キャスティング練習 キャスティングスクールA 古いのは割愛してここ1,2年のものの1部を掲載            


 東京   埼玉  Mさん他
  
 今年の前橋は例年になく寒い、大雪もあった。
 それでも、Schmitt の進化を知るべくスペイキャストを試す人が多く来る。
 もちろんガツンガツンとラインがターンする衝撃が手に胸に
 響く飛びの凄さにすべての人が購入してくれる。

 ROD: Schmitt DH1404−8    0DH1504-10
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 群馬 Tさん

すでに何本ものSchmittの愛用者である。DH1363−6は特にお気に入りで釣りに多用している。
今回は九頭竜川のサクラマスに使うSchmitt DH1404-8でキャスティング。


ROD: Schmitt 1404−8
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 I’K     A      I      O   YUーSAKU 

 あんまり寒いのでシューティングヘッドで 45mのシュートごっこ。

ROD: Schmitt908XX

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 キャス練

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 栃木 Kさん 
  
ROD: Schmitt1204-6

-------------------------------------------------------------------------------------------------

  
 ROD: Schmitt 1304−7
-------------------------------------------------------------------------------------------------

 ROD: Schmitt 1304−7
-------------------------------------------------------------------------------------------------

  
ROD: Schmitt 1304−7
-------------------------------------------------------------------------------------------------

埼玉 A さん 夫婦

ROD: Schmitt 1303−6       Schmitt 1404−8XX
------------------------------------------------------------------------------------------------

 群馬 Hさん

ROD: Schmitt907

-------------------------------------------------------------------------------------------------
  東京 Sさん

ダブルホールが出来ると遠投は容易である。
シングルハンドでフルラインの出した後は川に移ってスペイキャストの練習となった。

ROD: Schmitt1204-6    876
-----------------------------------------------------

 
ROD: Schmitt876   Schmitt1204-6
------------------------------------------------------------------
 栃木  Wさん

ROD: Schmitt1204-6--------- 群馬 Sさん  ROD: Schmitt1304−7

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 埼玉  2名
 
 こちらはパワーのあるキャストがすごい。オールSICガイドは後方が強く引かれるのでフォルスキャストの
 タイミングが正確に取れると言っていた。シューティングヘッドでは40mを飛ばした。

 ROD: Schmitt 876


 北海道 千歳市からキャスティングレッスンに来られた Aさん。 すでに何本かのSchmittを持っている。
 かなり上手だとは思うが最終的なチェックが出来たことでナローなループはもちろんシュート力も増した。
 

ROD: Schmitt 876 
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 キャス練  (20人)

 宇都宮 Fさん、初めてのダブルハンドロッドでスペイキャスト。ひたすら投げることに専念して
 おおよそ1時間後には40m位まではスペイキャストで飛ばすことが出来るようになった。
------------------------------------------------------------------
こちらから下の画像は908XXで40mの長さのWFライン(#7)のフルラインを投げているもの。
  



殆どの人がチャレンジしてクリア、風は微風だが向かい風気味、

 


ROD: Schmitt 908XX  876   1404−8


 川崎 Tさん
 こちらに来るまでに何回か習ったということである。
 手首を固定され片手の前後ばかりのキャストだったという。
 この日はおあつらえ向きの強い向かい風が吹いていたので
 風に向かって教えたのでダブルホールは3分で習得。
 20分後には向かい風の中WF6Fの26mラインがシュートで出た。  

-----------------------------------------------------------------------------------------
栃木 Aさん
 フルラインまでのキャスティング。かなりセンスが良いので教えやすい。20分もしないうちにクリアした。

ROD: Schmitt 876
-------------------------------------------------------------------------------------------------
 川崎 k さん 東京 Yさん他
 
  
 WF フルラインは当然だが最近はシングルハンドのスペイキャストに夢中だ。

ROD: Schmitt 876     908XX    DH1304−7   etc