How To Fly Fishing 管理エリアの釣り
 (湖も同じ、丸沼、湯の湖、中禅寺湖など釣り券が発生するところは基本的に管理エリア)  

管理エリア 攻略

 これだけは気をつけよう!    釣れない人、初心者に多く見られる システム キャスト など。

 フライラインとリーダー   
 初心者に多く見られる仕掛けの間違いの代表格がリーダーに直接FLYを結びその途中の場所にマーカー(インジケーター)を
 直接付けてる人が結構見受けられます。リーダーにもいくらかティペット部のストレートな部分がありますがFLYを交換して
 いるうちにティペットの部分が減少し、リーダーの太い部分やテーパーの途中にマーカーが取り付けられてしまっています。
 これが何故いけないかと言うとマーカーから下の水中にあるリーダー部の太い部分が魚のアタリを妨げたりする為に
 アタリが明確に出ないのです。さらに悪い事にその抵抗の為ににFLYが素直に沈下して行かず落とし込み際に発生する
 魚の追いによるアタリなどは減少します。あとラインとリーダーの接続にネイルノットを利用している方も多いですが
 かなりきれいに処理しないとカットしたリーダーやラインの出た部分が実は取り込みの際にガイドに引っかかり、魚がばれたり
 フライロッドが折れたりする大きな要因になってるのです。取り込んだり、キャストしたりする際にその僅かな出っ張りの
 ボッチがスネークガイドに引っかかるのは当然です。一昔前は、リーダーリンクなるものがありませんでしたが
 今はこんな便利なものがあるのですから利用しましょう。

 マーカーの釣りの仕方が分からない。                                 
   A マーカーでの釣りでは、マーカーはリーダーとティペットの接続部でリーダー側に付けるのが、合わせ切れしたときにも
 マーカーの紛失を防ぎますしマーカーから下が同一の太さのティペットならFLYの沈下もスムーズです。ただ、マーカーを
 使用する際のリーダーの長さは短い6フィートくらいの方が合わせの確立もとても良くなります。逆にリーダーが長いとその
 部分が水中に沈みラインからマーカーまでの合わせの立ち上がりを悪くします。それは、反応にロスやタイムラグを生じ
 合わせるまでにその部分を余計に持ち上げなければいけないのです。

FLYがターンしない
 一般的な管理エリアは止水ですから、フライラインがロッドのキャスト方向にしっかり伸び、さらにフライも伸びて
 着水しなければ距離のロスが発生するばかりではなくロッドやフライラインにテンションが掛からないFLYは水の中で
 ただただ垂直に沈んでしまいます。これは合わせが大変なだけでなく、魚のアタリを引き出す事が出来ません。

A マーカーの釣りを例にとって述べますと良く伸びきったラインの先でさらに伸びて着水したフライはマーカーの直下に
 沈んでいくとき扇形の弧を描くようにしてテンションを保ちながら沈んで行きます。このとき近くに居たマスたちの興味を誘い
 最初のアタリを引き出す事が多いのです。フライがマーカー直下に定位するまでの最初のひと時のこのときの釣りを
 落とし込みのアタリの釣りと言っていいでしょう。マーカーでの数釣りに適しています。
 
それでも釣れない場合は
A フライをこまめに替える。棚(池の底、あるいはマーカーからフライが水中で定位する長さ)を替える。
 自分が立った位置から手前や奥、その右左とポイントを変えて打つなどして同じポイントばかりに執着しない。


