Maestro 実践 キャスティング トライ    Schmittのロッドの試し振りのなど映像です。 

 Schmittフライロッドのフライガイド(両足)の逆付けの理由と、その大きな効果。

 Schmitt Fly Rod 究極の秘密飛距離シューティング用ランニングラインの恒久使用。
 ライン抵抗軽減の大きな効果を得る方法。ライン油が無くてもOKなど、

 実はSchmittフライロッドは、ロッドの性能だけではない、更なる快適な使用のための秘密があります。それは
 オールSiCガイドは当然 ながらバット部分の両足のガイドがすべて逆向きに取り付けられ手いることです。
 スピニングロッドを見ればその理由は当然ですが昨今の遠投の役目を担うシューティングラインのガイド抵抗は
 大きくさらに普通向きに取り付けられたガイドではラインの振幅が足の左右に激しく当たり抵抗の大きさは
 もちろんのことラインそのものがすぐに傷つきやすくコーティングなども容易に剥離して長持ちしません。
 スピニング用のガイドは当然そのことを考慮してガイドのフットがラインに干渉しないように出来ています。
 かってのWFのフルライン程度で使っていた時代のフライロッドならガイドフットのことも気にならなかった
 でしょうが今はシューティングの遠投やスペイキャストでさえ、よりと遠くへと飛ばそうと しています。
 そんな中でSchmittでは何度も実験を重ねスピニングロッドのガイドを 見れば当然のことですが
 フライロッドでもフットの角などへのライン干渉が無いことがダブルホールはもちろん、シュート性能に
 大きく 関与することがわかりました。そしてシューティングラインも痛まず飛びも快適であり
 ロッド性能にブランクの良し悪しだけではない大きなプラス要因となっています。ラインが振幅して早い
 動きでガイドに干渉するのはシュートだけでなく突然魚に走られたりしたときも おきることです。
 逆にリトリーブや取り込みのスピードでは従来の足が逆になっていたからといっても殆どライン振幅や
 大きな干渉は無く心配は要りません。シューティングラインが速いスピードで振幅しながらガイドフットに
 擦れて出ていく現象をガイドを逆につけることで快適に音もなくラインが飛ぶことに感動するかと思います。

 *** 最近は SHIMANO ウインストン などのフライロッドでもバットのガイドが逆についているものがあります。


          
   スピニングロッドのガイド        トップの方向    一般的なフライロッドのガイド

   トップの方向   Schmittフライロッドのガイド

 
 動画 フライガイドの逆付けによるライン抵抗軽減。

  シュートの際には振幅したラインが映像のようにガイドの足にぶつかりながら出ていきます。
 この抵抗は飛距離がダウンするだけでなく ラインへのダメージは大きく、コーティングの剥離やささくれなどの
 原因になります。反対についてることと、オールSiCガイドであることで飛距離20%増しのSiCガイドの
 効率ををさらに高めています。 Click