな ところなので注意したい。


 綱沢  大沢
 綱沢は塗川の合流部からも釣れる。道が大きくカーブした辺りの材木置き場の下に小さな取水があり、そこから上流は
 源流部まで僅かにヤマメ交じりでイワナが主体で釣れる。花咲温泉裏の大エンテイで一度分断されるが、その上流の
 道沿いから入れるところにも岩魚はいる。ボサも多いが魚もいるほうだと思う。 大沢はスキー場やペンションなど
 ある所為か水はあまりきれいではないが魚は釣れる。


 塗 川
 片品村花咲 春先に片品川合流の幡谷集落付近でヤマメが沢山釣れた。もちろん片品川になるが幡谷の発電所の
 吐き出しの プールでは45cmのイワナ、37cmのヤマメが釣れたところでもある。十二社近くの養魚場のそばの
 エンティのプールでは 時々大型のイワナが釣れる。上流は東俣沢。下流は綱沢の合流辺りからが一般的である。
 綱沢も小型だがイワナはいる。


 栗原川
 利根村追貝 泙川と山を挟んで並列するように片品川に注いでいる。利根村役場裏のゲートボールの体育館のところが
 合流部である。今はその先にキャンプ場があり上流に行くには声をかけて下さいと看板がある。下からは2段エンテイまで
 かなりの距離で楽しめる。2段エンテイの上に行きたい向きは決してエンテイ下の左の崖をとっついていかない事。
 過去事故が多発している。もちろん死である。エンテイを見たら200m程引き返すと上流に向かって右側の椎茸の栽培を
 している林にエンテイ越えの道がある。エンテイの上は河原も広く気持ちいい。ヤマメ岩魚混生である。しかし、しばらく行くと
 またしても大エンテイであり、一度引き返したい。上流に行くには利根村の追貝原から林道が延びている。やはり川と一緒で
 本流は林道の道や、眼下を降りて、釣りあがれば蛇行した林道を戻るという、結構大変なアルバイトを強いられる。


 根利川
 利根村根利 赤城沢にある日本岩魚センター下流で取水され、そこから下は石も滑るし釣趣に欠けるが放流はある。
 一般的には赤城沢を取水口に下りる階段から降りて小松橋までとそこから高泉沢のエンテイ位までが一区切り。
 小松の橋はいつも何台かの車が止まっている。あとは、その上の根利の集落の橋を基点に子助沢まで下がって
 から釣りあがるか、橋のすぐ上で倉見沢か新地沢を釣りあがる。上流は根利牧場前後で岩魚が良く釣れる。
 下流はヤマメ主体。 昔、奈良の吉野川がアマゴ銀座と言われていたころこちらはヤマメ銀座と称した人がいた。
 かっての名川は魚の面影は薄れながらも、いまだ釣り人の行き来は頻繁である。 


 赤城川
 利根村青木 片品川合流から青木集落あたりは山女。あるいは赤城西麓水管橋前後。鷹の巣橋から銚子滝くらいまでは
 イワナがいい。また、親水公園にあたる水源の森の前後の流れでも岩魚は釣れる。公園化した中でも岩魚が
 釣れるのである。最高はイワナの32cmヤマメ26cmだった。


 荒砥川
 粕川
 大猿川
 群馬県前橋市 いずれも赤城山南麓の小河川だが2004年12月5日から町村合併で前橋市になり、何だか市と
 付くところで渓流魚が釣れるのは不思議な面持ちである。それは此処に限った事ではなくこれからはあちこちで感じるものに
 なるだろう。荒砥川は春先に天神山前後で放流がある。上流の別荘村あたりは夏でもヤマメが釣れる。粕川は山麓を
 横切る南面道路の前後から大エンテイまでと滝沢温泉付近も釣れる。支流大猿川は魚影も濃い。まれに
 25cmクラスが釣れるが上流は小さなエンテイが続く。留意したいのは林道から葦の中を抜けたりして川に出た際に
 大滝の上に突然出るなんて事もあり転落したらひとたまりもない。小さな川だがあちこちに滝とエンテイがあり
 慎重に川を見極めたい。

 沼尾川
 渋川市3月の解禁から良く釣れる。よくミッジで頑張ってる人を見かけるが3月には実際#12番くらいのマエグロヒメフタオや
 エルモンが浮化しているのでせめて#14番位のFLYで流芯周りを攻めたい。湧水が混じるのか春先からDLYでOKであり
 22cm前後がよく釣れる。田畑の取水前は合流から親水公園のあたりでも出る。一般的には小池科学下の取水口より上流。
 関越の鉄橋の下の橋辺りから橋元屋という衣料品店で一区切り。そこの橋からは深山の集落の信号のある橋のところまでで
 また一区切りの感じである。葦のある狭くて深い流れは大物が出るので留意したい。最高は37cmのヤマメ。25cm位なら
 初心者でもめぐり合えるチャンスが大である。しかし夏季は葦に覆われ河原に降りる事もままならなくなる。
 上流は林道が伸びていて水も清冽だがRODは振りづらくなる。近年、春先は餌釣りが多くなった。 

 群馬県 利根川水系 本流
  利根川  前橋市〜水上町
 前橋市内はサクラマスが釣れるのと戻りヤマメと呼ばれる(利根大堰上がり?)でにぎわう。しかし、それも雪しろ前とあとだけ。
 その後は夕方WET狙いとルァー、餌の人が点在する。渋川に渡る坂東橋の下は大物のヤマメ、サクラマスが上がるのか
 釣り人は絶えない。子持村管内で浅見河原と呼ばれる砂利ヤの辺り。その上の宮田橋の上下。更に赤城村内の
 敷島温泉横、敷島橋上、それから長滝と呼ばれる赤い水管橋のある辺り。沼尾川の合流。ひするまキャンプ場の前と上の
 鉄橋下などが 入りやすいヤマメの釣り場である。さらに上流は岩本の発電所の上のダムで大型のレインボーや
 ヤマメが狙える。片品川合流の上下も狙い目。それより上流の月夜野はトラックターミナル付近か赤谷川合流か小松の発電所の
 吐き出しより下がポイント。 雪しろの治まったあとの水上近辺の本流は藻が石にまとわりついて釣りづらいし魅力が半減する。
 WETでヤマメの大物が狙えるのはやはり渋川、沼田間になるだろう。尺上の可能性は多大であり、43cmが過去釣れた。
 実際のところ通って狙えば希望を託せるサイズは35cm前後である。また暗い中でWETで頑張るのだからその位は釣りたいもの。



 阿能川  群馬県利根郡水上町阿能川
 R291の若栗橋から新幹線の横切るエンテイ下までを一区切り。殆ど温泉地内である。上流は道の対岸のひのき食堂の
 上下で上は関越自動車道の下の段々エンテイまでである。護岸がきれいにされていて人工河川に見間違うような川だが
 ヤマメはいる。段々エンテイの中には尺近いのが確認できるがすれている。それより上流は石段をのぼり大エンテイの
 上からである。水色の導水パイプのあるあたりで川は分流するが右の方がいいみたいである。たまにヤマメの大型が出る。
 下流も上流もイワナは混じる。但しエンテイ上は山ビルがいっぱいなので雨後は避けたい。
 その堰堤の中には大型がいるが砂などで埋まってしまわない事を願う。


 谷 川  群馬県利根郡水上町谷川
 温泉より上流では水も少なく伏流するところが多い。谷川くるみ村(ペンション村)あたりから奥の谷川温泉までが
 釣り場。 おっかな橋という吊橋は温泉の入り口あたりに架かる。ヤマメだがたまにイワナ、そしてつかみ取りか
 釣り大会の名残なのかニジマスが混じる。


