How To Fly Fishing  フライ キャスティング        
 
 釣りとキャスティングをを快適にするためにはフライで絶対にしてはいけない行為があります。 
 フライライン先端にリーダーをネイルノットなどで結ぶことは大きな間違いです。

 フライライン、とくにWFのラインなどは、先端にラインのループが綺麗に出来るためや、ソフトにターンするための
 テーパーが設けられています。新品を見ればわかりますがこのテーパー部分は短いもので15cmほどで長いものでも
 先端30cmくらいの間で出来ています。これはラインを折り返した20cmくらいのところで左右の太さを比べると
 一目瞭然です。リーダーを直接結んだり スプライスなどを何度か繰り返すうちにフライライン先端がカットされて
 テーパーのない部分に結んだりすることになるでしょう。知らない人は リーダリンク等を使わないで結ぶのを
 ステータスみたいに思ってるでしょうが、それはキャスティングが下手な初期にリーダーリンクが割れたりした事があるかも
 知れません。リーダーリンクにも割れにくいものも(EAGLECLAWなど)あります。 またブレイテッドループなどを使用して
 20cmにも満たない大事なラインテーパーを守って快適に長く使いましょう。これはダブルテーパーでも大事なことで
 カットを繰り返すと太い部分にリーダーを結ぶことになり渓流ではドラグがかかりやすくなります。
 
 中には10p位、あるいはそれ以下のものもある。
 
 昔、初期のころにはリーダーリンクやブレイテッドループがなかったので、そのころの名残りで直接結ぶ方もいるのでしょうが
 フライライン先端のテーパーが保てるようにカットには気をつけたほうが良いと思います。テーパーがないラインは
 フォルスキャストもシュートもガクンという感じでターンをしてしまいますので ソフトに流れるようなキャストが出来ません。
 また、魚がかかった際の負荷の吸収も悪くティペットへの負荷も大きくなり、バレや切れの要因になります。


 How To Fly Fishing 

 フライキャスティング 

 ある程度上手になってしまった人達には過ぎてしまえばたわいのないことですが、フライを始めたばかりの人には思うように
 ラインが飛ばずに厄介なものに感じるでしょう。力任せに振ったりしてビュンビュン丸になるかフニャフニャのトルクのない
 ラインが風に流されながら落ちるか、はたまた自分を釣ったりの危険きわまりない状態になるかです。
 しかしフライのキャステイングは、そんな難しいものではありませんし、日夜練習するものでもないのです。

 ものの本ではダブルホールに1年も要したのだとか、毎日1時間も練習して現在に至ったとか、やってないと駄目に
 なるとか記述されているのを見ますが、茶番に感じられます。確かに根本の理論と科学された立証が出来ない人は
 そのような苦労を強いられ、その苦労を自分の中の大変な体験談として語るか、美学のように邂逅しています。
 でも、実際はそれほどの大げさなものではないと思います。誰でも割と間単に出来る遊びだと思います。

 マエストロでは20年余間に、4000人以上の方たちにキャステイングや釣りを教えてきた中で、逆に初心者の方から
 得るものも沢山ありました。それは彼らに教えてるうちにどういう人にはどう教えたら最短なのかと勉強させられたことで
 ますます簡単に指導できるようになった事です。あと、これだけ沢山の人に教えていますと、はっきり言いまして一人一人に
 時間を費やすのは教える側にとってはかなりの苦痛です。だから最長で2時間のフルラインシュートが殆ど可能な
 スクールが出来る様になりました。しかし、スクールに来れる方はいいとして遠方の方にはどう手助けできるのか考えたとき
 何とかこのページ上でお役にたてないかと思い、キャスティングについて記すことにしました。昨今、管理エリアなどで
 めちゃくちゃなキャステイングを見るに付け、心が痛むばかりではなく、フライフィッシングの衰退につながる危惧さえ感じます。
 そのためにもこちらにこれない方に少しでも役にたてればと思い、文章にしてみる事にしましたが、実際にレッスンするのとは
 違いどこまで理解していただけるか解りませんが、次項の「独りでキャステイング」 を参考にしてトライしてみてください。
 その過程でわからない場合はメールにて応える用意もありますので遠方の方、こちらに来れない方はご利用下さい。


 独りでキャステイング

 ダブルホールのためのフォルスキャスト  ダブルホール から始める。  (ダブルホールがしやすいフォルスキャスト)

 オールSiCガイドのフライロッドならダブルホールは、スネークガイドのようにガイドの根元でロッドに干渉しないので抵抗なく
 直ぐに出来る様になりますがスネークガイドでは相当な練習が必要ですし、仮に出来るようになってもWFラインでは
 やはり抵抗が生じてバックでは本当に完全に引かれることがいつまでも出来ないかも知れません。

