Schmitt The Oikawa 20年の時を経て再び蘇える! 名竿と言われた至極の1本!   


 



 ジャパンロッドプロジェクトの名のもとに開発された名竿、「ザ オイカワ」 10Xのティペットの釣りが可能

 ウルトラライトロッドはルアーだけのものでない。どうしても低番手は飛ばなかったのでフライは小さな魚も
 シビアな釣りでも飛距離が出るようにと#6、#8番という重くてかたいロッドでやるようになってしまった。
 だが同じように遠くに飛びキャスティング性能があればライトロッドは魚もたくさん釣れるし8X、10Xの
 極細ティペットで1日中、1年中魚を引き出せる。もちろんエリアだけではなく、その楽しみは
 里川の手軽な釣りから、オフシーズンのオイカワやカワムツ、ウグイの釣りまでと際限なく広がる。
 かって、フェイテス ザ オイカワ ロッドを考案。雑誌などで取材を受け名竿と言われたロッドを
 同じ考案者(Maestro)によって、最新の素材と技術で Schmitt バージョンで 製作されました。
 その進化は、当時のオイカワロッドで、15mくらいの遠投がやっとでしたが今は同じ#2番ロッドでも
 フルラインが出てしまうほどになりました。

Schmitt The Oikawa

● ポリリーダーでは完全な初心者も簡単に遠くに投げれます。ルアー感覚でワンキャストで飛ばせます。但しルアーより簡単です。

 フライキャスティングも、フライフィッシングも変わります。 
ルアー感覚、誰でも持ったその時からワンキャストで20m先に飛ばせます。

 ● え、フライラインが必要ないの?......そうなのです! しかも、川からエリアまで、あらゆる状況下で
  釣り方が無限に広がるのです。ルアーの感覚でにワンキャストで瞬時にフライを送り込む軽快な釣りができます。

 オール トルザイトガイド & SiC 仕様のロッドだからこそ抜群の飛びとコントロールを実現。
 しかも、リーダーだけで20m以上も飛ぶのです。

 下の写真のポリリーダーとナイロンのランニングライン、これだけで飛ぶ。釣れる。
 トルザイトガイドはナイロンラインをスムーズに遠くへ 飛ばすことが出来ます。   
 磯フロートやナイロン系のラニングラインとポリリーダー(2gから3g)が
 あれば手軽に釣りができる。しかも、軽快なキャストと釣りができる。
-------------------------------------------------------------

 Schmitt The Oikawa

  フィッシング動画 ポリリーダーでフライフィッシング はこちらの動画でご覧ください


 Schmitt The Oikawa

 夢のガイド採用 世界最高級 最軽量 トルザイトガイド
 1個が僅か、0.1gというチタンフットの最新ガイドは
 スネークガイドのような、持ち重りもせず、ロッド本来の
 アクションや性能を極限まで引き出します。スネークガイドのように
 キャスティング時のラインがロッドを擦れるような不快な音もせず
 超ライトロッドの#2番でも誰でも軽快にダブルホールが。
 出来てしまいます。しかも25mクラスの長さのラインなら
 ダブルテーパーでもフルラインが出てしまう遠投性能を持っています。

 ● SiC ガイド(バット&トップ)他は超高性能オールトルザイトガイド仕様 ●

 長さの違う3機種が日本の川のすべてを楽しく釣る! ヤマメ アマゴ 道南の小中ブラウン、ニジマス、、、
 そして管理エリアでの繊細な釣り。さらにはオフの里川や町中の川でのオイカワやウグイまで
 日本の釣りを楽しむ最高のロッドです。

  Schmitt The Oikawa オールSiC&トルザイトガイドの#2番ロッド

 Schmitt The Oikawa TORZITE T-KTTG 

 トルザイトガイドは1個0.1gの超軽量のため、スネークガイドで出来たロッドのようなもたついた感じや
 持ち重り感が一切ないので常にフライラインだけの負荷だけが感じ取れるために、思い通りの
 コントロールやキャスティングができます。もちろん超ナローなループでピンポイントが攻略できます。
 名竿「フェィテス ザ オイカワ」の性能を120%以上引き出すことに成功したトルザイトガイド仕様。
 小型のトルザイトガイドを使用してコントロール性能を極めるだけでなく、ロッドを持ち上げたときに
 フライラインがいたずらに下がってくるのを防いでいます。ザ オイカワ ロッドの繊細さと
 超軽量トルザイトのキャスティング性能はとても素晴らしく、バックループは垂れ下がらずに水平に
 ナローで伸びていきます。また、極細ティペットを使えるしなやかさと3機種とも8フィート未満という
 軽快性が新しい釣りの世界を広げてくれます。小さな魚でも楽しく遊べますが
 50cmのニジマスの引きにもしっかりと耐えれます。