 赤谷川  群馬県利根郡水上町
 下流は利根川合流から2kmほど上にある発電所の吐き出しまで、中流部は太助ドライブインの裏手の辺りの
 上下と湯宿温泉くらいまでがいい。放流があるらしく良型のヤマメ、イワナが釣れる。上流は赤谷湖から上で西川と
 赤谷川に分かれる。赤谷川は川古温泉下で茂倉沢と小出俣沢が合流する。小出俣沢はダム下も上も時折尺級の
 ヤマメが釣れる。茂倉沢は小型だがイワナの魚影は濃い。本流は上流で取水されてるので温泉横の車止めから徒歩で
 40分ほど行ったところからが本格的な釣り場である。左から入る渋沢はボサなので春先以外は草が覆い繁って釣りに
 ならないがイワナの良型が多い。本流は金山沢まで清冽で釣りやすい。小出俣沢は温泉下の広場に近いところの
 林道入り口のゲートから歩いてダム上にある。ダム上は千曲平橋前後までが釣り場だが、ダム上から入ってもすぐ
 上に堰堤があるので、ダムより200mほど行ったあたりで右に見える堰堤を確認してから、入ったほうが良いだろう。
 ダム下流は何故か大出俣沢と言われる。西川は下流でたまにダム差しの大型が釣れる。合瀬の合流辺りも狙い目だが
 小型のヤマメが多い。むしろ法師温泉近くの法師沢近くがいい気がする。支流のムタコ沢はイワナが出る。


 小日向川  群馬県利根郡
 水上町小日向 水上温泉の旅館街の東側で利根川の左岸から流れ込む細流だが、下流は護岸で上で取水されている。
 最後の家を過ぎ、頭上に導水橋が見えた先からが釣り場である。林道は少し伸びていて処々にエンテイがある。
 ボサもあるが日陰が多く夏は涼しく遊べる。下流で小型のヤマメ。イワナは25cmくらいは望める。隣にある、かの沢も釣れる。
 場所は水上駅の真裏(東)にある。


 湯檜曽川 群馬県利根郡
 水上町藤原 道が分岐する利根川との合流から釣れるが一般的には湯檜曽温泉のホテル湯の陣前後の本流。
 あとは土合駅周辺と東黒沢、西黒沢の流れ込むところより上流が釣り場。谷川岳の山あいを流れる河原の広い
 上流部は夏の釣り場である。支流はマチガ沢、一の倉沢、東、西黒沢にも小型だがイワナはいる。赤沢はエンテイから
 釣りあがるとまもなく上越線の下に出る。細流だが魚影は濃い。湯檜曽川は下流部でヤマメ。上流はイワナが主体になる。

 
 宝 川 群馬県利根郡
 水上町藤原 利根川の藤原湖の上流に流れ込む支流で林道と流れが近づく宝川温泉の上からが入りやすい。
 上流には車止めゲートがある。板幽沢はイワナは小型だが数はいた。朝日小屋の前辺りではマズメに良型のイワナが出る。 


 八木沢川 群馬県利根郡
 水上町藤原 奥利根湖(八木沢ダム)に流入する河川についてはボートがないと行けないので割愛する。上にいけないと
 知った釣り人はダム下の左の八木沢につい心が迷って入りがちである。自身もそうだったが型を望むなら2時間は
 上流に行かないと無理である。赤羽沢合流下でやっとである。

 楢俣川 群馬県利根郡
 水上町藤原 現在、ダムが出来て川の上流に行くにはどうするのか定かでないが、木の根沢の咲倉沢近くのゲートから
 歩いても ダムの流れ込みに出るには1時間半くらいかかる。途中、洗の沢 座座良沢を横切りダムを左に見て林道を
 行くと楢俣川下流部である。ヤマメの尺級が出た日の記憶も今では遠い気がする。更に上流も水位観測小屋で右から
 ヘイズル沢が流れ込む。 最初の小さな淵にはいつも40cm級のイワナが停泳していてマズメにHITさせたことがある。
 その上流のアルキ沢には中型がいっぱいいたが登山経験のない人は行かないほうがいいと同時に残しておきたい種沢の
 思いがする。本流は狩小屋沢合流までは減水時はさして高巻きの場所もなく釣りやすい。一箇所、4mくらいの深さの
 釜がある場所で白泡の中から#12のビートルパラシュートに飛び出し、5分以上のやり取りの末に仕留めた36cmの
 ヤマメはパーマークはしっかりしていて茶褐色の魚体に黒いしゃくれた口元、鼻曲がりの精悍なものだった。狩小屋で
 沢伝いに上がれば帰りは林道を帰路につける。奥に行ってもサイズや釣果にはさほど差がないと感じた。
 キャンプしたときの日、ヘイズル合流の下でも尺上のイワナが何本も釣れたことがある。昨今は果たして?  


  武尊川
 名倉沢 
 夜後沢 群馬県利根郡水上町藤原
 名倉沢は下流から山口の集落辺りまで、武尊川は武尊橋から裏見の滝下までである。滝上もやったがさほど魚影は濃くない。
 全体に魚はまばらだが25cm前後のイワナは釣れる。夜後沢は体力に自信と登山経験があるなら大滝の上に行けば
 イワナは釣れる。しかし、川の入り口にはいつも釣りと思われる車が止まっていることが多い。


 木ノ根沢 群馬県利根郡水上町藤原
 湯の小屋温泉付近からヤマメが釣れる。上流に行くに従いイワナになる。手小屋沢も気になる向きは合流から
 林道に出る辺りまでやってもいいだろう。さらに、上流は坤六峠に差し掛かるところまで釣りになる。道路沿いなので
 どこからでも 入渓出来る。何故か秋口がいい。


 薄根川
 溝又川 群馬県沼田市
 下流は天神橋下辺りからがヤマメの釣り場。川場フィッシングプラザ下の渓流荘という旅館の辺りから入るのもいい。
 あとは川場中学からも入渓しやすい。支流、田代沢にも小渓なが らヤマメ、イワナがいる。上流部は赤倉にもいる。
 川場谷をキャンプ場の方に上がれば堰堤があり流れ込みに岩魚ヤマメがいる。高番手のRODでシンキングでストリーマー。
 遠投でドライで狙えば尺級のイワナのチャンスもある。キャンプ場前後もボサはあるが岩魚の釣り場である。
 溝又川は門前より上の護岸のエンテイごとに春先はヤマメが出る。上流は小型ながら生息。


 発知川 
 桜川
 四釜川 群馬県沼田市
 発知川は薄根川合流部もいい。抗門橋まではヤマメが主体。迦葉山の弥勒寺より上は養魚場の横を釣りあがり
 鹿の又の合流辺りまで釣って玉原湖線の道路を戻る。桜川は春先は下流部もいいが、夏は富士山ビレッジの上の
 涼しい林の中がいい。小型だが岩魚が楽しめる。四釜川は関越の橋の下辺りと、十間橋辺りで入渓しやすい。
 田んぼを川に降りる道も幾つかある。上流は上佐山で池田トンネルの前後でヤマメ、岩魚の良型が出る。先行がいたりして
 スレテいても瀬や深みでかなりの魚影を眼で確認できるはずである。更に上流はナメの続く場所があるが岩盤の割れ目や
 わずかな底石を見つけてDLYで狙うと思わぬ釣りが出来る。


  吉見沢 群馬県利根郡水上町上牧
 上牧の駅の上の奈女沢の分流である。奈女沢も岩魚がいるが川沿いの道は私道なので留意したい。
 吉見沢は最初の集落辺りと橋を渡ったところで良型のヤマメが釣れた。
 護岸が多く上には取水がある。水のある春先は面白い川だった。


 白沢川 群馬県沼田市
 かって片品川の合流から入ってとてもいい思いをしたが一般には120号の上、奥利根フィッシングパーク近くのところで
 入るほうが楽である。ヤマメは少ないがいる。上にダムがあるがその上流は、か細い水源の水が流れ込んでいる。
 栗生ダムはやってないので推しかねる。

 入沢川 群馬県沼田市
 入沢川は沼田から高山村に抜けるR145を川田小学校の交差点を左折すると橋に出る。下流は公園化して
 いるが魚はいる。上流は田中集落で2つに別れ左が前入沢となる。田んぼの中のボサの川だが
 やれるところだけをやっても価値がある。 春先は毎年尺ヤマメにお目にかかる。 


 群馬県 利根川水系 (吾妻川本支流)

 名久田川 群馬県吾妻郡
 高山村 春先は吾妻川の合流から良型のヤマメが釣れる。しかし一般的には赤坂川の合流から高山村役場辺り
 までである。それなりにあたれば良型を2桁釣る事も可能である。ただ、鮎を放すと禁漁になるみたいだ。
 支流は赤坂川とその支流の蟻川でポツポツながら釣れる。五領沢は温泉の上下に釣人をよく見かける。
 西沢は下流部は護岸の川ながら岩魚の生息が確認できる。赤狩川は下流は濁り気味だがヤマメはいる。