 そこで裏技を教えます。2ピースならロッドのトップ、4ピースならトップと2番目。いわゆるスネークガイドの付いてる部分を
 外側に向けて繋ぎます。つまり、フライリールに対して同じ向きでなく90度の横に向けて繋ぎます。そうすることで
 フライラインはバックキャストのさいにロッドにこすれることがなくなり、抵抗なく後方に伸びるのでダブルホールが早く出来ます。
 ただし、バックに振るときに手首を外にひねるような行為をする人は無効、無意味です。フライリールをキャストの方向の
 前後にまっすぐ向けた状態でロッドを振ることが絶対です。ラインがロッドに干渉しないのでホールはスムーズで、ダブルホールが
 出来る人でもその凄さは体感できます。ただ、その方法でいつまでも使用するのはSiCリングとは違うので、抜け、はずれや
 磨耗が早めたり、ロッドティップの折れ、破損が生じますのででダブルホールのマスターのお試し程度にしてみてください。
 とくに、ロッドには最初から向きや方向を想定してガイドを取り付けていますので練習程度なら大丈夫と思いますがフライを
 付けた釣りや、その状態での長期の使用では折れるので気をつけてください。

 ダブルホールは一番最初の基本です。ダブルホール無しでキャステイングに入るのは、手綱のない馬にまたがるのと同じだと
 考えてください。但しダブルホールを可能にするためにはフォルスキャストも必要です。これはあごの下辺りに自分の親指が
 見えるところから後方は耳の後ろくらいまで手首を使わないで肘を上げるようにすれば出来ます。このときのロッドティップは
 あまり寝かさずに最低でも前方で10時後方で2時くらいを保つ事です。此処で気をつけなければならないのは出来るだけ
 移動する腕にストロークを与える事です。野球のボールを投げるように脇は開いてもかまいません。脇を開かないで後方の腕を
 保持しようとすると人間の胴は丸いので、それに沿って腕が動くとロッドティップは頭の後ろか、利き腕の反対の方に行って
 しまいます。後ろに振ったとき自分の手が見えるくらいに開いて、前も腕が伸びきらないようにして腕を「くの字」に曲げたところで
 ロッドをこらえながら送ってください。そして前方のラインがターンしてループが伸びきる瞬間をとらえたら。小指や薬指に
 しっかりと力を加え手首が開かないようにして肘を上げていきます。(後方に脇を開けば肘も少し上がる)腕を後方に移動します。
 後方から再び前に振るときは、このとき開いてしまった手首をすぐに閉じないで開いたままで前方に腕を移動し、最後に再び
 手首を締めるように閉じていきます。このとき後方では開いていた脇も体につけるようにして閉じていきます。さてこれで
 フォルスキャストはOKですがこの際の力の配分について言いますと、すべての力の込めるところは前方のラインの
 ターンから後方への 移動と、後ろのラインのターンから前方への移動の2箇所だけです。その瞬間に入った力は
 双方とも自分の頭を通過した時点では ブレーキ(アンチロック)をかけるように殺していきラインのループが解け伸びきるのに
 合わせるように腕を送り続けてください。

 気を付けの姿勢で振ろうとしたり、手首を開かないようにする事は不自然だし柔軟性に欠けキャスティングの習得に長い時間を
 要してしまいます。野球のボールを投げるような自然な感じで、腕にも前後のストロークを与えてください。ロッドのティップは
 柔らかいので手首でも曲がります。しかし、せっかくの長さを活かすにはバットからトルクを発生しなければなりません。
 ティップの曲がりがバットにまで曲がりを与えてしまう柔らかいRODでは手首だけでもキャスティングがある程度可能になり
 勘違いしがちですが本来ロッドティップは魚を釣る部分と考えてぶらさないようにしましょう。ラインを3mほど出して手首だけで
 ロッドを勢いよく振ってみるとRODティップがブランブランと暴れるのが解るはずです。これとは逆に手首を使わないようにして
 ストロークでロッドを前後に動かすとラインの重みをバットで受けて根元の方から曲がるのが感じられるはずです。
 但し、このとき決して最後のロッドが返る場所までスピードや力を加えないで下さい。やはりティップが跳ねてしまいます。

 フォルスキャストは3回前後すれば3回の連続運動です。ここで、連続運動について認識します。前や後ろに思いっきり振れば次の
 動作に入るときに、「静止か休め」の状態が発生します。これでは振るたびに0(ゼロ)に戻りフォルスキャストの回数の
 意味がありません。 もっと解りやすく実験してみましょう。フライロッドの先端からラインを3mほど出してロッドのティップを
 円を描くように回して (リボン体操のリボンを回すように)見てください。このときスムーズな円が描けるにはどうすれば
 良いか自ずと解ると思います。つまり、後ろでティップを跳ねたりロッドを思いっきり止めたり休んだりしてはラインが落ちたり
 暴れたりしてしまいます。 リボン体操のリボンのように丸いループをスムーズに描けるように なったらそのまま今度は
 その回転運動を円から楕円に移行し最後はその動きを変えないようにしてロッドを前後に動かしていってください。
 このとき、感じるのはフォルスキャストは その回数の間は連続運動だと認識するはずです。ロッドのパワーを
 ロスさせないでラインをリリースするまでの整える行為なのだとわかるはずです。

