G ランナー  Sランナー リトリーブの最高フライ         



  Fly Casting.....フライキャスティング は とても簡単なものです。


 ダブルホールが出来ますか?
            フルラインが出せますか?
                  きれいなループでキャスティングが出来ますか?


 Schmittフライロッドは最高性能、最高級のライン用のガイドを
 ロッド1本すべてに使用しています。

 だから、針金のスネークガイドのようにラインが思うように滑らなかったりして
 初心者がダブルホールが出来ないなどということはありません。
 ロッドを前後に振ってるだけでラインがガイドの中で円滑に動き、すぐに
 ダブルホールが始まります。

--------------------------------------------------------------------------------
 
Schmittフライロッドはフライラインのドレッシングがなくても快適に飛ばせます。

 針金のスネークガイドのロッドではラインンがロッドのガイドを行き来する際にシャーシャーと
 音がします。さらにフライラインの油が切れるとキャスティングもしずらくなり飛ばなくなります。
 Schmitt フライロッドではラインがガイドに擦れる音も聞こえず、ラインに関しては
 いっさい手入れをしないでキャスティング練習用の貸出ロッドとして週3くらいで3年も使っても
 ラインが滑らないなどということもなく遠投性能も変わりません。
 しかも、誰でもが30m以上の遠投をすぐに体感できるのです。

 それこそが性能の証明であり、針金ガイドとは違う歴然とした差の証明です。
 
 ● 事実はインデックスページの 「初心者でも僅か数分でダブルホール〜遠投が出来ちゃいます。」で
   はっきりと見れます。ロッドの価格はともかく針金ガイドは1個云十円なので、利益上
   メーカーさんはどんなことをしても、固辞したいところでしょうが、管理エリアに行くとわかりますが
   こんなにもまともにキャスティングが出来ない人が多いのかと思うのみです。
   まともな性能のガイドを付けて、誰でも簡単に楽しく振れるロッドを作ってやりなよと
   言いたくなります。フライキャスティングを簡単にするように出来るのにしないので
   この頃はとくにSiCやトルザイトなどのリングガイドのロッド使用者とスネークガイドの人との
   上手い、下手の格差がどんどん広がっているのが見て取れるようになりました。



 スネークガイドのダブルホールの検証!

 スネークガイドではバックキャストでフライラインがロッドに擦れるので大きな干渉を受けて
 本人はダブルホールをやってるつもりでしょうがラインは弛んでいてバックの
 ループがパワーを失ってしまい、結果的にフライが地面に付いたり、シュートが飛ばないなどの
 大きな要因になっています。下の画像はそれらの要因でダブルホールがまともにはできていません。

 * よく、ダブルホールが出来ない人のいいわけで、渓流釣りだけだからとか
 遠投はしないからとかいいなどと言う人がいますが、ポイントへの正確なキャストと
 静かなラインターンやフライの着水などはダブルホールが作用する技です。
 また、渓流でも開けた場所やシビアなプールでは遠投が出来る方が有利です。
 さらには、強い風の中でのキャストもダブルホールがラインをコントロールします。

 さらに、ダブルホールは高番手(#6番〜#8番クラス)出ないとできない。
 低番手の渓流ロッドは出来なくて当たり前くらいなことを言ってる人がいますが
 それは言い訳です。その証拠にSiCガイドでは#2番ロッドでも初心者が
 ダブルホールをすぐに開始できます。

 バックキャストではスネークガイドの根元でフライラインはロッドに直接擦れるために抵抗を受けて勢いを失う。結果的にバック方向にラインが伸びない
 強く引かれていないという証拠が 矢印 示す先のバックキャストでのダブルホールのフライラインの弛みである。外人はダブルホールが苦手の
 人が多く、ダブルホールでフライラインがロッドに干渉しないように横振り、つまりロッドを斜めに大きく傾けて振ることで少しはダブルホールがしやすいのか
 そのような映像が多くみられる。但し、日本の狭い管理エリアや湖でそのような振り方をしたら隣の人に当ることは間違いない。また、そのような
 キャスティングはお世辞にも上手とは言えないし、ラインのループも見えず気持ち悪いものがある。



 SiCガイドのダブルホールの検証!