 胡桃沢 群馬県吾妻郡中之条町
 街の国道から少し入った場所から釣れた。釣れたと言うのは3年ほど前の水害でだめになる以前のことだが
 復活もありえると思う。護岸でエンテイの川だが良型のヤマメには何度も会えた。


 須郷沢
 吾妻町原町 此処も胡桃沢より更に細い川だがR145の上下からヤマメはいる。原町中の横の道を
 北に向かうと橋を渡る。そこを左折すると幾つかエンテイがあるが25cm以上のヤマメが確認できる。


 沼尾川
 群馬県吾妻郡東村岡崎 赤城にある。沼尾川が大沼の尾に位置するのなら、こちらは榛名湖の尾になるのだろうか。
 群馬の人は赤城沼尾、そしてこちらを榛名沼尾川と区別しているみたいである。下流、砕石屋の辺りではよく大型が出る。
 水もきれいではないし、趣きはないがマズメにドライで35cm位のがでる。 林道の奥の上流は水もきれいで
 20cm前後のヤマメながらそこそこ釣れる。


 奥田川
 東村役場の辺りから、つまり日陰道と言われる渋川、吾妻線の道路の上下からでも春先は釣りになる。
 放流ヤマメと思えるが緑が色づくとすぐにあちこちが葦に覆われるが上流も含めて侮れない。
 それは、入渓した人なら体感しただろうが、尺級も釣れることがあるのである。


  泉 沢
 奥田川のひとつ西よりの川で奥に集落があり方の道がある。下流は護岸とエンテイ。上流も同じだが
 山間に有る分だけ自然の感じがする。25cmくらいのヤマメなら会えるかもしれない。

 深 沢
 大谷沢
 大戸 合流からでも釣れるが、上流にある釣堀の上下が狙い目。榛名湖に抜ける林道沿いもぽちぽちいる。
 大谷沢は下で取水されてるのでその上に入りたい。林道は砕石屋のトラックが頻繁に行き来するので気をつけたい。
 やまめ。岩魚といるが魚影はさほど濃くない。道も荒れている。

 見城川
 温 川
 今 川
 見城川下流は春先はヤマメがよく出る。夏の涼しい日もいいときがある。しかし水は濁り気味。雨のときは先ず望めない。
 護岸は降にくい場所が多いので気をつけたい。川は開けている。温川は早い時期に鮎放流で禁漁になる。
 下流はキャンプ場付近。上流は鳩の湯温泉の下が釣りやすい。温泉上流は分流が入り込むが岩魚が主体。
 今川は温川合流から羽田、若宮の集落のある上流部もヤマメが釣れる。最終エンテイ上にも良型のヤマメが
 確認できるが細流でボサである。田んぼの中の里川だが思わぬ型のヤマメに出会える。自己最高は31cm。

  雁ヶ沢
 R145を河原湯温泉に向かう途中に川中温泉がある。R145を左折して向かうとその上下にあるのが
 雁ヶ沢でありヤマメはいる。上の高日向の集落辺りで川をのぞくと良型のヤマメが走るのが見える。
 流程も短く道沿いの林間を流れる川だがのんびりと遊ぶのもいい。

  沢渡川
 反下川 中之条町
 上沢渡 四万川の合流、天然橋〜寺社原間も春先は釣れるが、一般的には沢渡温泉から上流が釣り場である。
 ただ、川は反下川合流から沢渡温泉の間は主道を左にそれた寺社原の村落の方を沢渡大橋まで流れている。
 その区間はちょっとした穴場である。本流は20cm前後のヤマメ、支流蛇野沢、唐松沢もいい。それより上流は
 大岩の集落付近での釣りが一般的である。不動沢は上流は迂回した山道があるが入り口付近で岩魚が釣れる。
 支流、反下川には、反下の湯(たんげの湯)の看板を目印に曲がり取水ダムを右の眼下に見て更に上流川沿いに行くと
 下反下の集落。この辺は岩魚交じりでヤマメ。温泉近くの右の滑沢は上流で岩魚が出る。本沢(東亜沢)は
 渓相がいいが釣り人も多いのか魚は少ない。

 四万川
 新湯川
 小倉沢川 群馬県吾妻郡中之条町
 地元では山田川(地名と橋の名)と言われている四万川下流部も釣れる。湯原橋を渡ってからの取水口上は
 水の流れは少ないが温泉下まで釣れる。春先は良型のヤマメに会える。温泉上流は日向見川で摩耶の滝まで
 本流のダム上にも川は有るが無理していくほどでもないような気がする。それよりは支流、新湯川の下流部の
 エンテイ下の護岸帯の流れと小倉沢川合流までが平均していい。小倉の滝のある小倉沢川も良型の岩魚がいる。
 但し山ビルが多いので雨後や雨のときなどはとくに気をつけたい。もちろん晴れていてもである。

 駒ケ沢
 八石沢
 矢倉川 群馬県吾妻郡六合村
 沢渡から暮坂峠を越えると駒ケ沢の上流に出る。キャンプ場近くの辺りは平坦で釣りやすい。下流は道とは
 なれるので国道から入った最下流の取水上からの釣りになる。途中の大エンテイで暮坂から降りてきた道に出れる。
 この大エンテイのプールには尺級のヤマメがいる。矢倉川にも林道突き当たりに取水があり、その上からが釣り場である。
 全川岩魚だが釣りあがりは知らないうちに段々に岩を上がらされる感がする。上流は野反湖に近いところにある八石沢は
 下流からは入ってもすぐに滝の連続である。一般的には新しく出来た道が暮坂峠に続いてるのでその道が川沿いになる
 ところか橋が渡っているところからかである。橋上のずっーと奥は夏はかなりのボサであるのと釣りあがっていくと川を
 戻らされる事になる。 上流部に林道は有るが私有地であるため橋の近くの入り口にゲートが設けられている。

 長笹川
 白砂川 群馬県吾妻郡六合村
 下流は川が温泉となってる尻焼温泉で有名である。これはヤマメの生息する長笹川本来の流入ではなくガラン沢などの
 関係でありもちろんその部分には魚が生息するすべもない。一般的な入渓は上流部にまたがる林道からで取水口の上からが
 釣り場であるが、下流でも良型の岩魚が出る。もともとはヤマメの生息河川ではないが上流部に有った鉱山に居を構えていた
 人たちが離していたものらしい。従って標高1500m日本一高い場所に生息するヤマメらしい。白砂は和光原より上流の
 本流では大型の岩魚がゆうゆうと泳いでいるのが確認できる。白砂川はもともと弱酸性で下流部には魚の生息は
 ないらしいが最近は、それが流入する吾妻川でも石灰による川の蘇生でヤマメが放流されて釣れるらしい。
 入りづらく険しいところもあるので無理はしないほうがいいだろう。


 干俣川
  馬洗井戸川 群馬県吾妻郡六合村
 干俣川は吾妻川合流からつれるが上流本沢がいい。もとさわ橋までは道沿いで釣りやすい。馬洗井戸川は
 干俣合流すぐ上の大エンテイからの釣りと上流宇田沢になる。高原の中に畑があり、その山間を流れる川なので
 容易に入る場所は川を渡る橋以外と一部道沿いだけである。それだけに橋の前後で釣れなかったと言って川を
 結論付けるのは早計である。大横川もいい。

  大沢川 群馬県吾妻郡嬬恋村
 R144を行くと右手に田代発電所がある。左の吾妻川を渡ったウダラ沢の所に車を止めて吾妻川右岸を登ると
 砕石屋のゲートをくぐりぬけ10分程のところに大沢川が吾妻川に合流している。かって林道は伸びていたが今では
 荒れ放題。下流部の釣りはその左手の山からの細流の岩魚がよかった。サイズもいい。かって大沢の本流部も
 下流では40cm近いのヤマメが何匹も釣れたこともある。。上流は上に横切る道があるので別に入ったほうがいいだろう。
 大沢滝までがヤマメ、岩魚の混生。以遠は岩魚になる。大笹の泉沢の本支流にもヤマメはいる。