  全ての、ライトロッドの釣りの楽しさを実現しながらも、WF2Fでフルラインが出せるという
 部分や、最今、あたり前になってきたのスペイキャストなどの性能を持たせたロッドとして
 かって、662 762 802 と3機種あった、オイカワシリーズを1本化しました。
 本来の、魚との楽しいやり取りを継承しつつも、15cmクラスの小型魚の釣りから
 フットワークの良い、操作性とキャスティング性能を持ったロッドです。
 少し慣れれば、25m以内のWF2Fのフルラインも容易に出せます。
---------------------------------------------------------------------------------------

 Schmitt 772 The Oikawa
 

 近々入荷予定  限定 30本    予約受付開始いたしました。 ご予約はこちらを  クリック
--------------------------------------------------------------------------------------------
  NEW  Schmitt 772 The Oikawa ( ミディアムファーストアクション )
        Fuji  トルザイトガイド     メイン  

 粘りのあるバット部分から発生するパワーがフルラインを簡単に出してしまう!
 #2番ロッドのしなやかさ、繊細さにロングキャスト性能が合体!細いティペットでライズ狙いも活躍。

 ----------------------------------------------------------------------------------------
NEW  新製品 発売記念特価!
 Schmitt 772 The Oikawa p #2 ● トルザイトガイド仕様 ¥39.800 (ロッド袋 付)(税別)

  

  リールシートはローズウッドなどの銘木を使用、木材の材質の変更、あるいは金具カラーが変わることがある場合もあります。

 アメリカから新型のスクリュータイプのリールシートが入荷いたしましたので、写真のものになります。
 アルミアップロックの3か所の切込みから銘木が見えるタイプの高級感のあるものです。
 ウッドの種類、カラー、金具などの形状は基本的にこちらでのお任せになります。


----------------------------------------------------------------------------------------
 このロッドのお問い合わせ申し込みはこちらを  クリック  通信販売の詳しいご案内は  通信販売

 メールでの不具合があった場合は、こちら 7@ff-maestro.com (コピー&ペーストして) でお願いいたします。

  メールが立ち上がらないときは、アドレスを直接入力するか、次の  7@ff-maestro.com  (メールアドレス)を
   コピー&ペーストしてご自身のメールの新規利用ください。


 ● Schmitt #2 ロッドの 補足説明 特徴 使用ライン etc.....

 Schmitt The Oikawa TORZITE 

 トルザイトガイドは1個0.1gほどの超軽量のため、スネークガイドで出来たロッドのようなもたついた感じや
 持ち重り感が一切ないので常にフライラインだけの負荷だけが感じ取れるために、思い通りのコントロールや
 キャスティングができます。もちろん超ナローなループでピンポイントが攻略できます。

 
 ブレないブランク。コントロール性能と小魚から大物まで対応するハイパフォーマンスに
 優れた日本製の高級ブランクを使用。ガイドも現在世界最高峰の高級ガイド、FUJIの
 TーKTTG &TLNSG &TーFST ガイドを使用した最高性能のロッド。

 名竿「フェィテス ザ オイカワ」の性能を150%以上引き出すことに成功したトルザイトガイド仕様。
 小型のトルザイトガイドを使用してコントロール性能を極めるだけでなく、ロッドを持ち上げたときに
 フライラインがいたずらに下がってくるのを防いでいます。ザ オイカワ ロッドの繊細さと
 超軽量トルザイトのキャスティング性能はとても素晴らしく、バックループは垂れ下がらずに
 水平にナローで伸びていきます。また、極細ティペットを使えるしなやかさと8フィート未満と
 いう軽快性が新しい釣りの世界を広げてくれます。小さな魚でも楽しく遊べますが
 50cmのニジマスの引きにもしっかりと耐えることが出来ます。

 
 
Schmitt The Oikawa のロッドは機動性の観点からフックキーパーがあります。扱いには気を付けてください。

 コルクハンドルは撥水効果と汚れ防止、更には工芸的な美しさを考慮してワシンの木彫オイルを塗布しています。
 汚れが付きにくく撥水効果もあります。あらかじめご要望があれば無塗布のものも可能ですのでお申しつけください。