 ダブルホールがガイドの抵抗を受けていない確たる証拠の画像です。SiCガイドのリングの中を
 往復するフライラインはロッドに干渉することがなくスムーズに伸びていきます。
 ダブルホールが出来ない人でもロッドを振った途端に、スネークガイドでは感じたことのない
 凄い力でバックにラインが引かれるのを覚えます。その凄さにかってに前後で手がラインに引かれて
 ダブルホールが出来てしまうのです。正しいダブルホールが出来ればタイトなループと
 飛距離の長いシュートはその副産物としてすぐに手に入れることが出来ます。

 バックキャストのダブルホールのラインは真っ直ぐに弛みなくロッドとラインを持つ手の間できれいな
 二等辺三角形の形で決まる。なんの弛みもなくこの様にラインが張っていることはバック方向に
 フライラインがきれいに、力強く伸びている証しである。
 オールSiCガイドのロッドではフォーワードキャストの
 ダブルホールでも二等辺三角形のきれいな形で
 決まる。

 オールSiCガイドのキャスティングはバックループが水平にタイトに伸びるので
 実際の釣りでのキャスティングもバックでラインが垂れてフライが地面の草や
 樹木などを釣ることなく快適なキャスティングが出来ます。
 加賀フイッシングエリアでのお客様の感想ですが、3つあるポンドで
 Schmittでキャスティングしてる人たちは、遠目で見てもすぐわかると
 言ってました。Schmittの人たちはバックラインは皆、タイトなループで
 誰も、垂れることはなく、水平、あるいは斜めにまっすぐに伸びてるので
 一目で確認できるそうです。

 フライキャスティングは見られています!上手いか下手かは一目瞭然です。
 ダブルホールは初心者のスタートラインです。

 そして、きれいなループとフルライン。さらにはシューティングシステムで。
 30m、40m先に飛ばしてみましょう!これは難しいことではありません。


 ● SiC ガイドはバックキャストでフライラインがガイドの抵抗を殆ど受けないので
   タイトなループが作れる。ラインがロッドの干渉を受けないでスムーズに
   リング内を動くことでループは乱れがなく綺麗だ。
   当然、摩擦抵抗も少なくシュートの飛距離も素晴らしい。

 一般的なフライのループは中央部分が垂れて涙型状のふくらみが出来るが
 オールSiCガイドのSchmittではベリーが垂れず、水平で直線敵だ。
 ころがるループとかいう丸みを帯びたループとは一線を画すタイトなものだ。




-------------------------------------------------------------








 これが最高性能 Schmitt オールSiCガイド フライロッド
 初心者が分速でここまでなる!

 ここに初心者がダブルホールから始まるキャスティングの動画をいくつか記載します。
 これは、やらせではありません。 「分速習得 キャスティングレッスン」 という名のもとに
 行われた初心者、あるいはキャスティング上手くならなかった人たちのレッスンの光景です。


 分速 キャスティング 習得 

 ビギナーでもダブルホールが出来ればループの綺麗なキャストもシュートも出来ます。

 オールSiCガイド シュミット フライロッド、実録
 キャスティング習得3分足らずのすべてが見られます。

          
  画像をクリックして動画が見られます

--------------------------------------------------------------
 ● 川場 FP キャスティング スクール
       
 画像をクリックして動画が見られます

--------------------------------------------------------------

 キャスティング練習、複数回目の成果!

 シュミット 876  907  908XX  3回目
 (フルラインから シューティング40m)
 




 ロッドメーカーのキャスティング動画で如何にもという感じで説明してロッドを振ってるものが
 多くありますが、実はそれほど上手ではないということがすぐにわかるはずです。
 というか、SiCガイドのSchmittではそれらの動画のキャスティングより
 とてもきれいなタイトなループでキャスティングが出来るようになり、シュートの飛距離も
 負けません。絶対に言い切れるのはキャスティングのノウハウを動画で説明してる
 メーカーや有名人と思ってる方のキャスティングのダブルホールが
 日本、外国を問わずバックキャストで正確にダブルホールが出来ていない人が殆どです。
 その理由と事実は別項で詳しく説明いたしますので今少しお待ちください。

 ガイドやロッドの表面で干渉されないSiCガイドではロッドの前後で
 常に正確なダブルホールが快適に出来ます。その結果が飛距離のも表れて
 フライキャスティングがとても素晴らしいものだと感じるはずです。
 
 ダブルホールも出来ないままに続けていてもその先には進歩もありません。
 また、フライキャスティングは他人の眼から上手いか、下手かというのが
 一目瞭然の世界です。
 風にも負けないきれいなループを作れるようになり、時には30m、40m先に
 フライをシュートして見てください。こんなに楽しいものなのかと
 必ずや感動するはずです。逆に、せっかく始めたフライフィッシングで
 この素晴らしいシーンを自分のままに出来ないまま挫折していくのは
 とても悲しいことに思えます。



 スネークガイドのフライロッドの問題点!