 湯尻川 群馬県吾妻郡嬬恋村
 雪山賛歌の鹿沢温泉の横を湯の丸高原から流れる川である。場所によっては公園化され遊歩道の付いた
 場所もあるがヤマメは釣れる。型は小さいがそこそこ楽しめるし涼しい。春先は雪しろがあるので水は冷たい。
 となりの小池川と鳥居川(吾妻川上流)と 両方で遊ぶ気なら一日中楽しめる。夏季はまあまあ涼しい所である。
 鳥居峠を越えると上田市になり神川がある。

 熊 川
 地蔵川
 小宿川 群馬県吾妻郡長野原町
 かっての名川で軽井沢のヤマメの宝庫と言われた熊川も今はその面影もない。開発が進むと自然は衰退する。
 その意味では地蔵かわも小宿川も同じである。しかし放流もあるのと夏は涼しいのでそこそこ遊べる。
 たまにニジマスが釣れたりもする。熊川は照月湖付近がわかり易い。

 吾妻川 群馬県吾妻郡嬬恋村
 下流は、草津や万座などの温泉の影響で渓魚はいないだろう。更に下流の小野上付近では中和剤の石灰が
 投入された河川で鮎釣りは可能になってはいるが渓流釣りとなると勇気がいる。万座鹿沢口駅より上流の本流が
 一般的だと思う。田代発電所付近や嬬恋村地内がいい。


 群馬県 利根川水系 (烏川 鏑川 碓井川 神流川)  

 烏 川
 一般的には倉渕役場近くの水沼橋からが入りやすいが、春先は落合橋下のプールのライズ狙いやその上流の
 砂利ヤ付近もいい。権田のあたりから満寿池裏までは春先にも良型が出る。川浦橋の上の護岸帯のコンクリートの
 沈み石の周りはよく魚が付いている。春先は落合より、更に下流の森下橋上のプールでもライズが確認できる。

 榛名川
 滑 川
 榛名川下流(烏川合流部付近)は春先以外は上で取水され流れはない。榛名山頂に向かい鶯の里あたりか
 道沿いの「びくや」という食堂付近がいい。流れは少ないが榛名神社門前の郵便局裏や、さらに上流の道沿いにも
 良型はいる。右の榛名神社の方は禁漁だと聞いている。滑川は下流からヤマメがいるが川の流れはきれいではない。
 ロイヤルオーク(ゴルフ場)あたりのところは感じがまあまあでありマズメにはライズ狙いで良型に合えるかも知れない。

 相馬川
 三沢川
 滑 川
 3河川とも烏川の支流であり右岸に相馬(あいま)川、三沢川、更に上流の左岸に滑川である。途中の左岸に
 亀沢鉱泉付近から 差し込む川にもヤマメは確認できるが護岸が 殆どである。相馬川は烏川の合流から
 少し高いエンテイまでが一区切りである。更に上流は林道でいく。川はきれいだが夏は渇水気味である。
 しかし橋桁周りなどの思わぬ場所で良型ヤマメにあえる。三沢川はボサが多いが魚影はある。
 滑川はキャンプ場や休暇村などがあり、人も多い。

 碓井川
 入山川
 軽井沢に抜ける碓井バイパス沿いは険しく魚影も少ない。松井田地内や霧積川合流より下流部である放流を待って
 釣るのがいいと思う。入山川もそれなりに釣れるが源流は軽井沢インター付近を見ればわかるが三面側口の
 完全なコンクリートの 流れから始まっている。

 増田川
 九十九川
 中 川
 増田川は下流の河川公園辺りから、福寿草群生地の木馬瀬地区辺り、更に上流は中川合流の上の大エンテイから
 貯水タンク、そして僅かだが新幹線のトンネルがむき出しに見える辺りの場所もいい。それより上流は開豁な場所が続く。
 中川も奥まで林道が伸びていて釣れる。九十九川、後閑川などにもヤマメはいるが場所によりけりであり流れは
 小さい。

 霧積川
  湯ノ沢
 中木川
 霧積川はダムから下は石に「ヌル」が多く付き滑る。その下流部で釣った事もあるが上流の方が渓流の感じがとてもいい。
 しかし谷が深く入渓する場所も上がる場所も限られている。温泉近くは流れも細い。右の湯ノ沢は地元の釣り人が多い。
 平日以外は先行者がいるだろう。中木川はダム下だったが幾つか釣れた。


 鏑 川
 鮎 川
 雄 川
 高田川
 鏑川は上流でヤマメ、下流は鯉や鮎の釣り場である。支流鮎川は下流は流れも太い。上流部は水もきれいであり
 何件かある釣堀の付近で良く釣れた。雄川は小幡宿を過ぎ秋畑地区に差し掛かる辺りで川を覗くと良型のヤマメが
 確認できる。しかし、実際に川を歩くと釣れる場所はまばらである。高田川は富岡市近くではゆったり流れる川であり
 渓魚の対象にはならない川だが、松井田近くの上流を探索して葦の中でヤマメが釣れたことがある。

 南牧川
 大塩川
 底瀬川
 青倉川
 桧沢川
 大仁田川
 星尾川
 馬坂川
 熊倉川
 南牧川は本流は役場付近から上流がいいだろう。しかし、車を止める場所は殆ど見当たらない。
 道と川の両端に山は迫りその僅かな隙間に集落が奥まで伸びている現状では釣りの為に車が止まる場所などある筈も
 無いがこまめに探せばそれなりにある。上流部の馬坂川と名前を変える観能の集落のバスの折り返しの所の
 橋からヤマメが泳いでいるのが見える。上流は岩魚も釣れる。熊倉は流程も短くエンテイが多いがヤマメは釣れる。
 南牧川下流部の左岸にある大塩川、底瀬もいい。上の村へ抜ける桧沢川では良型が出た。
 大仁田川は中ほどにある集落前からさらに奥の「みかぼ林道」が横切る辺りまででもヤマメが釣れた。
 南牧川は支流も 多く際下流部の支流、大塩川などに小型だが結構な魚影を見ることが出来る事から
 じっくりと自分なリの場所を探す価値はあるみたいである。六車付近の底瀬川などは小さな川だが道を入って
 すぐの「お宮」の裏手の流れを覗くとまあまあのヤマメが見えて期待が高鳴る。桧沢川は流れもまあまああるし
 上野村に抜ける道沿いで入りやすい。いずれにせよ南牧川の水系は細流だが支流を多く抱える
 川なので地図を頼りに細かく攻めて見るといいだろう。

 西牧川
 小坂川
 矢川川
 西牧川はR254沿いの川である。道沿いに渓相を確認しながら、自身の判断で釣るのもいいだろう。
 下流部では大型に会えることは多い。小坂川は入り口谷が深い。しかし放流はあるみたいだ。254を軽井沢方面に
 右折し和美峠を目指す右手の辺りの矢川川では夕マズメに23cm上のヤマメが一箇所で何匹も釣れた事があった。

 神流川中流
 気奈沢
 塩沢川
 間物沢川
 野栗沢川
 橋倉川
 住居附沢
 CRで有名になった神流川だが、その万場町あたりはたくさんの支流があり、いずれも合流部から釣れる。塩沢は中流は
 親水公園化されている感がするがヤマメは釣れる。その他の支流も場所によって険しいところも、樹木の被さるところも
 あるが、すべての河川でヤマメ、岩魚は釣れる。もちろん、CR区間を外れた本流でもヤマメは釣れるが
 夏季は鮎釣り師が多くなる。橋倉は小豆の滝境沢は小渓流ながら滝が幾つも点在する。間物沢川は国道沿いなので
 入渓はしやすい。野栗、住居付も林道は伸びていて支流も多い。神流川は山深い場所にあるせいか
 川は多くの支流群を抱えているのでくきれない。いずれも渓流の対象となるのは神流湖の上流だがただひとつ下流に
 三波川が渓流魚の 支流として存在する。神流川は多くの支流があるので地図を頼りに細かく攻めて見るといいだろう。

 神流川上流
 黒 川
 塩ノ沢
 北 沢
 中ノ沢
 本 谷
 本流は役場辺りから上と、乙父付近の下流部などでも釣れる。上流部は本谷が右手、真ん中の中ノ沢、そしてすぐ左手が
 北沢と十字に分かれる。本谷の中流部にある浜平鉱泉裏手では良型のヤマメ。更に上流では40cmの岩魚が釣れたが
 なぜか蛇のように痩せていた。中ノ沢も合流の集落辺りでは夕マズメになるとヤマメが沢山出る。
 奥は林道が伸びていて岩魚の魚影もまあまあだが釣り人も多い。北沢は、民家の横手から川を釣り上がるが
 かなり奥まで行かないと良型には会えない。塩ノ沢は集落付近の道沿いで釣れる。黒川は奥が深くて
 長野県の相木村に抜ける葡萄峠までの下まで流程は続く。