 色々な釣り方、、、どんな釣り方も立派にフライフィッシングです。

 インジケーター フィッシング (マーカー)
 実は簡単なようで本当は難しいのです。マス族は鯉や鮒のように餌の前で固執してくわえたりしません。FLYに対して
 反転したりしながらひったくる様にする一瞬の状態に合わせなければいけません。つまり点と点の釣りなのです。
 しかも水の中の見えない場所で、マーカーのアクションのみで合わせなければならないのです。よく、少し投げれる
 ようになるとマーカーは浮き釣りでフライの釣りでないなどという人がいますが滑稽な話です。ドライフライだけでシーズン
 あるいは全時間帯を通して頑張るのも難しいし、実はリトリーブの釣りも、時には向こう合わせが発生する釣りで
 そのスタイルはルアーと何ら変わりがありません。インジケーターの釣りに付いてさらに説明をしますと日本の釣りで
 「鮒に始まり鮒に終わる」と言う話がありますが、それは、餌の作り方の難しさはもちろんの事、浮きのアタリをとる
 面白さを言っているのでもあります。インジケーターのアタリもキャステイングが上手くなり30m、あるいはフローティングの
 シューティングヘッドで40m先で合わせるとなると鮒どころではありませんし浮き釣りなどと馬鹿にして入られません。
 その距離で僅かなアタリに反応するにはすべてを集中させて、尚且つその距離の間のタイムラグを克服しなければ
 なりません。時に向こう合わせになることの多いリトリーブの釣りよりは,それなりの運動神経を必要としますし
 難しいものです。この話は30前後の先で合わせた事のある人しか体感できませんがロッドをあおって合わせた時に
 そこまでの長さのフライラインの重さが魚の引きに加わるのでとても豪快です。何だ、浮き釣りか!などと比喩している
 人達は近くでコチョコチョしてる人達に言ってるのでしょうが、マーカーもフライフィッシングです。体をそっくり返すようにして
 合わせないと合わない30m以上先のマーカーフィッシング、、絶対にいつかトライしてみて下さい。とても豪快でFLYの
 面白さ、難しさがが感じられるし、キャステイングも含めて、ある意味スポーツフィッシングと呼ぶに相応しいでしょう。
 だから、まずは遠投を出来るようになりましょう。

 Tactics
 使用する FLYも大事です。基本的にはキャストしたらマーカー下のFLYが水中でぶら下がりきるまでにアタリの発生
 するような ものを使うのが好ましいのです。確かにその状態でアタリがないFLYでも誘えばくるものもありますが、数釣りでは
 落とし込んだ 状態でアタリのくるものが断然有利です。例えば手前味噌になりますが 「オクトパスボム」「スーパーオクトパス」
 等が、その類のFLYの代表格でしょう。 インジケーターフィッシングではなかなか最初のアタリでとるのは難しいです。
 最初の アクションでとれなくてもそのFLYに魚が興味を示した証ですから、もう一度、あるいはもう一度と待って自分の
 合わせやすい マーカーの大きなアクションに合わせるのがいいでしょう。しかしスレているなどして魚のアタリが渋い
 場合などは最初のアタリのあと僅かにラインを手繰り魚にアタックを促すのも効果的です。アタリがとりやすいように
 しかしラインがキャストしやすい最大の 譲歩がフライラインからマーカーまでのリーダーの長さを7フィート以内に抑える
 事でしょう。そしてマーカーの先のFLYはティペツト共々しっかりと伸びきったターンをさせて着水させる事です。大きな池で
 周りから届かないポイントで、ごく僅かな 人達しか攻めてないようなところに遠投した場合はマーカーには大きなアタリが
 くるのが普通です。その場合のマーカーは 視認性の良いもの「ムートン系あるいは貼り付けの大型のもの」がいいでしょう。
 (FLYより距離、腕よりROD)なんて世界もあるのです。

 サイト フィッシング
 こんな言葉がいつの頃からか管理エリアの釣りの方法として伝わるようになりました。そしてその類の人達と接してる
 うちにそれが見釣りというものだと教えられました。池周りなどを比較的小さなFLYで低番手のRODで攻めています。
 イマージャーや小型のニンフ、そしてドライフライ、、やってみるとそれはそれで難しくこれもフライの釣りだということは
 否定できません。ただ、この類の釣りをしている人のすべてとは言いませんが、彼らを沢山見てきて彼らだけのある
 共通点に気づきました。その一つは、如何にもFLYフィッシャー然としていて、服装、装備、タックルなどこだわりが見える
 ことです。そして、川から転戦して来たような雰囲気で池の端や流れ込みで狙ってます。小さな管理釣り場でなら解りますが
 大きな、それも対岸からフルラインを互いに投げても交差しない広いエリアでもヘチで遊んでいます。何故?そういう釣りなのか
 接していくうちに、この人達の大方が遠投用のRODを持っていないか、あるいは遠投のフライキャステイングが出来ないことに
 気づきました。川の釣りにあこがれフライフィッシングの世界に入る。川では遠投も少ないのでスタイルだけで何とかなると思う。
 キャステイングも学ばなくても何とかなる。でも川も釣れないときもある。そんな時、うさばらしに管理エリアがある。
 そしてそこにはたとえそこが広大な池であり、周りで遠投して豪快な釣りをしてる人種がいようとも、シビアなFLYと銘うって
 池の周りに自分の逃げ場を探してるようにしか見えません。自然渓流で釣れなかった悲しみを、管理エリアの片隅に川を
 見出してるような風にも見えてしまいます。決してサイトフィッシングが悪いとは言いません。どんな釣り方も立派に
 フライフィッシングです。見える魚を釣るのも面白いかも知れません。ちゃんと投げてるのに何をやっても釣れないとき
 自分の前を魚が通る。思わず目前にFLYを投下してしまう。そんなことは誰にでもあります。切ない事だと思いつつも。  

