Schmitt 904 FUJI 最高級SiCガイド仕様。オプションでトルザイトガイド仕様、フットは超軽量チタン製  


Schmitt フライロッドは、20年以上の歴史と日本製の最高級カーボンを使用して度重なるテストと研究で
 進化し続けてる最高のフライロッドです。用途に応じた、各番手ごとにテーパーデザインやアクションが考えられ
 さらに、高価なことからフライロッドではバット部分かトップにしか使われないSiCガイドやトルザイトガイドを
 ロッド1本に丸々使って、スネークガイドのロッドより20%〜30%も軽く出来ています。また、トップ部分は
 ロッド本来のアクションを損なわないシングルフットで仕上げられているために、両足を縛られて止められている
 スネークガイドロッドのようにトップ部分の持ち重りもありません。もちろんスネークガイドはガイドの足の左右を
 止めることでことで、曲がりやアクションに致命的なダメージを与えたり、ラインのスムーズな動きを損ないますが
 SiCやトルザイトではシングルフットで片方だけをスレッドで止めるだけなのでロッドのアクションはほとんど
 阻害されません。(SiCガイドはフット強度、形状等から#3番ロッド以上に使用。Oikawa Bamboo にはトルザイトです。)

 SiCガイドやトルザイトはバックでロッドへのラインの干渉がないために後方にラインが強く引かれるので
 初心者でもすぐにダブルホールが出来てしまいます。そして常にバックキャストの際に後方にラインが強く
 引かれるのがわかることでシュートのタイミングも掴めるのでフルラインも簡単に出すことができます。
 Schmitt フライロッドでは愛用者のほとんどがフルラインという30ヤードあるいは26m強のラインが
 どうしてこんなに短いものなのかと感じています。それは高性能ロッドにとってはあまりにも短く子供が走る
 程度の距離であり、フォルスキャストで間違って手を放してしまえば出てしまう距離なのです。



革命の#4番ロッドが、さらに革命的なロッドになってデビュー!

 従来のフライラインを使わなくても、誰でも簡単に遠くに飛ばせます。しかも、ワンキャストなら
 教わることなくルアーより簡単です。もちろん、本来のフライラインWF4FやDT4Fなどでは
 簡単にフルラインが出せてしまいます。
 シューティングシステム(シューティングヘッド)では40m先へ飛ばせます。

 ライトな#4番ロッドが本来の釣りの楽しさと、キャスティング性能。大きな魚とのやり取りを
 バランスよく表現してくれます。

 ● 完全な初心者も簡単に遠くに投げれます。ルアー感覚のワンキャストで飛ばせます。ルアーより簡単です。

 しかも、ワンキャストで〈遠投できるロッドアクションなのでルアーからの転向者も簡単に飛ばせます。
 この#4番ロッド、904ではワンキャスト(シューティングシステム)で即座に30m先が狙えます。
 ただし、スペイヘッドやシューティングシステムでのワンキャストです。初心者の方はワンキャスト以外の
 フォルスキャストやダブルホールを要したキャスティングをする場合は多少の練習が必要です。
 しかし、言い換えると20m、30m先にフライロッドでフライを飛ばす行為は誰かに教わらなくて
 難しい能書きのHOW TO 本を読まなくて誰でもすぐに出来てしまうのです。


 ● もちろんWF4Fでも簡単にフルラインが出ます。シューティングヘッドでは40mが狙えます。

  さらに画期的なのはスペイラインの交換ティップの4mクラス、重さ8g前後のラインをヘッドに用いて
   25ポンドクラスのナイロンラインなどと接続したシステムでスペイキャストで30mくらい先に飛ばせます。
   オーバーヘッドキャストでは40m先も狙えます。下の イラスト A のように円錐状のスペイヘッドを
   使うことでラインを使うことで強風にも強くビギナーでもワンキャストスタイルのシュートで
   30m先に飛ばせます。

  フローティングのシューティングライン、20ポンドから25ポンドくらいのものを用意してください。

  次にスペイラインの替えティップ、重さ7gから10g(長さは4mから8m)前後のものを用意してください。
   川の流れの強さや深さ、止水では魚のアタリの出る層に合わせてフローティング、インターミディト
   スローシンク、タイプ2くらいまでと使えわけます。
   スペイティップは¥2.000〜¥3.000前後です。場所や、対象河川、エリアなどに分けて
   3本ぐらいは用意しておきましょう。スペイティップにはリーダーとティペットをセットします。