 群馬県渡良瀬川水系 (上流部 栃木県含む)

 渡良瀬川 下流 群馬県桐生市
 相生町の橋の上下、市民プール横は解禁から、釣り人が多く並んで釣っている。たまりたまりに魚が
 放たれてるのだろうか?瀬を釣りあがる人はあまり見かけない。 実際に焼却場横の瀬を釣りあがったり
 相生橋の下から左岸のチャラ瀬の多い分流ではヤマメが釣れる。ミッジングのライズ狙いに厭きたら瀬を
 釣り上がるのも一考だろう。ただし、川底は滑る。

 渡良瀬川 中流
 東村 深沢川合流部の貴船神社横の砂利屋の辺りを流れる中流部も春先や秋はヤマメが釣れる。
 渡良瀬渓谷鉄道の本宿駅横手である。川に下りるには砂利屋の方からだと一般車は入れず上の道路からに
 なるので距離はある。120号の深沢の橋を渡ったすぐ左手にスペースはあるが、そこに車があるときはまず
 釣り人と思って間違いない。深沢のエンテイ下を橋の下の崖を降りてたどるが滑るのと足元が悪いので気をつけたい。
 増水時は対岸に渡れないがもし渡れたら下流の大エンテイ近くまで河原を下り釣り上がるのはいい。
 上流は川口川合流まで思い切って遊びそこから国道に出て戻るか、本宿の駅が左手に見えたら
 線路に上がればいい。更に上流は小黒川合流前後だろう。

 渡良瀬川上流
 神子内川 栃木県日光市
 上流の本流も松木合流上からが釣り場である。下流は支流の餅ヶ瀬も取水され本流の流れは少ないし
 川底の石がない。122号左にある生コン屋辺りからがいいだろう。その上の橋のところは (川はなく崖がえぐれた
 場所にかかる橋で橋の下には本流の流れが淵を形成してる)下を除くとヤマメが確認される。
 上流は左から黒沢が流入し120号から旧道へと入るところに本流がある。ヤマメの放流も多いが人も多い。
 川は清冽で景色もいい。但し、猿が多いので気をつけたい。釣り上がってる時に崖を行ったり来たりしてる
 猿の所為で大きな石が幾つも砂埃をあげながら転がってきた。当たればひとたまりもない。

 餅ヶ瀬川(唐風呂川
 この川は122号を日光に向かって、左折すると川が右にあるがすぐに大エンテイで分断される。
 最初の橋を渡ると川は林道の左手になり小さな集落がある。橋の下はヤマメが見えるがすぐ上で取水され
 流れも少なく日中に釣るには技術がいる。雨などの日は狙いだろう。取水かえあ川に入るかその上の
 エンテイ上か、車止めの辺りから入渓するのが普通に思われる。奥はかなり伸びていて場所によって林道に
 上がり戻るのがよいだろう。放流は定期的にあり人の多さに驚かされる。水はきれいだが
 増水するとたちまち急変する事もあるので気を付けたい。

 庚申川
 河鹿荘という旅館が川の端にある。この川は谷も険しく深いので留意して釣りたい。銀山平まで行き入渓するのが
 一般的。どの川もそうだが、装備や自分の技量にあった川で遊びたい。山岳の渓流は渓装備で必要なもの意外は
 身に着けないのがいいだろう。フライフィッシャーには何故か重装備の人が多いが私は、山に入るときや暑い夏は
 浮力材とリーダーが3枚ほど、WETもニンフも混入した小型のフライボックスがひとつ、あとは殆ど持たない。


  松木川
 仁田元沢
 久蔵沢
 間藤の町を抜け左に銅の精錬所を見ながら突き当たると樹木の少ない山肌が見える広大な場所(公園)に突き当たる。
 真ん中の開けた山間を松木沢が流れ右から久蔵沢。左の山陰から仁田元が沢が合流する。此処からは歩いて
 釣るしかないが時間のある方はいいだろう。川にはラインに絡む樹木も何もない。おもいきりRODが振れてその景色は
 本で見るイエローストーンのようだ。久蔵沢は 下流部はウグイが多い。しかも、早瀬や流芯で出るのでヤマメ並である。
 松木沢は六つ目の堰堤(最後)より上からは魚は多い。そこまでの道のりは 釣りをしないで3時間はかかる。

 内の篭川
 120号を右折し、田沼町に抜ける道沿いにあるかわであり、支流に都沢がある。放流が定期的にあるらしく
 入渓場所が決まってる感がする。しかし、道沿いなので自分なりに感を働かして釣るのもいいだろう。
 ただ、上流は左から都沢が流入してくる。こちらも魚は釣れる。

 黒坂石川
 草木ダムを渡ると黒坂石川に出る。上流にバンガロー村があり、その奥は自然渓流の管理釣り場になってしまった。
 嫌いなむきはその下流までと右の支流。そしてバンガローより下のダムの上から入って遊びたい。
 ダム下も水は少ないが良型のヤマメが釣れたことがあった

 押手川
 122号を足尾に向かい草木ダムのバックウォーター付近。沢入集落手前の川である。下流は林の高い
 木立に囲まれて昼でも暗い。そこそこ釣れたが、その感激は穴場的な場所で釣れた事の域を出ない。
 上流は細流で一帯はモリアオガエルの生息地になっている。

 小中川
 122号小中駅より西へ入り林道沿いに続く川。落差90m以上の小中大滝は壮観である。流程は長いが
 場所により険しいところも多いので気を付けたい。手前にある東沢も釣れる。

 小平川
 上流に小平親水公園として整備され、周辺には小平鍾乳洞公園などがある。下流は渡良瀬川高津戸ダムの流れ込みより
 やや上流の高く大きな橋の階段を下りると始まっている。ヤマメはそこそこ釣れる。親水公園近くでは流れは細く魚も
 小型が多くなる。源流には岩魚がいた。

 山田川
 桐生市の渡良瀬川にかかる相川橋のやや下流に合流する。釣りになるのは桐生みやま園より上流である。
 道沿いに小さな流れが続く場所ではヤマメが見える。細い源流には岩魚がいる。

 桐生川
 皆 沢
 忍山沢
 高 沢
 桐生川下流は桐生女子高前後からヤマメの良型が出る。上流はダム下の所為か穴切沢辺りからは谷が深い。
 桐生簗のあたりも入りやすいが深場に鯉が泳いでいる。ダム下本流は生存率や繁殖率が低いと思われるので
 放流後にあたったときのみの釣りに限られる気がする。高沢は奥まで林道が伸び流れもきれいだが魚影は少ない。
 忍山沢は合流から最初のエンテイまでも釣れる。更にその上のエンテイ上流は川原が開けチョットした公園みたいな
 感じなのでサクラの頃や夏は人が絶えない。ヤマメはまあまあいて遊べる川である。ダム上流の桐生川は奥まで清冽な
 流れが続く。ダム流れ込みから釣るのもいいだろう。川はふるさとセンター手前で道沿いに確認できるがその上の
 旅館「清流園」横が何故か良く釣れた。皆沢は下流は林を降りてはいる。道沿いの流れは小さく護岸になるが
 ヤマメはいる。皆沢集会所下で中沢が入るがこちらもヤマメはいる。皆沢は夏は葦に覆われるところが多くなり釣ずらい。

 小黒川
 田沢川
 鹿角川
 小黒川は高楢部落から上流が釣りやすい。釣りやすいといっても本流は谷が深く入渓にあたっては気をつけたい。
 沼田へ抜ける街道沿いに赤面川と分流するまで川は奥まで伸びている。降りやすいところを見つけてアプローチする。
 上がりやすいところから登る。鹿角川は旧道の橋の上から入れる。小型だが岩魚が主体の川であり石は苔むしていて
 いるところが多い。田沢川は小黒川合流付近は谷が深いので1kmくらい進んで道沿いになってから入るといい。
 沢入川が合流する辺りまでは平坦である。その先は少し谷になり岩魚も混じる。