 7フイート7インチ #2番
 
 中弾性カーボン&弾性コンポジット   ミディアムファーストアクション   コルクハンドル 合成コルク シガータイプ 
 SiC(1個 バット部のみ) 他オールトルザイトリングガイド 仕様  リールシート、アルミアップロック ウッドスペーサー
 メインガイドスレッド 極細 メタル ブルーカラー    ブランク重量  23g
 ● ポリリーダー 10フィート 〜 14フィート接続 ランニングライン 20LB  ● フライライン DT2  WF2 (F フローティング  I インターミディト  S シンキング)

 Schmitt シングルハンド フライロッドにはオーバーフェルール(904 907 908)と
 スピゴットフェルール( Oikawa 7113 876 8116 918)を採用したロッドがあります。
 ロッドは継ぎ目に無塗装の素材の隙間が10mm〜15mm出来るのが正常です。
 絶対にご自分で削ったり、先端を丸めたりしないでください。
                                              
 オーバーフェルール (逆並継ぎ)        スピゴットフェルール (印籠継ぎ)  
 904/5  865  907  908XX       The Oikawa  711−3  876  8116  F91-8/9



 参考 Schmitt Oikawa  使用者の声  (原文のまま)

 前シリーズのオイカワの使用者のメールです。

 @

 こんばんは。
 Oikawaを購入した田辺と申します。

 一昨日ですが埼玉県の朝霞ガーデンにて使用した感想をレポートしたいと思います。
 ラインシステムは5号FライニングラインにFポリリーダー
 ティペットは10Xでスタートしてみました。

 ドライでのショートキャスト10m程は慣れてみると
 リストだけで打てるのでかなり楽でした。
 魚も出やすいと感じました。

 ですが、アベレージ30cmの虹鱒にはティペットが10xではシビアなので
 確実に採りにいくことを考えて6xに変更しました。
 合わせ切れが何度かあったので(^_^;)


 マラブーを引いていても感度が良く、触った感じやラインに触れたなど
 PEラインで他の釣り方をしている時のような感度の良さがありました。

 魚を掛けた時は強引に寄せることは難しいですが、バレも少なく
 魚の引きを十分に楽しめるので釣っていて楽しい竿でした。


 マーカーを付けても綺麗にターンできますし、
 ピシッと真っ直ぐラインが伸びるので気持ち良く投げられました。

 釣果は10:30〜4:30の6時間で13尾
 まだまだ初心者の域を出ないのでロッドに負けないように精進したいと思います。
 プロトのロッド大事に使わせていただきます。ありがとうございました。



 A

 赤久縄の釣行は、Gランナーで 40cmが4本と、25cmが5本、
 オクトパスで30cmが10数匹。6番ロッドで30〜50cmの棚をリトリーブです。(ダム湖のアサマズメ)
 あとは、Oikawa 8フィート2番ロッドで渓流やポンドで、40cmが5本と、40以上釣れました。
 インジケータのオクトパスで、色はダークオレンジとクリームでした。
 ケセラパサラでは、当たりはあったけれど、あまり釣れませんでした。
 渓流のところで、50cm以上と思われる当たりが、ありましたが、ラインブレイクでした。
 2番ロットでの40cmからの当たりは、ロッドの曲がりが凄く、最高でした。


 B ( Schmitt Oikawa オイカワ  )

 こんばんは。白河フォレストでの釣果の一部です。サイズは60pですが、幅がありました。
 他に同サイズくらすが5本上がりました。これは、2番ロッドで釣れたので送りました。
 すごいロッドの曲がりでした。
 



 C

 今日、初陣になりました。
 増水していましたので、ドロッパーをつけてウェットの釣りです。
 ダウンでもフッキングが良く、1番ラインだったこともあり長めのラインもピックアップできました。

 オリジナルのoikawaは、ただ曲がりっぱなしの印象でしたが、こちらは高弾性の素材のおかげか
 魚の動きが良く伝わってきて、とても心地よかったです。

 キャスト性能見た目の曲がり+魚の動き伝達性(感度)トルクがここまで高次元で実現されたことに驚きました。
 (昨夜、oikawaとスコットG2の842の感度を比べるため、竿を継いだ状態で天井の木目の状態の伝達性を
 確かめました。投げ竿で例えますとoikawaがキススペシャルで、G2はサードパーティレベル程の
 違いがありビックリしました。)

 渓流シーズンが終わっても、楽しみが続きそうです。
 ありがとうございました。

  M