 ▼ フライリールに5号(25LB)くらいのフローティングランニングラインを巻いておけば、あとは釣りに応じて
   スペイティップを交換するだけです。スペイティップには普通ループが付いていますので交換は
   簡単です。ドライフライの釣りではフローティングのスペイティップが必要になります。
   フローティングのスペイティップがあれば、本流や自然渓流のドライフライの釣りも出来ます。
   また、最新の、Schmitt 904はスペイキャストで遠くに飛ばせる設計ですので
   バックスペースのないところでもスペイティップだけで簡単に遠くに投げれます。

 ● 魚が良く釣れる。強風でもよく飛ぶ。その理由は空気抵抗の超少ない円錐状の先端が風を切り裂いて飛ぶからです。
  それはスペイラインのスカンジナビアンヘッドの交換用ティップだけでキャスティングを可能にしたからです。

  ;
   イラスト A

 フライリ−ダーやスペイティップなどは、横から見れば風を切る三角形状の円錐型です。だからキャスティング時には
 向かい風を切り裂いて飛び、魚のアタリや引きには抵抗がとても少なく結果的に良く釣れるのです。

  ショートラインをヘッドに用いても、一般のロッドのようにオーバータンがガクンガクンとすることもなく
   とても滑らかにループが解けていきます。シュートの着水も静かでスムーズです。その結果誰でも
   簡単に遠投が出来てよく釣れるのです。

-------------------------------------------------------------------------------------------------

 Schmittフライロッドは凄い。 誰でもフルライン、ダブルホールは3分で習得。

  Schmitt 904   ( Slowtaper セミパラボリックアクション )
    オールSiC ガイド or TR ガイド

 Schmitt#4番ロッド...は楽しく万能です。一般のWF4FDT4Fでも簡単にフルライン。
 本来のシューティングシステムでは気軽に40ヤード(36.57m)くらい先が狙えます。上手な人や
 システムしだいでは40mを実際に投げる人も沢山います。#4番とは思えない高性能を備えながらも
 細身で繊細な、本流、管理エリア、湖、すべてに使える超高性能ライトロッドです。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 昔は管理エリアもなく日本での#3/4番のロッドは渓流の感覚で始まり今でもその傾向はありますが#4番ロッドも渓流用でした。
 ダブルテーパーラインを使ってティップアクションでの繊細な釣りを売り物にしていました。今日、ロッドの進化で渓流用は#1や
 #2と いったものへと移行しつつありますが、日本のメーカーではいまだにリーダーフィッシングで曲がるか、あるいは
 ダブルテーパーの先を出して釣りが出来るようにティップの柔らかさを重視したものがほとんどです。Schmitt#4は、渓流の
 釣りから#4番を切り離して考えて、DTラインを使わないで常にWFラインのベリーを含むヘッド部分の重さを使った
 キャスティングでのロッドの硬さや 長さパワーを追求しました。その結果、3MプロフェッショナルのWF4Fで
 ワンキャストフルラインが容易に出せるようなロッドが出来ました。最近の渓流離れとエリアが主体になった現状を考えれば
 遠くへ飛ばせる能力を持ちながらも釣りが楽しく小型にも対応する低番手ロッドが必要なのです。
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 #4番 ロッド革命!高番手やツーハンドさえおびやかす飛距離なのに#4番の持つ繊細さと軽さは変えずにデザインしました。
 フルライン(WF4、26m)が出せます。また、シューティングヘッドを使ったテストでは40ヤード位は殆どの方がクリア
 しました。上手な方では40m以上の方もいます。#4番のロッドのメリットはシビアな釣りが出来ることです。それに遠投能力が
 備わったのでオールラウンドに楽しめます。小さいエリアで、釣りの醍醐味、いわゆる釣り味を楽しみたい方には最適です。
 もちろん遠投が出来るロッドなので大きなエリアや湖でのリトリーブ、ドライフライの釣りと幅広く活躍できるでしょう。
 遠投が必要ながら繊細な釣りもしなくてはならない状況、場所でのドライフライフィッシングなどの釣りなどにはとても有利です。