 川口川
 鳥居川
 猿 川
 深沢川
 梨木沢
 川口川は渡瀬川合流からでの釣りもあるが、梨木牧場北の宿廻の内野集落前後から入るか、利平茶屋という施
 設を目標に行くといいと思う。すぐに鳥居川、猿川といった支流になるが鳥居川では40cm級の岩魚が出たことがある。
 今はわからないがそこから取水している清水用水でもいい魚が釣れた。深沢川は前述の渡良瀬中流の場所から
 入ると下流である。エンテイは多いが巻ける。少し根性を持ってやると良型に合える。ただ帰りは川を戻るか
 右の林道に出て迂回するしかない。梨木沢は深沢川の上流部の名称だと思う。細流でボサもあり、小さな堰堤も
 数があり、ちょっとした アルバイトは強いられるが梨木館(旅館)の上下流部で魚が釣れる。


 新潟県 魚野川水系  及び信濃川流入河川

 魚野川本流 上流部
 湯沢
 石打地区
 越後川口で信濃川に合流する魚野川は上信越国境の谷川岳北麓から日本海に流れる川である。関越自動車道の
 関越トンネル(延長11,055m)を新潟側に出たところで川は毛渡沢と万太郎谷に2分されている。毛渡沢は魚の
 割には入渓者が多い。源流の幽玄な神秘が釣り人を誘ってやまない、その大自然がいいのかも知れない。
 土樽駅上の万太郎谷では護岸帯やエンテイもあるが良型が釣れる。支流松川は何度も行ったがさほどいい
 思いをしたことがない。湯沢付近の本流は夏は鮎師で賑わうところだが夕マズメのWETでは尺級のヤマメが釣れる。
 神弁橋近くに小さなダムがありそこまでが湯沢での本流が一区切りに思える。ダム内は禁漁区の看板がある。
 下流は石打インター上流とその更に下流の 登川付近でもヤマメ主体で釣れる。雪しろが5月まであるが田植えが
 始まると減水する場所が多い。その頃DLYが面白い。

 魚野川中流
 魚沼市 六日町の三国川上流から坂戸橋間はヤマメが多い。幾分街中の感がしないでもないが二日町に渡る
 二日町橋の上流は好ポイントだった。岩井沢合流付近もいい。雪しろの増水時はWETFLYで大型の期待が持てる。
 又、6月以降からの夕マズメはドライ、WETともいい。盛夏にはマドラーミノーなどで尺やまめがあがる。
 魚野川は幾つもの町を経て流れるわりには信濃川合流部までは渓流の様相がある。その所為か、かなり下流部の
 多聞橋や八色大橋辺りでも50cm級の岩魚が釣れる。小出地区などの下流部でも釣れるから、放流があると思われる。

 大源太川
 奥添地川
 足拍子川
 魚野川支流で上流に人造湖を持つ大源太川はその上流部と、下流部の岩原スキー場近くで魚野川に
 合流する辺りまでに二分される。大源太湖上流の本流部は湖の流込み付近からキャンプ場の上の最初の
 エンテイまでも遊べる。小雨の時は何度も往復して楽しめた。左の芝倉沢はゴルフ場内を流れてるので魚は
 いるが球でも飛んでできてはかなわない。話は戻るがエンテイから上流は、林道が伸びているので釣りになるが
 一人では心寂しい。足拍子川は合流から狙えるが、川が平坦すぎて大石も少なくポイントが定め難い。
 奥添地川は合流から岩魚が釣れる。上流に加山雄三のスキー場があるがそこまでの道沿いの何所でも釣れるし
 まあまあ遊べる川である。下流部の大源太川は岩原橋付近は小型だがヤマメの魚影は濃い。
 川も平坦で遊びやすい。たまに大型の岩魚に出会えるかもしれない。

 登 川
 魚野川合流からヤマメが釣れるが、田植えの時期は上で取水され減水する。早川の信号近くの登川橋から
 一の沢合流辺りまでが一区切り、さらには左岸に流下している導水管を目安に沢口橋の辺りから二子沢出会いまでが
 一区切り。エンテイ、エンテイといった場所だが魚もいるし、流程も長く1日楽しめる。次は二子沢合流から清水の
 部落くらいまでである。この区間は、大石も多く増水すると遡行が困難な場所もあるので留意したい。
 支流一の沢は水生昆虫はいっぱいいるのに魚は少なかった。割引沢米子沢は山岳のテリトリーである。
 上流は清水部落上の大エンテイを右に見て伸びる林道添いにある。雪しろの終わる頃からが楽しい場所であり
 水もきれいで川もさほど大きくなく釣りもしやすい。25cm前後の岩魚が出迎えてくれる。 登川の隣の高棚川は
 ひんぱんに禁漁期が制定されるので注意したい。JR 大沢駅の山手にある大沢は小さな川だが
 大沢温泉下で岩魚、ヤマメが釣れた。

 三国川
 五十沢
 宇田沢
 ダムが出来る以前の三国川のちょうどダムに沈んだ辺り(十字峡下)は良く釣れた。雑誌の取材で釣りをした
 そこの場所はまもなく水没した。その後十字峡より奥の林道は閉鎖され栃の木沢も下津川も徒歩で奥に行かざるをえない。
 黒又川は合流部のエンテイを巻き川を釣る。栃の木の置くには内膳沢や銅倉沢など大型魚の釣れる川もあるが
 下津川の奥と同様に1日がかりである。三国川ダムの下の野中沢の合流するところに(野中エンテイ)があり
 そこで取水されるので減水期はそ細流だが野中沢をやるのもいいだろう。支流五十沢川は合流部では
 小型のヤマメ。上流のキャンプ場前後で岩魚が混じる。本格的には永松発電所奥や割石沢の釣りになる。
 三国川の支流ではないが、五十沢と平行して魚野川に流込む、皆沢は流程も短く里川だが水のある春先は
 何故か良型が釣れる。宇田沢川は八海山を源に魚野川に注ぐ、やや中規模の川である。途中に取水はあるが
 水のあるときは下流部でも ヤマメは釣れる。上流も広堀川出合いまでと広堀川の養魚場前後で
 岩魚、本流は八海神社辺りが釣れる。スキー場近くは細流である。

 水無川
 大池川
 佐梨川
 羽根川
 深道川
 水無川その理由は定かでないが、伏流するのか、完全に取水されるのか?初夏から先は下流部は水のない
 石の河原である。 上流は高石沢はエンテイ上からと本流は高倉沢くらいまでは気持ちよく出来る。とにかく景色
 水色、渓相は素晴らしい。 秋は紅葉の見所でもあると思われる。大池川は下流は用水のような感じがするが春先は
 良型が出た。上流は小さなダムが できる以前は岩魚の宝庫だったが今は果たしてどうだろうか?
 佐梨川はR352を奥只見に抜ける道沿いにある川である。芋川合流前後からヤマメが釣れるが場所により谷が深い。
 山奥で谷が深いのは致し方ない気もするが、田畑や道沿いで谷深い場所で釣りをしてやっと上に登りきった時
 そこには田畑で手を休め一服している農夫がいるなんてこともある。猿跳橋辺りでは尺級が何度も釣れた。
 折立又は岩魚の支流。佐梨川上流は栃尾又温泉より、さらに上流の駒の湯付近でも岩魚が釣れる。
 羽根川は下流部でもヤマメは釣れるが大倉又出合いからが岩魚が主体になる。ボサになると結構遡行が
 大変だが深道川は何度か大物を釣ったところでもある。ただ道と大きく離れる場所もあるので場所に
 より川を戻るようになる。