 Tactics  
 見釣りですから、自身が納得するまで魚の興味を引くFLYを研究し、創作する事に尽きると思います。アタリがどうの
 こうのもありません。近距離で魚がくわえるのを視認して遊ぶのですから、さほどテクニック的な話は必要のない事です。
 ただ、あえて言うならFLYのヘッドにゴールドビーズなどを入れると水中で見やすいです。

 リトリーブ フィッシング
 一般的には高番手(#6以上)のロッドでウェイトフォワードのフローティングやシンキング、あるいはそれらの
 シューティングシステムなどでフライを投げ、水中や表層を引いて魚のアタックを引き出す釣りです。マラブー
 ソフトハックル ストリーマー などのFLYが言わばルアー に相当し、ラインを手繰る手がルアーのリールの
 役目をします。ただ、ルアーのリールは速度を変化させる以外は一定の巻き方しか出来ませんが人の手は
 自在です。そのへんのテクニックなどは別項でご紹介いたしますが、リトリーブの釣りではフライフィツシングが
 ヘチ釣りのサイトフィッシングに比べて180度違うスポーツ的なものだということです。その理由は、風のなかでも
 距離を出すためにしっかりとキャスティングをしなければならないし、リトリーブする距離も長ければ長いほど有利で
 あり、その為にシュートやフォルスキャストでエネルギーを使います。引いてるときに向こうあわせも発生しガツンと
 来るときもあります。しかし魚がすれてくるとアタリも微妙でアタリの感触にフライラインを瞬時に引いてあわせることが
 必要です。この釣りも、魚が遠くで掛かってくれたときはとても豪快でフライフィッシングの醍醐味を堪能させてくれます。

Tactics   
 魚の活性が高いときやドライフライにも出るようなときは、投げたらすぐにただラインを手繰るだけでも釣れますが
 それでは単調すぎてルアーのリールを巻いてるのと同じです。やり方としてはフライラインが水面で暴れないように
 ロッドティップを10cmほど水につけて胸あたりで手のひらを外に向けてグリップをかかえるようにします。このとき
 人差し指と 中指を開いてそこにラインを乗せます。慣れないとラインが指からおちたりしそうになるので、つい指を
 押さえがちになりますが それで引くと手が傷ついたり火傷を負ったりします。また、指で押さえられ気味のリトリーブでは
 水中のFLYの動きも スムーズではありませんので練習してみましょう。そしてリトリーブは反対の手の中に軽く握り
 親指で地面に向けてフライラインを押し落とすようにするのがいいでしょう。そしてその行為が時に「10cm、30cm」
 あるいは「30cm 30cm 70cm」などと自分なりに変化させて誘うのがいいでしょう。リトリーブは早く行えば
 FLYは浮き気味になってしまいます。着水してから沈むまでのカウントダウンや引いてるときのリトリーブをクィックに
 したりスローに したりしてアタリを誘いましょう。そして良く釣れる様になればそれが貴方自身の最良の
 リトリーブの仕方であり不動のものなのです。

 ドライフライ フィッシング
 ドライフライと言われる水面に浮くフライで魚を釣ります。ドライフライといえども浮力材は不可欠でそれを用います。
 また、フライを浮かせるにはフライラインも浮いてなければけませんのでフローティングのラインを使います。
 確信のフライを投下し、水面に魚を出させて釣る。水面下の釣りとは違う面白さがここにはあり、まるでスナイパーにでも
 なったような気分になるでしょう。しかし池の魚といえども四六時中ドライに反応するわけではありませんので水面に
 落ちた虫などに反応するときにするのが一般的です。ただ、エリアの中の魚でヤマメや岩魚といった類にこだわらず
 ニジマスを狙うのであればドライフライ=虫といった概念をすてて狙っても反応する事が多いのです。
 よくサイトの釣りをしてる人達が、釣りながら魚がシビアで#24まで落としたのに食わないなどと言うささやきが
 耳に入ってくるそばで、、ドーンと一発#8番や#6番くらいのドライを投げて釣ることがあります。これは、遠投することで
 魚がすれてない部分の場所にフライが投下された所為もあるでしょうが、シビアにこだわったドライフライとは違う何かが
 マス達の興味性を引き出して釣れるものと思われます。寒い冬でも成立することを考えてもそう思わざるをえません。
 じっと魚の反応を待つ方法もありますが、前後左右あちこちにキャストを繰り返し魚に衝動的に食わせる攻めの
 釣りもあります。また、ドライフライを表層で引く釣り方も考えられます。