 よく曲がる! よく飛ぶ! 一般的な高番手ロッド以上の飛びを持ちながら繊細に魚と対峙することが出来ます。
---------------------------------------------------------------------------------------

 この904のロッド1本で細いティペットでのドライフライの釣り。さらに本流のウェットフライの釣り。樹木の被さった
 湖畔からの春ゼミフライなどを付けたシングルスペイやオーバーヘッドキャスト。さらに抵抗のない円錐状のラインを
 ヘッドに用いてのリトリーブの釣りはエリアでは投げるたびに魚をHITさせる潜在能力をも併せています。

 管理エリア 自然渓流 湖、、バックスペースのない場所でもロールキャスト、シングルハンドスペイで遠くが狙える!
 常識を覆した高性能!Schmittの#4番ロッドが新しいFFの世界を切り開く。


 昨今、エリアが増え、魚の供給が間に合わず、何匹かの大型魚を釣るのに沢山の小型をやっつけなければならないのが現状です。
 また、大きいエリアばかりではなく パワフルな高番手ロッドで遊んでるのも何かと逆に肩身が狭い気になります。しかし
 飛ばないと困るときもありますし、大きいフライやシンキングラインなども 使いたい日もあります。そのために#6や#7が主流に
 なりつつある傾向だったあるエリアの釣りでトライしたとき、一日、遠投し続けても30cm以上のマスは1匹も釣れませんでした。
 簡単に寄る魚へのストレスとキャステイングの疲れだけが残っただけでした。それは他のエリアでもありました。そのとき
 ひらめいたのがこのロッドのコンセプトでした。ドライフライも出来てマーカーやリトリーブの釣りも出来て、いざとなったら
 フルラインも投げれてさらにシューテイングヘッドもも使えて#4番とは思えないほどの遠くが狙え、標準サイズの魚たちとも
 楽しく遊べて、さらに70cmクラスの魚が出たときにも破損することなく対応できるロッドのことでした。小さなエリアも、大きな
 エリアも使えて一日中使っても一切疲れない近距離から遠投までも気軽に出来るなどこれらの思いがSchmitt904を
 完成させました。 このロッドの遠投性能の機能的設計にはロングラインのフォルスキャストでも テーリングがほとんど
 しないというのがあります。#4番で簡単にフルライン!これこそがフライフィッシングに求められる、本来の
 オールラウンダーフライロッドです。スペイキャストも しやすくWFラインでもかなり遠くへ飛びます。
 最近のテストで スカンジヘッドでは30m位はライナー性の飛形で遠くに伸びていきます。

 ●  バックスペースはいらない! シングルハンドなのにダブルハンドクラスのスペイキャストが可能です。
 
   スペイティップラインだけでも遠投が簡単!オーバーヘッドキャストで40m先が狙えます。リトリーブはアタリが明確に取れます。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 
軽快で繊細な#4番ロッド、細身のスローテ−パーに高弾性という組み合わせが、よく曲がるのに、よく飛ぶことを実現しました。
ワンキャストフルラインは当然ながら、シューティングヘッド(9m前後は)40m先へと飛ばせます。

 ● スペイヘッド(スペイティップ)4mから5mくらいのもので8gから12g位のラインを使えばバックスペースのないところで30m先にスペイキャストが出来ます。

 7g〜10g前後のスペイティップを使うことでスペイキャストの遠投も可能。



 2017 ニューモデル  ブランクカラー他のシングルハンドと同じブルーになりました。


 大チャンス ドライフライからウェット。本流のニジマスから
 遡上アメマスなど、、、湖のスペイやオーバーヘッドの遠投。
 Schmitt #4番ロッドが格安で手に入ります。
---------------------------------------

  Schmitt904  9フィート0インチ #4) ● オールSICガイド仕様   ¥51.800 (税別) (ロッド袋 付)
                        トルザイトガイド仕様   ¥53.800 (税別) (ロッド袋 付)


ブランクカラー クリアインクブルー 



 ▼ リールシート(現行ブルー)がブラックなどに変更、およびグリップのカラーの配分などはその時々の合成コルクの在庫で変わる場合があります。

 グリップは,とても高価な100%合成強化コルクを使用したものを採用しています。いつまでも、剥離やえぐれが無く快適に使え
 撥水や汚れの防護などはもちろんのこと快適なグリップ感覚で飛距離もアップします。