 破間川
 末沢川
 横沢
 西 川
 松川川
 破間川はダム下でも(流れは少ないが)岩魚の良型が出る。」暖かくなった頃にライズを見つけての釣りが出来る。
 本格的にはダム上からである。本流の林道にはゲートがありその下から本流を釣るか、林道を歩いて左沢を釣るかである。
 支流本末沢は林道が伸びている。五味沢白崩沢、ムジナ沢、右沢と支流は幾つもありそこそこに遊べる。
 末沢川はJR只見線の 線路沿いであり、R252の道沿いになるが流程も長いので、自分なりに釣れる所
 入りやすい場所を見つけて遊んでみるのも いいだろう。横沢は大型のダムを2つ擁する黒又川の最下流部で左岸から
 流入する川である。道もあるが合流からヤマメが釣れる。奥では岩魚が混じる。ところどころ岩盤の渓相の場所も
 あるし樹木が被る処も多いがこんな奥でヤマメが釣れたりすると何となく 穴場的な気分に浸ってしまう。松川川は
 その下流右岸に松川という細流があるが、黒又ダムからの導水して発電している発電所上の林道沿いが松川川で
 ある右に毛の又沢が入るがどちらも岩魚が釣れる。R290を栃尾に抜ける道沿いにあるのが西川である。
 大宿集落で国道から離れた辺りからが釣り場。護岸やエンテイが続く川だが
 早期はそれなりに釣れる。以後は奥の本高地沢での 釣りになる。 

 刈谷田川
 五十嵐川
 加茂川
 刈谷田川は下流は来伝川合流下辺りからヤマメが釣れる。ダム下は河川利用の管理エリアになってしまった。
 その辺りは岩魚がいる。ダム上流は岩魚が釣れる。支流塩谷川も下流でヤマメ、山葵谷川、九川谷川で岩魚が釣れた。
 今回、大きな地震で被害は以下なものかと思うが栃尾市を流れる刈谷田川は雨季や台風でよく氾濫するが漁協の
 努力の成果なのか魚は釣れる。五十嵐川は長野温泉を基点に笠堀川、大谷川といずれもダム上流の釣りだが
 ゲートがあり、徒歩の釣りになる。守門川は道が伸びていて入渓出来る。三条市内に注ぐ加茂川は長瀬神社前後と
 名前はわからないが その支流(中流に養魚場)で釣れた。市民の憩いの場なのか小さなダムが本流にある。
 かって、初めて行った時にあまりの小渓で入りあぐねて帰路に着いたときかなり下流の川沿いの道で車の前を
 ゴイサギが横切った。しかもその足には明らかに尺近いヤマメを掴んでいるのが見えた。それ、行けと」ばかりに
 飛んできた方向を確かめ、25cm以上のヤマメを幾つも釣った。しかし場所によっては鯉も泳いでいる。そんな川だが
 岩魚もいる。但しマムシが多い。時期により袋を持ったマムシ取りのおじさんに多く会った。

  清津川
 釜 川
 カッサ川
 清津川は下流は万年橋下でもヤマメや岩魚が釣れる。支流砥沢も岩魚が釣れる。清津峡奥には足尾沢
 外の川とあるが途中は落石も多く一般者は避けた方がいい。外の川上流は八木沢トンネル上の大島橋を渡って
 入るのがいい。カッサ川 はらい川も同様である。現在はわからないがゲートには番人がいた。清津峡本流の
 八木沢トンネルより上流の小さなダムから 砕石屋の辺りもヤマメ、岩魚が釣れる。その上は貝掛温泉前後の釣りだが
 川を渡る橋は狭く交互通行である。 渡りきったところにカッサ川が流れ込んでいる。こちらも良く釣れるが温泉の
 すぐ横であり、しばらく行くとエンテイである。 貝掛温泉より上は二居ダムで突き当りである。赤湯温泉に
 宿をとり(徒歩)その付近を釣るか手前の支流棒沢を釣るのも源流派にはいいだろうが危険な場所も多い。
 釜川は志久見川支流と同名だが、こちらは七つ釜で有名な方である。釜と言われる大渕は釣るとしたら
 餌に分がある。支流の芝倉沢は尺交じりで数は出た。外の沢や上流部に左倉、千倉沢と
 支流は 多いが釣り人も多い川である。

 二居川
 浅貝川
 清津川支流でR17沿いの平坦な川である。ダム近くの下流部は少し谷になるが田代スキー場前の開けた場所に
 車を止めて入渓すると護岸帯で幾つかの魚道とエンテイがある。魚道の中も石が入ってるところは良型が釣れる。
 場所により浅瀬で平坦な感じだが魚はいる。左の地王堂川は上流に岩魚は居るが、護岸とエンテイの連続なのと
 時期により水が殆どない。二居川はその上流はR17沿いにしばらく釣れる。樹木の被さる場所も多いがこのくらいは
 FFではクリアしなくては山の釣りは出来ない。浅貝川は下流は二居ダムに注いでいる。苗場スキー場前後でも
 釣れるし、さらに上流の苗場町内を横切った処の浅貝分校跡辺りが釣りやすい。



 長野県 木曽川水系 (1部 岐阜県)

 木曽川本流
 「木曽はすべて山の中である。あるところは岨つたいに行く崖の道であり、あるところは数十間の深さに挑む木曽川の
 岸でありあるところは山の尾をめぐる谷の入り口である。一筋の街道はこの深い森林地帯を貫いていた」。
 島崎藤村の夜明け前の文章が的確に捉えている木曽路は今も変わらない。ただ、新鳥居トンネルのお陰で
 かなり便利になったのと木曽福島から開田方面への道が良くなり御嶽山が近くなった思いがする。R19号を塩尻から
 来て鳥居トンネル手前で犀川、信濃川となって日本海へと流れる奈良井川とその先で 味噌川を源流にもつ太平洋へと
 流れる木曽川との分水嶺を実感できる。木曽川本流は宮ノ越より上流の釣りが渓流魚対象の一般的な釣りだと思う。
 ただ、早期や秋口は木曽福島町内やさらに下流の上松町の小川の合流前後でもアマゴや岩魚が釣れた。
 発電所吐き出し付近は大型の岩魚やアマゴを釣った記憶があるが流勢が強く気をつけたい。

 味噌川
 笹 川
 塩 沢
 菅 川
 味噌川は規模、流程から見ても木曽川の源流と思われるが下流にダムが出来て上流部の車両の規制が出来てからは
 疎遠になった。以前は源流部で大きなアマゴを何度も釣った。松本の鎖川から鉢盛峠で上流部に入る手段もあるが道荒れて
 いて良くないと思う。 元気な方はダム上流を目指し徒歩で林道を行くのがいいと思う。V字の谷あいだが幽玄でまさに今
 自分が木曽川の源流に居るのだという感慨は湧くはずであるかも知れない。楽をして釣りたい向きは笹川がいい。
 味噌川合流下から岩魚交じりでアマゴが釣れる。放流もあるのか尺級にお目にかかるときもある。但し確率の高いのは
 雪しろ時のWETや大型ドライででの釣りに限られる気がする。平水になってもそこそこ釣れるし押出沢出合いまで結構楽しむ
 距離もある。塩沢は味噌川より下流部に位置するが味噌川山東麓を水源に持つ小渓である。菅川も小渓でブッシュも多く
 護岸もあるがそこそこアマゴや岩魚が居る。

 正沢川
 熊沢川
 正沢川は下流でも釣れるが、ゴルフ場前後かさらに奥の幸の川合流以遠までと細流ながら攻めるには距離もある。
 ゴルフ場横辺りからは殆どが岩魚である。ゴルフ場は木曽駒高原カントリークラブであり、付近には何軒かの旅館や
 ホテルもあり、奥にはスキー場がある。熊沢川は上田小学校の横から木曽川合流の下の橋を渡り林道を登る。
 国道からは確認出来ない場所にあるので気を付けたい。小渓だが下流でアマゴ、上流は岩魚である。
 確か奥に採石場があると思うので運搬の妨げにならないように配慮したい。