 Tactics   
 止水の場合はフライラインの完全なターンとFLYの水面へのソフトな着水は必至であり、先ずそのへんの技術的なものを
 高めましょう。FLYについてはヤマメや岩魚などはかなりシビアなときが多く、プールでのライズが始まった時などはその類の
 FLYに大きさや形、色など似せたものを使うのが普通ですがマス(レインボートラウト)はわりとアバウトなので興味性があれば
 出てきます。その所為か大きなFLYやコケティツシュなFLYでも釣れますから自分なりに創作して遊ぶのも楽しいです。
 ドライフライの合わせですが、魚がそのFLYに口をあけてアタックしてきたときに、やたら引き抜くようにRODをうしろにあおるのは
 なかなか合わせが難しいと思います。魚がFLYをめがけて口をあける。それを感じて FLYを引いてしまう。これでは点と点の刹那に
 フッキングを試みようとするのですから大変だと思います。これは渓流でもみんなに口をすっぱくしていってる事ですが、魚が出る
 瞬間にロッドをスッーと前に送るようにして合わせると、僅かなラインの緩みに魚が反応し、FLYを引き込もうとして放すのが
 遅くなるので合わせやすくなります。魚がFLYに口をあけてアtックする際の、点の行為に対して僅かに緩んだラインが線の
 動きを作って釣り易くなります。点に対して線を作るようにする。なかなか、アタックする魚に対してロッドを引かないで前に
 出すような感じで合わせるのは勇気が必要でしょうが管理エリアならそれも出来ると思います。

 その他の フライフィッシング
 管理エリアの釣りのスタイルとして実はもう一つあります。これはある程度ベテランの人達が到達する釣りで魚の活性が高く
 水面にうわずっているときなどに有効です。使うフライは#16番前後の小さめのソフトハックル系やニンフなどです。釣り方は
 ダブルテーパーのフローティングラインなどでマーカーなどは使わずに水面にフライを投下します。投下した瞬間に水面で
 アタックがあれば合わせるし、そのときアタリがなくてもラインをスッーと引いて沈みかけたフライを表層を引くようにしたりして
 魚のアタックを引き出します。こういう釣りでは、マーカーに頼らずとも、手に感じたり、フライラインが前方に動いたり
 少し浮き上がったりしますので、それで釣りが成立します。DTのフライラインであることやラインのアタリの視認などを考えても
 大体が10m前後で行われ使用するロッドは#2から#4番くらいです。打ち返しが結構頻繁に行われるのと細いティペットで
 狙うので2番ロッドでもナローなループでコントロールも良く15mくらいは投げれる能力と共にターンもきれいでないと傍目に
 目立ってしまうので、そのあたりに自信が付いたらトライしてみましょう。フライラインが先に水についてあとからリーダーや
 ティペットFLyなどがふにゃふにゃと落ちるようではアタリが出せません。FLYが先に着水するかラインが伸びきって
 全体が同時にそしてしなやかに着水させましょう。

Tactics    
 少し高度な釣りですがシビアな釣り場ではかなり有効なやり方です。その季節、その時々の魚の停泳している層を
 見極めてFLYも 替えて挑みます。表層のときはボディにスレッドだけやピーコックだけを巻きハックルを2巻きくらいで
 パラリと仕上げたもの がいいでしょう。サイズは#16前後でキャストしたときに、水切れしていてFLYが浮いていてくれば
 ドライ状態。やがて沈むときに くればイマージャー的な状態で釣りが成立しますし、それでも来なければ表層あるいは
 水面下を誘います。魚が沈み気味で 棚が深ければソフトハックルをパラリと巻き、ウェイトを入れたFLYなどで
 しっかりとターンのするキャストをし、伸び切った FLYラインの変化を待って釣ります。その際にアタリがないときは
 ラインを揺らさないように静かなリトリーブをして誘います。