 キャスティングはロッドティツプを跳ねたり ぶらしたりせずに止めなければいけません。前から後ろにロッドを振ったときに
 最後まで急激に力を加速させれば、最後は腕をロックせざるを得ません。腕をロックしてしまうと後方にせっかく2時くらいまで
 ティップが倒れていったものが真上辺りまで戻ってしまいます。殆どのキャスティングの悪い人はこれで、今度は前方に振るときに
 その12時辺りの位置から投げようとしてるためにラインは前方に伸びず、ループも出来ないのです。ロッドを見ながら後ろに
 (姿勢を真横にしてもかまいません)振ったティップがラインがターンして伸びきったところで止まるように練習してください。
 と言っても腕を止めようとしてしまうでしょうが、実はティップがきれいに静止するには腕を止めないで送り続けることなのです。
 前から後ろに返した力をすぐに抑えてロッドを流すように送り、ターンが後方で終わる瞬間に、今度は前方に振る。
 これがフォルスキャスティングでそのためにもロッドティップの 終わる位置を常に同じ場所に保たなければきれいなループが
 連続しません。 後方にロッドを振ったときにRODを止める事を腕を止める事だと勘違いして振ってる人も、実は前方では
 RODのティップがぴたりと止まってます。 後ろもそうすれば問題ないのですが、人間の腕は前方では曲がりが開き
 ロッドの重さも加わって急激にブロックして保持する事などはなかなか出来ません。だから知らない間に前方に解けるラインに
 合わせて腕が送り続けられロッドティップが止まり次の動作にスムーズに備えられるのです。ところがバックでの
 腕は{くの字}に曲がり最後は方にブロックされ急に止まってしまいロッドが跳ねてしまうのです。
 そうならないようにするためには脇を開くか肩を回して、前方で腕が伸びて柔軟な動作が出来たのと同じものを後方でも
 作っていかなくてはならないのです。


 ダブルホール 簡単マスター (ダブルホールが出来なければキャスティングではありません)

 フォルスキャストのスタートのときには、前方でグリップを握り反対の手でラインを持ち、必ずグリップを持った手の指の近くに
 添えてください。このとき指を離してしまう心配がある人はラインを中指などに2,3回巻きつけて置いてください。
 手首を開かないように意識してRODを後方に振ります。このときラインを掴んだ手を外ではなく、まず真下に同時に引きます。
 引かないで後方に片手だけで 絶対にRODを振らないで下さい。漢字の八の字に意識して開くようにしてください。
 但し、完全に習得するまではラインを引き過ぎないようにしてください。最初は30cm位に抑えるのがコツで次に後方に
 戻すために柔軟な感じで待機しています。そして後方にラインが伸びるのを感じるか、RODが向きを後方に変えたらグリップを
 持つ指の辺りのところまでラインを持つ手を戻してあげましょう。このときラインが戻らなかったり、引っ張られる感覚が
 わからないのは、後方へのフォルスキャストの際に手首を先に開いてしまったか、あるいは一の字を書くようなストロークを
 与えたキャストがなされてないか、あるいはラインを持つ手が付く前にRODが前方に向いてしまったかです。たとえ後ろの
 地面にラインが着いてもかまいませんからダブルホールの為にラインを持った手をRODが迎えにいくような事はしないで
 ラインが引かれグリップにその手が付いたところで、初めて前方に向かってRODを振ります。このとき前でやったように
 後ろのラインが伸びきって向きを変える瞬間にラインの手を下方に引いて見ます。そして、前方にラインが伸びていく間に
 その手を戻し最初に戻ります。この動作は一瞬のキャステイングの中で行われるから難しいと思う方が多いでしょうが

 実はこの練習の為に「一瞬のキャステイング」動作を一瞬ではないものにして行えば簡単です。一瞬ではないものにするには
 前項で述べたようなリボン体操の如きスムーズなロッドの動きと出来るだけゆっくりとした動作で長いストロークでRODを
 前後させてください。そうすれば引いたり戻したりするタイミングが掴めます。また、どうしてもラインの加重や引っ張られる
 感じがわからないという人はロッドティップからラインを7mから10m位出しそれを二つに折って先端部と途中50cm位ずつの
 ところと最後尾をセロテープで止めて振ってみてください。 ロッドの番手に対して加重は大きくなり、ラインが勝手に引かれるのが
 感じられるはずで、あとはそれに合わせて手も動いていくと思います。最後に何故ダブルホールが必要なのかと言いますと
 ロッドが前方や後方から向きを変えるとき、ティップは完全なるストローク状態が保持できず弧を描いて変化します。
 この際にループの下方のラインに弛みが生じます。この弛みを引いてあげることでラインの慣性が前方へと働き加速度も
 増すのです。それはシュートの際にもラインが水面にヘナヘナと着水する事のないためや素晴らしいターンを得るためにも
 必要な行為であり風にも強いループが出来ます。これはフライキャスティングのテクニックと言うものではなく絶対の主役で
 ありこれなくしてフライキャステイングが出来るなどとは口が裂けてもいえないことなのです。