 黒 川
 幸沢川
 上小川沢
 八沢川
 黒川は木曽福島町で黒川渡ダムを介して木曽川本流に流れ込む川である。流程もそこそこあり、1日中楽しめる川である。
 個人的には好きな川でダム流れ込みから最上流部はもとより支流も含めて知り尽くした川のひとつであり、キャンプはもとより
 木曽福島の旅館には何度も泊まった。黒川本流は栃本あたりとその上の材木屋の横のプールからR361が分かれる渡合の橋までが
 中流部といったところだろう。プールには大アマゴがいる。ライズもある。さらに上流は黒川小学校裏手から上小川出合、
 そしてさらに上流へと釣り場は続く。ドライに出るアマゴはとても俊敏でゴールデンウィーク後はそれがとても顕著に表れる。
 それだけ釣り人の多い川であるという事である。支流西洞も岩魚が釣れる。焼棚沢、上小川は樹木の被さる場所が多い。
 上小川の上流部の集落のある護岸帯の場所でもアマゴは釣れる。下流部支流の幸沢川はR351の橋から確認できるが上流に
 行くには少し手前の林道を登る。場所により暗い谷間の部分、気が被さるところとあるが道沿いの釣りやすい場所を移動しながら
 楽しむのがいいと思う。アマゴ主体で奥幸沢で岩魚。八沢川は木曽福島町内に流れ込む川だが街中の護岸帯で下流に
 入るには勇気がいる。養護学校裏手辺りから川上くらいまではアマゴ、駒の湯付近からは岩魚が多い。木曽川本流の話に
 なるが八沢合流前後の本流では餌の人が大きいをよく釣っている。護岸も高く、川も深くフライでは入りづらいところが多いが
 WETでは尺アマゴが釣れた。

 西野川
 末川
 王滝川
  本洞川
  入川
 中沢川
 西野川は下流にCR区間が設けられたが、釣りやすく魚影も濃い場所だった。しかし、そうなった今、此処では
 そのような管理エリアの話は別として、自然な西野川について触れたい。上流湯川出合いから末沢間は取水され水も
 少なくだめな場所である。 西野川は場所によっては足場も悪く急峻なところが多い。水量や水勢を判断し入渓する事は
 どこでも大切な事である。 土橋、大込橋付近は釣りやすく魚影も濃い。冷川はその名の通り水は冷たく6月からがいいだろう。
 藤沢川は小渓だがアマゴが釣れる。末川は下流や中流域は護岸帯の平坦な釣りやすい場所が多い。大屋辺りから岩魚も混じる。
 髭沢、把之沢。 皆沢など支流群は豊富なので遊べる。王滝川は幾つかのダムに加えて中部地震で出来たダムで随所が
 分断された川であ る。そういったダムによる川の変化や地形で釣りは何がしかの制限が受ける事になるし、根本的に山岳渓流家の
 テリトリーと考えるのが賢明で行かれる方はしっかりと計画を立てたい。もちろん、三浦ダム上流の釣りはキャンプ釣行であることを
 留意していただきたい。本洞川は下流では大島ダムからの大型アマゴの遡上も期待できるうが小渓であり、魚も小型 である。
 支流東又沢も本洞も上流部ではボサが多くなるが岩魚は釣れる。入川は小川の支流、才児沢と山を挟んだところの山間部の
 田んぼのあるところを流れ、王滝川に注ぐ。道沿いで入渓はしやすい。アマゴは最下流部で殆どが岩魚である。
 中沢川はR19号を挟んだ木曽川の反対にある小渓だが魚はれた。

 上松小川
 才児沢
 黒 沢
  滑川
  板橋沢
 十王沢 
 上松小川はよく通う川である。春先は下流部の職業訓練校(上松技術専門校)前後でアマゴの40cm級が何度も釣れた。
 本流差しか放流なのかは定かではないが石も大きく深場もありいかにもというところである。上流は灰沢合流のプールから
 入渓するのも良いし、焼笹辺りもいい。下島の高倉橋前後から岩魚が混じるのは左岸から田んぼに流れ込む打越沢の
 流れのせいだろうか。そこでも40cm級の岩魚が釣れた。下流、小田野辺りの住宅の裏の名も知らない沢にも岩魚はいたし
 灰沢はじめ細流を多く抱えるお陰で魚がいるのだろう。もちろん漁協の努力もあると思う。小川上流の赤沢は永年禁漁区である。
 黒沢は林道入り口にゲートがある。上流の営林署の製品所辺りで釣ったとき、その小屋の裏の木の渡しの下の川にご飯の
 米粒が幾つも沈んでいたが 職員が岩魚の餌にばら撒いたものなのだろうか。誰かが飯盒をそこで洗った名残りなのか
 今もわからない。才児沢は下流も釣れるが上流の養魚場前後が平坦で釣りやすい。アマゴが主体で岩魚が混じる。
 滑川は木曽駒ケ岳から流れる川で荒れ川で流礫の河原を形成し葦や草場の岸も無いに等しく釣りは下流部で僅かに
 成立すると考えた方がいい。板橋沢は線路の橋の上流から福祉施設組合入り口の横で釣れた。上流はボサが多いので
 春先がいい。十王沢は合流から釣れるが古い石組みの護岸の中に下りて釣る感じである。上流もアマゴがいるが、狭い場所も多いので
 それが得意とする向きには面白いところであり魚影もそこそこある川である。

 伊奈川
 阿寺川
 柿其川
 伊奈川はどうしてもしたければ田光から発電所近くまでが一般的だろう。越百川合流以遠は山岳釣師のテリトリーと考えたい。
 谷はV字、U字、登降も大変であり、それは支流越百川も同じである。殆ど3000mの山々の連なるところから急峻に木曽川へと
 流れ込んでるのであるから当然であり。鉄砲水も出るし、夏は山ビルも徘徊する。下流部の支流の浦川で釣るのが無難であり
 モトランドを目印に行くといいだろう。R19号を中央本線野尻駅のところを入り、読書ダムの橋を渡ると阿寺(アテラ)川 である。
 途中の深い淵は5m以上のところも多くFFでは手が出ないと思う。しかも水は透き通り底の小石やジャリまでが浮かび上がる
 ように見えるさまはとても幽玄である。わるざわ山荘を過ぎ北沢出合辺りからが釣りやすくなるが、くれぐれも油断は禁物である。
 柿其(カキゾレ)川は、其れは其れは素晴らしい美景であるが、険しい場所も多いところでもある。どこにでも通じることだが支流の
 岩倉川も含めて無理せず川の様子をよく確かめ自分たちの出来るところだけをやってはあがり、しながら遊ぶのも
 楽しいものである。

  与 川
 大滝川
 蘭 川
 与川は魚が少ないという人もあるが、中流の与川渡辺りから小川野平辺りまでは平瀬が多く餌よりもフライに分がある気がする。
 上流に行くほど砂防堰堤が多いが釣り人は少ない。支流の下山沢や上山沢は岩魚が釣れる。大滝川は一般に田立川とも
 呼ばれ上流に落差100m近い田立の滝という名爆がある。美林谷出合いから大野池まで比較的に釣りやすい場所が多い。
 蘭川は下流 近くは中山道の妻籠宿を流れる。花崗岩の白い石や岩を見せる流れに、少し戸惑うが中折上流ではアマゴが釣れる。
 魚影は少ないが川は開けてるし 1匹を求めて技術を駆使し、感と運を頼りに1匹を探すのも
 楽しいものである。大山以遠では岩魚が混じる。

 川上川
 落合川
 中津川
 川上川は明るい谷あいの流域に集落の続く里川だ。川幅もそこそこあり、早期は大門辺りからでも釣りになる。
 森平辺りは河原も広く釣りやすい。夕森温泉以遠は 禁漁だと思う。落合川は砂礫も石も白い荒れ川の印象がある。
 しかし漁協のの放流もあるのか、期待は裏切られはしなかった。そういう意味では中津川も同様であり
 街中の中津川橋の上下でもアマゴは釣れた。奥平以遠の最終の取水堰上流は砂防エンテイが多いが
 谷あいも広く、明るく岩魚交じりでアマゴが釣れた。

 付知川
 付知川本流の釣りは下流部の下野川合流から源流部の北沢まで実に30km近くに及ぶ。但し、通らずも、大渕もあり
 フライフィッシングとなると入渓場所は大きく制約を受ける。入渓、遡行は時間はもちろんの事、自己能力を見極めて
 決めるべきであり無茶は避けたい。もちろん、これだけの流程を持つ川だけに支流も数多く、その支流のさらに
 枝沢までを考えると野菜の人参や大根のひげ根のようだといっても過言ではないだろう。柏原川は中流域からがいい。
 黒川谷と猪組谷は稲荷の上の取水以遠が釣り場。横川谷はヤブ沢だが水量はあり思わぬ良型に会える。東股谷は
 本流から1kmほどのところに大型の砂防エンテイがある。この辺での釣りは単独でも差し支えないと思うが以遠はV字の渓谷や
 滝などで山岳渓流の 域である。それは本流の上流部にある高樽谷や北沢も同じであり険しい場所が多くある