 ● コルクハンドルは撥水効果と汚れ防止、更には工芸的な美しさを考慮してワシンの木彫オイルを塗布しています。
 汚れが付きにくく撥水効果もあります。あらかじめご要望があれば無塗布のものも可能ですのでお申しつけください。


  Schmitt すべてのシングルハンドが、ねじ式で着脱可能な
 エクステンション(アンダーグリップ)5cm or 10cmのものが
 オプションで使用可能になりました。Oikawa  711−3 は除く 

 ワンタッチでバージョンアップ。軽快で遠投が容易なスイッチロッドになります。
 また、大型魚と対峙する時だけに着脱可能なエクステンションバットとして
 使用できます。スペイやツーハンドキャストが楽しめます。

 フライロッドのリールシートエンドにアンダーグリップ装着(ねじ式)するだけで、ショートグリップは
 エクステンションバット、または少し控えめなツーハンドスタイルの軽快なスイッチロッドになります。
 ロングのアンダーグリップは完全なスイッチロッドになりますのでスカジットラインなどを使い
 シューティングスペイキャストが出来ます。片手で投げていて疲れてきたときや、ボートや椅子
 あるいは深い場所での立ち込みなど限られたスペースや姿勢などのキャスティングでは
 ツーハンドスタイルで振ることでコンスタントに遠投が出来ます。

 使用には、あらかじめアンダーグリップのネジが装着できる金具のセットが必要です。
 アンダーグリップ別売りを同時にご購入、申込の方は無料でねじ金具を装着した
 リールシートを製作さていただきます。

 ---------------------------------------------------------------------------------------------

アンダーグリップ (合成強化コルク) ショート 4.5cm 別売り ¥3.000 (税別) (写真下)
                       ロング 10cm 別売り ¥4.000 (税別) (写真上)

  
 ロッドブランクの下穴は塞いでありますので、砂や水の侵入は
ありませんが、気になる方はエンドキャップが別売りであります。¥400 (税別)

  アンダーグリップ装着 キャスティング動画 

---------------------------------------------------------------------------------------------
 
  しっかりとしたねじ式グリップです。            ロンググリップ 装着 イメージ

 
 適合ラインの名前は参考です。指定の重さの範囲内で
 ご自分にあったメーカーのラインをご使用ください。
 適合フライライン 参考のキャパシティより大きく逸脱した重いラインは使用しないほうが良いと思います。
 フロ−ティングライン   フルシンキングライン  WF4F  
 シューティングヘッド (シューティングテーパー)  シューティングヘッド6m〜12m前後(#5) STスペイライン 240グレインくらいまで

 9 フィート0インチ#4番 2P   高弾性カーボン  ミディアムファ−ストアクション  コルクハンドル  ハーフウェル(アップロツク)
 SiC又はオールトルザイトガイド(バット&TOPのみSiC) 仕様  リールシート アルミアップロック ステルスグレーー
 メインガイドスレッド 極細金属撚糸マジョーラタイプ 
 Schmittフライロッドは付属品はロッド袋のみです。ケース等は別売りになります。リールシート、及び価格など変更になる場合がございますのでご容赦下さい。

このロッドのお問い合わせ申し込みはこちらを  クリック          通信販売の詳しいご案内は   通信販売

7@ff-maestro.com  メールが届かない、不調などの場合はこちらの schmitt@jcom.home.ne.jp 

  メールが立ち上がらないときは、アドレスを直接入力するか、次の  7@ff-maestro.com  (メールアドレス)を
   コピー&ペーストしてご自身のメールの新規利用ください。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 Schmitt シングルハンド フライロッドにはオーバーフェルール(904 907 908)と
 スピゴットフェルール( Oikawa 7113 876 8116 918)を採用したロッドがあります。
 ロッドは継ぎ目に無塗装の素材の隙間が10mm〜15mm出来るのが正常です。
 絶対にご自分で削ったり、先端を丸めたりしないでください。
                
 オーバーフェルール (逆並継ぎ)              スピゴットフェルール (印籠継ぎ)  
 904  905  865  907  908XX     Oikawa  711−3  876  8116  F91-8/9

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
 ★ 904 キャスティング動画 

  904 リーダーだけでキャスティング  動画